− New MODEL Section−


 このコーナーは新製品情報などをご紹介します

 Pure Audio     Home Theater



Pure Audio





 
カラー:シルバー、ブラック









ESOTERIC
SACD/CDプレーヤー
「K-05XD」


Grandiosoに採用されているフラッグシップ・メカニズム
『VRDS-ATLAS Reference』の資質を継承し、
K-05XD専用の新開発「VRDS-ATLAS (ATLAS 05)」
スーパーオーディオCD トランスポート・メカニズム

自社開発64bit/512Fs ΔΣモジュレーターによる
「Master Sound Discrete DAC」

新開発プレーヤー内蔵型の
「Master Sound Discrete Clock for Digital Player」

臨場感に溢れ、音楽のエネルギーを余すところなく伝送する
独自の電流伝送「ES-LINK Analog」出力

スルーレート2,000V/μs を誇る
電流伝送強化型出力バッファー回路、
「ESOTERIC-HCLD (High Current Line Driver)」

アナログ系、デジタル系独立
大容量トロイダル・トランス×2、
コントロール系EIx1の3トランス構成

ローフィードバック・ディスクリート
DC レギュレーターを搭載した電源部

外部マスタークロックジェネレーターとの
10MHz クロックシンク機能

全ての外部デジタル入力に対応する
MQA デコーダー搭載。MQA-CD も再生可能

DSD22.5MHz、
アシンクロナス伝送対応のUSB DAC 機能











 








ESOTERIC
プリアンプ
「Grandioso C1X solo」


完全デュアル・モノブロック構成を
一体型シャーシで実現

チャンネル毎に4回路のデュアルバランス構成により、
徹底したローノイズ化

固定抵抗切替式アッテネーターを
集積回路化したオリジナルモジュール
0.1dB/1,120ステップを実現した
「Ultra Fidelity Attenuator System」搭載

ディスクリートアンプ・モジュール「IDMー01」搭載

独自の電流伝送「ES-LINK Analog」を
入力3系統、出力2系統装備

スルーレート2,000V/μs 電流伝送強化型
出力バッファー回路、
ESOTERIC-HCLD(High Current Line Driver)

XLR出力2系統、ES-LINK Analog出力2系統による
マルチパワーアンプシステムの構築が可能

オーディオ系大容量トロイダル×4、
コントロール系Rコア×1の5トランス構成

FET素子による入力切替回路で
リレーによる音質の色付けを排除

高精度ボールベアリングにより
ブレなく滑らかなフィーリングのコントロールノブ

入力毎のゲイン調整:±18dB(0.1dBステップ)、
L/Rバランス調整: ±6dB(0.1dBステップ)

AVサラウンドとピュア2チャンネルが共存できる
AVスルー機能(入力端子を選択可能)

ディスプレイに表示するソース機器名を編集可能

ディマー機能、ミュート機能、
ディスプレイの自動OFF設定など各種機能

音量を大きな文字で表示するラージフォント採用

外部コントロールポートRS-232C端子

トリガー入力による電源ON/OFF制御と
トリガー出力によるパワーアンプの電源制御が可能

両面にボタンを配したリモコンで
ESOTERICソース機器の操作も可能(RC-1334)







 











ESOTERIC
クラスAステレオパワーアンプ
「Grandioso S1X」


大容量バイポーラトランジスターによる
5パラレルプッシュプル駆動の新設計ドライブステージ
 
純A級動作領域50W/8Ω による
緻密さとダイナミズムを両立した密度感ある音楽表現

プリ/パワー間におけるフィデリティ―の限界に挑む
「ES-LINK Analog」伝送

圧倒的なダイナミクスを生む
優れたパワーリニアリティー(50W/8Ω – 100W/4Ω)

動的な電流供給の変化に極めて追随性の高い大
容量トロイダルコア電源トランス

前段/ドライブ段/制御系で電源トランスを独立させた
3トランス構成

チャンネル独立の大容量Grandiosoカスタム
ブロックコンデンサー(10,000μF × 6/ch)

純銅製バスバー、極太配線、最短パターン接続により、
内部インピーダンスを大幅低減

各回路ブロックのオーディオ接続をバランス化し、
ローノイズを徹底

入力切替用FETスイッチ、
ディスクリートアンプモジュールIDM-01など、
高音質パーツ採用

ステレオモード、バイアンプモードの2モードを採用し、
2台を組み合わせて更なるシステムアップが可能

シャーシをM1Xサイズに拡大し、
新設計クラスAコンストラクションを採用

「剛性」と「柔軟性」のバランスを徹底追及し、
内部振動コントロールを最適化したシャーシ設計

排熱と音の解放感を追及した
デュアル・ハニカム・グリル、セミフローティングトップパネル

メカニカルストレスを軽減する
特殊構造のピンポイントアイソレーションフット

ピーク・レゾナンスを軽減する
特殊なウェーブ形状のヒートシンクを採用

トリガー入力による電源ON/OFF制御が可能









 








JBL年記念
インテグレーテッド・アンプ
「SA750WAL」


クラスGアンプトポロジーによる
130W/ch@8Ω、200W/ch@4Ω
出力のパワーアンプ部採用。

MM/MCフォノ入力を含む
5つのアナログ入力と4つのデジタル入力を装備。  

レベル偏差を抑え高いセパレーションと
低ノイズな高精度レベル調整を可能にする
レジスターラダーボリューム採用。  

サラウンドプロセッサーなどの出力に合わせて
レベル調整も可能なプロセッサー入力モード。  

パワーアンプの増設など、
システムの拡張を可能にする
プリアウト端子を装備。  

Dirac Liveルーム補正機能装備
(キャリブレーション用マイク付属)。  

192kHz/32bit PCM、MQA対応の
ESS Sabre ES9038Q2M高解像度DAC内蔵。  

Google Cast、AirPlay2、「Roon Ready」対応。









 








Accuphase
1200VA クリーン電源
「PS-1250」


PS1250は、
PS1230の後継機として、
全回路を一新してフルモデルチェンジ、
高品位なAC100V電力を供給することができます。


アキュフェーズのクリーン電源は、
画期的な波形成形技術を主体として、
ひずみやノイズで汚染されている家庭用電源を
クリーンな電源に創り変えることにより、
オーディオ機器の音質改善に
驚異的な威力を発揮することができます。


増幅系は全てアナログ回路で構成され、
高精度の基準信号を基に、
加・減算による補正アンプで電源の質を改善
AC100V±1V、ひずみ率0.08%以下にします。  


また、波形補正アンプ部の出力段は
「バイポーラ・トランジスター」
20パラレル・プッシュプル駆動、
高効率化と高音質化に磨きをかけるとともに、
基準信号発生器をより高精度化し、
出力波形の一層の低ひずみ率化を図りました。


電源としての安全性と信頼性を高め、
最大出力容量は1200VAを確保しております。









 








Accuphase
プリメインアンプ
「E-4000」


E-4000は、
創立50周年記念モデルE-5000の技術を踏襲し、  
高級セパレートアンプと遜色ない性能と音色を目指し、
AB級動作が奏でる大出力を実現、
E-480の後継モデルとして誕生しました。


回路的にプリアンプ部とパワーアンプ部が
完全に分離されており、 それぞれを独立して
セパレートアンプとして活用することも可能です。  


強力電源部により、
180W/ch(8Ω)、260W/ch(4Ω)の
ダイナミックな出力を達成しました。

ダンピングファクターを大幅に改善し
E-480と比べて33%向上した800を達成。

スピーカーが持っているポテンシャルを
最大限に引き出す理想的な駆動を実現します。









  

 






FYNE AUDIO

 「Fyne Vintage シリーズ」


ファイン・ヴィンテージは、
 「今日最高のオーディオエンジニアリングと
テクノロジーがもたらす 驚異的なパフォーマンスを、
”ハイ・ファイ”を謳歌した 最もヴィンテージな
時代を彷彿とさせるトラディショナルで
ラグジュアリーなスタイルのキャビネットに融合させた」と、
かつてタンノイで辣腕を揮ってきた
Dr.ポール・ミルズが自負するように、
高品位キャビネットにファイン・オーディオ
最新の高度な技術を投入しています。

時代を超えたリアルウッドが、
伝統的なクラフトマンシップによるハンドクラフトによって
精巧に組み上げられ、丹念に仕上げられています。


”ファイン・ヴィンテージ”には、
Fyne Vintage (ファイン・ヴィンテージ)と、
Fyne Vintage Classic (ファイン・ヴィンテージ・クラシック)という
二つのシリーズがあり、
それぞれに口径の異なるドライバーによる
複数のモデルがあります。

そのいずれのモデルにも
IsoFlare、FyneFlute、BassTrax という
ファイン・オーディオ最新の高度な技術を投入しています。


 







  

 






KLAUDIO
超音波 振動式 レコードクリーナー
「CLN-LP200T」


最も理想的な洗浄効果を発揮する
200Wという高出力な超音波により水を振動させる事で、
マイクロバブルを発生させる
キャビテーション効果を利用し、
レコードの音溝深くに癒着した肉眼では見えない
ミクロで頑固な汚れや埃を除去します。

超音波素子の配置を見直し、
レコードと超音波素子の距離を綿密に計算する事で、
最高の洗浄能力を発揮するよう再設計された、
特許取得済みの独自技術を採用しています。

さらに、「洗剤や薬品を使用する」
「直接ブラシで擦る」といった
レコードに及ぼされるリスクを負うことがありません。  

新品のレコード製造時に付着する剥離剤も、
本機の強力な超音波洗浄であれば除去できるため、
レコードの音溝に刻み込まれた
本来の音源を露わにする事ができます。


 







  

 






Accuphase
純A級モノラル・パワーアンプ
「A300」


創立50周年記念モデル第5弾となる A-300は、

A-250に最新テクノロジーを融合、

5年に及ぶ開発期間を経て完成した

超弩級 純A級モノフォニックパワーアンプです。


出力はA250の25%アップとなる

125W/8Ω、250W/4Ω、500W/2Ω、

1000W/1Ωのハイパワーを実現。


2並列回路であるMCS+回路を

さらに2回路搭載したDouble MCS+回路などにより、

ノイズレベルはA250に比べ20%改善しました。


スピーカーの駆動力を示す

ダンピングファクターは1000を達成しています。


A-300を4台使用すれば、バイアンプ接続や

ブリッジ接続(500W/8Ω)も可能です。


 




700 S3シリーズ



  

 






B&W
「700S3シリーズ」


Bowers & Wilkinsの厳格な基準で
設計、製造、仕上げを行い、
最高水準のスピーカー・テクノロジーを搭載した
700S3シリーズは、 800シリーズの卓越した技術を
より一般的な形状のエンクロージャーに
落とし込んだものです。


湾曲したフロントバッフル

ポッドに収められ、バッフルから突き出たドライバー

延長されたトゥイーター・オン・トップ形状

アルミ削り出しのソリッドボディ・トゥイーター

スリム化されたエンクロージャー

改良された2点デカップリング・システム

バイオミメティックサスペンション(フロア型のみ)

コンティニュアムコーン・ミッドレンジ/ミッドバス

エアロフォイル・バス・コーン(ペーパースキン)

下向きのバスレフポート(フロア型702S3のみ)

改良されたスピーカー端子

アップグレードされた磁気回路、シャーシ、クロスオーバー


 




展示・体験試聴中!









DS AUDIO
光カートリッジ
DS-W3
 

DS-W3 カートリッジは
第二世代の振動系
(DS Master1,DS-W2,DS002,DS-E1)とは異なる
完全新設計のカートリッジとなっております。


楽信号を検出するための内部の
LED及びPD(フォトディテクター)を
左右のチャンネル各々独立に設置することで
光学系の位置が最適化されカートリッジの出力が
40mV→70mV(1.75倍)と大きく増加しました。

ノイズ量が変わらないまま出力が大きく増加したことで
カートリッジのS/N比が大きく向上し、
バックグラウンドがより一層静かになりました。

また左右独立設計の光学系になったことで、
逆チャンネルの影響を完全に排除できるようになり
左右のチャンネルセパレーションが大きく向上しております。
(特に高域セパレーションは10dB向上)実現致しました。


ボロンカンチレバーに
ラインコンタクト針という組み合わせとなっております。

またボディ及びベース部分にはアルミニウムを使用し、
ベース部は一体加工することで剛性を高めております。
また内部配線は従来機種よりも
1.6倍太い線で配線することで
インピーダンスを低減させております。














ESOTERIC
クラスA ステレオパワーアンプ
「S-05」
 

S-05 は、
フラグシップモデル
『Grandioso M1X』の開発成果を
ふんだんに取り入れた、
ステレオパワーアンプです。

「シンプルな回路と強力な電源部」という
M1Xの思想そのままに、
ステレオ構成で、このモデルでしか表現できない
独自の音色に徹底してこだわった
クラスAパワーアンプです。

L/R チャンネルの独立を徹底させるため、
電源平滑回路からの全段をデュアルモノーラルで構成

動的な電流供給の変化に極めて追随性の高い
大容量940VA EI コア電源トランス    

チャンネル独立の大容量Grandioso グレード・
カスタム・ブロック・コンデンサー(10,000μF×4/ch)


定格出力
30W+30W(8Ω、A級動作)  
60W+60W(4Ω)
120W(BTLモード、8Ω)
















ESOTERIC
創立35周年記念モデル
アナログターンテーブル
Grandioso T1
 

Grandioso T1は、
ESOTERIC創立35周年を記念する
ブランド初のアナログ・ターンテーブルです。  

フラッグシップGrandiosoシリーズの名を
冠する製品にふさわしく、

マグネッティックドライバーとプラッターが磁力を使い、
非接触で同期回転することにより、
極めて正確で静粛な回転を得ることができる、
日本国内で特許を取得した非接触ドライブ方式
『ESOTERIC MagneDrive System』をはじめとして、
 
『マグネフロート方式プラッター』、
モータードライバーの『10MHzクロックシンク』など、
革新的な技術を惜しみなく投入いたしました。

ダイナミックバランス型トーンアーム TA-9D搭載。

オプションのアームボード追加により、
最大3本までアームを増設可能


展示・体験試聴中!









ROTEL
プリメインアンプ
「A11」


A11は、
長年培ってきた音響技術を傾注し、
試作と試聴の繰り返しによって完成しました。

ローテルの設計思想である
バランスド デザイン コンセプトと ストレートスルーを貫き、
回路設計・部品選定におきましても妥協を排し、
ひたすらに音楽再現の高品位化を達成しました。

スピーカー出力切り替え(A、B、A+B)

アナログ入力 4系統(CD、AUX1、AUX2、TUNER)

 フォノ入力(MM)1系統 

APTX対応ブルートゥース・アダプター内蔵。

プリ出力端子装備(RCA)

出力 50W/ch (20 - 20kHz, < 0.03%, 8ohms)  
 
ダンピングファクター 140 (20 - 20,000 Hz, 8 ohms)












ジークレフ音響株式会社
WELLFLOAT
音質対策インシュレータ
「BABEL」


設 計:小型ウェルフロートメカ 12機(3機×4層)内蔵
材 料:ステンレス、アルミニウム
耐荷重:250kg(静荷重)
寸 法:直径 175mm、高さ 65mm
重量:3.0kg


ウェルフロートが誇る
画期的な「吊り構造」を4層多段とした、
ウェルフロートシリーズの究極モデル。
重力波の検出にも用いられている
多段振り子(4層)により分子レベルまでの振動を制御。


重心位置可動式の オプションボード
「バベル ベース」を開発中

スパイク受けを含めた
あらゆる底板形状の機器に対応する
 「重心位置可動式のオプションボード」により
全ての機器に対して
理想的な重心位置設置が可能です。








 カラー:カーボンブラック、ミネラルホワイト、
コバルトブルー、 ラヴァレッド












KEF
ワイヤレス スピーカー
「LSX II」
 

LSX IIは  
ワイヤレス入力機能を備えた
アンプ内蔵の高音質スピーカーです。

左右のスピーカー間もワイヤレス接続可能です。
ワイヤレスモード時: 48kHz/24bit対応。
ケーブルモード時:96kHz/24bit対応。

特別に設計された KEFの第11世代
Uni-Q®ドライバー配列が使用されています。
 HF: 19mm  アルミニウムドーム
LF/MF: 115mm マグネシウム/アルミニウム合金製


ワイヤレスストリーミング
AirPlay 2、Google Chromecast、ROON Ready、
UPnP Compatible、Bluetooth 4.2

ストリーミングサービス
Spotify via Spotify Connect、Tidal via Tidal Connect、
Amazon Music、Qobuz、Deezer、 QQ Music via QPlay、
Internet Radio、Podcast
※各国のサービスによる


※ブラック、ブルーカラーは、
天板・側面にデンマーク製
Kvadratの高級ファブリック素材を採用しています。

※ホワイト、レッドカラーは、
サテンとグロスのスプレー仕上げとなります。



展示・体験試聴中!



 カラー: ロイヤルブルー、
ミネラルホワイト、チタニウムグレー















KEF
ワイヤレス Hi-Fi スピーカー
「LS60 Wireless」
 

LS60 Wirelessは、
KEFのサウンドイノベーション60周年を記念し、
HiFiサウンドの未来を追求した
オールインワン・スピーカーです。

オーディオファイル級のパワーで、
あらゆるソースからストリーミングでき、
あらゆるホームオーディオ機器に接続できます。

Wi-Fi、Apple AirPlay 2、Google Chromecast、
Bluetoothなどに対応しており、
箱から出してすぐに聴ける
ワイヤレスHiFiスピーカーです。

KEF Connectアプリで
Amazon Music、Qobuz、Deezerを
ストリーミングしたり、
インターネットラジオや
ポッドキャストを聴くことができす。

Spotify Connect、Tidal Connect、QPlayは、
これらのアプリで直接ストリーミングでき
Roon(2022年秋予定)にも対応しています。

24bit/384kHzまでの
PCMファイルストリーミング加え、
MQAデコードやDSDにも対応しています。

ターンテーブルでレコードを聴くのが好きな人も、
CDプレーヤーやゲーム機から
最高のサウンドを引き出したい人も、
すべてのワイヤードソースをサポートします。

また、HDMI(eARC)端子により
テレビと高音質で接続でき、
2台のスピーカーにはそれぞれ専用出力があり、
1台または2台のKEFサブウーファーを
接続することができます。













Accuphase
ステレオ・パワーアンプ
「P-7500」

 

P-7500は、
強力な駆動能力を備えた
AB級ステレオ・パワーアンプの
フラグシップ・モデルです。

電力増幅段には、
パワー・トランジスター
10パラレル・プッシュプル出力段を採用、


さらに超重量級の
高効率大型トロイダル・トランスと
新開発60000μF
大容量フィルターコンデンサーの
強力電源回路部により、
 
定格出力を大幅に増強し、
300W/8Ω、600W/4Ω、900W/2Ω
のハイパワーを達成しました。

SN比130dB、
ダンピング・ファクター1,000を達成、
大型スピーカーも軽々と駆動し、
エネルギー感に溢れた音楽を奏でます。






 







KEF
スピーカー
BLADE
Metaシリーズ
 

BLADE ONE Meta
363(W) x 1590(H) x 540(D) mm、 57.2kg

BLADE TWO Meta
338(W) x 1461(H) x 475(D) mm、 35.5kg


シングル・アペアレント・ソース・テクノロジーは、
低域、中域、高域のドライバーの方向性を革新し、
よりリアルで臨場感のあるサウンドを実現します

Metamaterial Absorption Technology により、
高域の歪みを 99%除去し
ピュアで自然なサウンドを実現する
Blade専用のMAT搭載
第12世代Uni-Q®ドライバー

フォースキャンセリングベースドライバーを
2ペア搭載し、クリーンで大きく伸びる低音を実現

強化されたクロスオーバー設計により、
信号経路を微調整して最高の透明度を実現

最高の音響性能を実現するための
最適化されたキャビネットデザイン。

5つのキャビネット仕上げと
6つのドライバーコーンカラーをブレンドした
8つのカラーパレットから選択できます。




 













KEF
スピーカー
Reference
Metaシリーズ
 

フロア型 Reference 5 Meta  
フロア型 Reference 3 Meta  
ブックシェルフ型 Reference 1 Meta  
センター型 Reference 4 Meta  
センター型 Reference 2 Meta

Metamaterial Absorption Technologyにより、
高域の歪みを 99%除去し、
卓越した音響精度を実現する MAT搭載
第12世代 Uni-Q ドライバー

強化されたクロスオーバー設計により、
信号経路を微調整して最高の透明度を実現

最高の音響性能を実現するために
最適化されたキャビネット設計

仕上げは、 3種類のキャビネット仕上げと
5種類のドライブユニットカラーの組み合わせで、
5種類を用意

すべてのペアはラボで管理された
基準値に対して0.5dB以内の誤差しかありません。  

英国ケント州メイドストーンで設計、
エンジニアリング、ハンドメイドで製造されています。
















ESOTERIC
モノラルパワーアンプ
Grandioso M1X
 

M1Xは総コンポーネント数
1,554点のうち1,018点を、
そして電気回路の90%を
M1オリジナルモデルから完全に刷新。


完全新規設計のドライブステージは、
150%にサイズアップし、
6パラレルから12パラレルに強化されました。
300W/8Ωから2,400W/1Ω(音楽信号に限る)までの
驚異的なパワーリニアリティーを誇り、
目まぐるしく変化する負荷レベルに、ゆるぎなく対応。


その驚異のパワーを支えるのは、
内部の約60%を占める
ESOTERIC史上最大の電源部。

3,000VA/19kgの主電源トランスは、
巻き線のゲージを太くすることで、
整流能力を更にリファインしました。
また、合計60,000μFの
大容量ESOTERICカスタムコンデンサーの採用で
上質な音色に磨きを掛けました。


プリアンプからの微弱な信号を扱う
プリドライブ段(電圧増幅段)専用の電源部を備え、
電流変動の大きいドライブ段の影響を排除し、
解像度を高めています。


剛性が必要なエンクロージャーは
アルミニウムブロックを多用し、
フロントパネルは35oのブロックから削り出すことで、
無共振化を徹底しました。

その一方で、
開放感のあるサウンドのために、
振動の開放が必要なトップパネルは、
セミフローティング構造を取り、
アイソレーションフットもメカニカルストレスを軽減し、
音質を高める特殊構造を採用しています。


消費電力 315W (無信号時45W)

外形寸法W491×H221×D536mm(突起部含む)

質量 約62kg




展示・体験試聴中!
 









Marantz
ネットワーク対応
プリメインアンプ

「MODEL 40n」


伝統的なデザインエレメントを受け継ぎながら、
現代的な解釈により生み出された新しいハウジング

 HDAM®+HDAM®-SA2搭載可変ゲイン型プリアンプ
45%のノイズ低減(PM8006比)により、
ディテールの情報量アップと
透明感の高い空間表現を実現

フルディスクリート電流帰還型
パラレルプッシュプル・パワーアンプ
68Aに及ぶ瞬時電流供給能力により、
圧倒的なスピーカー駆動力を実現

クラス最大級のトロイダルトランスと
カスタムコンデンサーによりハイスピードかつ
余裕のある電源供給を実現 

テレビの音声も高音質で楽しめる
HDMI ARCでの音声入力に対応(リニアPCM、2ch)。

様々なデジタルコンテンツを自在に再生
ネットワーク、音楽ストリーミングサービス、
AirPlay 2、Bluetooth®、USBメモリー/HDD


カラー:シルバーゴールド、ブラック







 




トライオード
真空管プリメインアンプ

「TRV-88XR」


「TRV-88SER」を更に使いやすくした進化形モデル。

 トライオードレッドの目を引くデザインや、

KT88 プッシュプルで出力 35W+35Wの

基本回路などは引き継ぎながら、

バイアス調整や出力管の差し替えが出来るなど

アンプの使いこなしがより楽しく簡単に出来るようになりました。

高級感のある新設計のリモコンも付属しています。


シャーシ天面にバイアスメーターと

バイアス調整ボリュームを装備しており、

メーターを確認しながら簡単にバイアス調整が可能です。


スイッチ切り替えで出力管を

KT88 から EL34に差し替えができます。

差し替えた時のバイアス調整も

バイアスメーターを確認しながら簡単にできます。



展示・体験試聴中!








Accuphase
50周年記念モデル第4弾

プリメインアンプ
「E-5000」

 

E-5000は、
高級セパレートアンプと遜色ない性能と音色を目指し、
AB級動作が奏でる大出力を実現、 クオリティを含め、
純A級動作のE-800と正に双璧をなす
プリメインアンプといえます。  

回路的にプリアンプ部とパワーアンプ部が
完全に分離されており、
それぞれを独立して活用することも可能です。


パワーアンプ部の出力素子は、
パワートランジスタ、5パラレル・プッシュプル駆動、
アンプ出力の低インピーダンス化によって
スピーカーの定電圧駆動を実現、
同時に、高効率大型トロイダル・トランスと
大容量フィルター・コンデンサー(40000μF)を
2個搭載の強力電源部により
240W/ch(8Ω)、320W/ch(4Ω)の
ダイナミック出力を実現しました。















JBL

133o径 2Way
ブックシェルフ型スピーカー
「L52 Classic」

 

「L52 Classic」は、
 「Classic」シリーズ最小サイズとなる、
 133mm径ウーファー採用2ウェイ・コンパクトスピーカー

上位モデル「L82 Classic」の技術要素を色濃く継承しつつ、
新たに開発した19mm径チタンドーム・ツイーターと
133mm径ホワイト・ピュアパルプコーンウーファーを搭載。

モダンクラシック・スタイルに包まれた
小さなエンクロージャーから、
優れた音響性能を提供します。

別売ブラケット「MTC-U1」での取り付けも可能で、
 壁面や天井にも対応しています。


W197×H331×D216mm(グリル含む)、
重量 5.0kg





800 D4シリーズ

802D4、805D4 展示・体験試聴中!













B&W
「800D4シリーズ」


250mm フロア型  「801 D4」
W451×H1221×D600mm 100.6kg


200mm フロア型 「802 D4」
W413×H1218×D602mm 88.1kg


180mm フロア型 「803 D4」
W357×H1165×D511mm 62.15kg


165mm フロア型 「804 D4」 
W306×H1071×D391mm 36.85kg


165mm ブックシェルフ「805 D4」
W240×H440×D373mm  15.55kg


200mm センター型 「HTM 81 D4」
W847×H334×D371mm  32.2kg  


165mm センター型 「HTM 82 D4」 
W715×H289×D369mm 25.15kg  




展示・体験試聴中!









VIVID AUDIO

 「KAYA S12」


KAYA S12は、
他のVivid Audioスピーカーと同様に
精細で透明なサウンドが特徴です。

スモールスピーカーに VIVID Audio の特徴である
アブソーバー・チューブを組み合わせることは
大きなチャレンジでしたが、
設計者ローレンスディッキーは、
スモールスピーカーに最適化された
アブソーバー・チューブを見事に実現いたしました。


ウーファードライバーには
10cm口径の C100SE を
ウーファー用に長振幅化した C100SL を搭載。
これは KAYA上位モデルに搭載されている
 C125Dと同じマグネットシステムを採用した、
「小口径+長振幅+超高磁束」を誇る
新ドライバーです。


ツイーターには
すべてのモデルに採用されている
D26 ドライバーを使用。
ツイーターにはウーファー形状と同様の
浅いウエーブガイドを設けることにより
クロスオーバー帯域での指向性を完全に揃えています。


製品寸法 400(h) x 237(w) x 254(d) mm

製品質量 6kg




展示・体験試聴中!



W260×H419×D227mm、11kg






JBL
4309
 

4309は、165mm径ウーファー採用の
コンパクトなブックシェルフ型スタジオモニター  


1970年代初頭に登場して以来50年間にわたり、
高い人気と実績を誇ってきた
JBLスタジオモニター。  


最新技術の搭載により
ワイドレンジ2ウェイとして開発された
スタジオモニターのフラッグシップモデル「4367」。

そして、その兄弟機となる「4349」に続き開発された
本モデルは それらのモデルと共通の音響技術を搭載した
シリーズの末弟として、 象徴的な2ウェイ・ホーン型
スタジオモニタースタイルで統一された
新たな「4300」シリーズを形成。


コンパクトなボディに優れたパフォーマンスを発揮する
先進技術を投入することにより、
現代ニアフィールド・モニターにふさわしい
音響性能を獲得しています。

 




展示・体験試聴中!








DS AUDIO
光カートリッジ
DS-003
 

DS003 カートリッジは
第二世代の振動系
(DS Master1,DS-W2,DS002,DS-E1)とは異なる
完全新設計の第三世代の光カートリッジとなっております。

楽信号を検出するための内部の
LED及びPD(フォトディテクター)を
左右のチャンネル各々独立に設置することで
光学系の位置が最適化されカートリッジの出力が
40mV→70mV(1.75倍)と大きく増加しました。

ノイズ量が変わらないまま出力が大きく増加したことで
カートリッジのS/N比が大きく向上し、
バックグラウンドがより一層静かになりました。

また左右独立設計の光学系になったことで、
逆チャンネルの影響を完全に排除できるようになり
左右のチャンネルセパレーションが大きく向上しております。
(特に高域セパレーションは10dB向上)実現致しました。










倉敷化工 
GRESIM
アクティブオーディオボード
「響-65」


低音域から高音域まで
オーディオ機器の性能を最大限引き出します。  

振動制御技術で、音を乱すすべての振動をシャットアウト
原音をリアルに再現することで味わえる豊かな響き。
インシュレーターの性能をはるかに超えた
最高品質のアクティブオーディオボードです。

並進3方向・回転3方向のあらゆる方向の振動を制御。
オーディオ機器の再生状態を安定に保つ
優れた振動制御機能で、 音質改善の効果が得られます。


除振方式:6自由度アクティブ制御

レベリング方式:自動レベリング

最大搭載質量:100Kg

寸法:W600×D500×H84mm

製品質量:28Kg

搭載盤:アルミ(艶有黒アルマイト仕上げ)

ベース:アルミ(縮み塗装 黒色 RAL9005)











Home Theater













DENON
9.4ch AV サラウンド アンプ

「AVR-X4800H」



最大出力235Wの
9chディスクリート・パワーアンプ
 (6Ω、1kHz、THD 10%、1ch駆動、JEITA)

11.4chプロセッシング対応、
11.4chプリアウト装備、
プリアンプモードも搭載

4系統のサブウーハープリアウトを装備

Dolby Atmos、DTS:X、IMAX Enhanced、
Auro-3D®、MPEG-4 AACに対応

MPEG-H 3D Audio(360 Reality Audio)に対応

Dirac Liveにアップデート対応予定(有償)

7入力 / 2出力のHDMI端子が
8K / 60Hz、4K / 120Hzに対応(最大40Gbps)

HDR10+ / Dynamic HDR / HDR10 /
Dolby Vision / HLG / BT.2020 /
VRR / QFT / ALLM / eARC

幅広い音楽ストリーミングサービスに対応
(Amazon Music HD/AWA/Spotify/SoundCloud)

5.6 MHz DSD&ハイレゾ音源対応
(ミュージックサーバー& USBメモリー)

インターネットラジオ(TuneIn)、
AirPlay 2、Bluetooth®(送受信)

高い品質を誇る、日本の白河工場生産品




















Marantz
9.4ch AV サラウンド アンプ

「CINEMA 50」



9ch フルディスクリート・パワーアンプ

プリアンプ回路にマランツが誇る
高速アンプモジュールHDAMを採用

11.4chプロセッシング対応、
11.4chプリアウト装備、 プリアンプモードも搭載

4系統のサブウーハープリアウトを装備

Dolby Atmos、DTS:X、IMAX Enhanced、
Auro-3D®、MPEG-4 AACに対応
MPEG-H 3D Audio(360 Reality Audio)に対応

Dirac Liveにアップデート対応予定(有償)

6入力 / 2出力のHDMI端子が
8K / 60Hz、4K / 120Hzに対応(最大40Gbps)

HDR10+ / Dynamic HDR / HDR10 /
Dolby Vision / HLG / BT.2020 / VRR /
QFT / ALLM / eARC

幅広い音楽ストリーミングサービスに対応
(Amazon Music HD/AWA/Spotify/SoundCloud)

5.6 MHz DSD&ハイレゾ音源対応
(ミュージックサーバー& USBメモリー)

インターネットラジオ(TuneIn)、
AirPlay 2、Bluetooth®(送受信)



















Marantzbr
7.2ch AV サラウンド アンプ

「CINEMA 70s」



7ch フルディスクリート・パワーアンプ

7.2chプリアウト装備

Dolby Atmos、DTS:X、MPEG-4 AACに対応

3入力 / 1出力のHDMI端子が
8K / 60Hz、4K / 120Hzに対応(最大40Gbps)

HDR10+ / Dynamic HDR / HDR10 /
Dolby Vision / HLG / BT.2020 /
VRR / QFT / ALLM / eARC

幅広い音楽ストリーミングサービスに対応
(Amazon Music HD/AWA/Spotify/SoundCloud)

5.6 MHz DSD&ハイレゾ音源対応
(ミュージックサーバー& USBメモリー)

インターネットラジオ(TuneIn)、
AirPlay 2、Bluetooth®(送受信)

W442×H109×D384mm、8.7kg






展示・体験試聴中!












DENON
9.4ch AV サラウンド アンプ

「AVR-X3800H」



最大出力215Wの9chディスクリート・パワーアンプ
 (6Ω、1kHz、THD 10%、1ch駆動、JEITA)

11.4chプロセッシング対応、
11.4chプリアウト装備、
プリアンプモードも搭載

4系統のサブウーハープリアウトを装備

Dolby Atmos、DTS:X、IMAX Enhanced、
Auro-3D®、MPEG-4 AACに対応

MPEG-H 3D Audio(360 Reality Audio)に対応

Dirac Liveにアップデート対応予定(有償)

6入力 / 2出力のHDMI端子が
8K / 60Hz、4K / 120Hzに対応(最大40Gbps)

HDR10+ / Dynamic HDR / HDR10 /
Dolby Vision / HLG / BT.2020 /
VRR / QFT / ALLM / eARC

幅広い音楽ストリーミングサービスに対応
(Amazon Music HD/AWA/Spotify/SoundCloud)

5.6 MHz DSD&ハイレゾ音源対応
(ミュージックサーバー& USBメモリー)

インターネットラジオ(TuneIn)、
AirPlay 2、Bluetooth®(送受信)




SONY XW7000








SONY
4Kシネマ・プロジェクター 
「VPL-XW7000」 


ソニー独自の新開発ネイティブ4Kパネル
0.61型「4K SXRD」を搭載。

高コントラストと長寿命を実現する、
レーザー光源採用。

明るさ 3200ルーメン

高い透明度を実現する高性能レンズ搭載。

高性能映像プロセッサー
「X1(TM) Ultimate for projector」を搭載。

色鮮やかで魅力的な映像を表現する
「ライブカラーエンハンサー」

HDR(High Dynamic Range)、HLG対応。

HDRに最適なコントラストを提供する
ダイナミック HDR エンハンサー機能。

光学的な収差を補正・最適化する
デジタルフォーカスオプティマイザー搭載。

18Gbps対応  HDMI入力端子

4K用 モーションフロー機能。

前面吸気、背面排気 採用。  

 



SONY XW5000
展示・体験視聴中!








SONY
4Kシネマ・プロジェクター 
「VPL-XW5000」 


ソニー独自の新開発ネイティブ4Kパネル
0.61型「4K SXRD」を搭載。


高コントラストと長寿命を実現する、
レーザー光源採用。

明るさ 2000ルーメン

高性能映像プロセッサー
「X1(TM) Ultimate for projector」を搭載。

HDR(High Dynamic Range)、HLG対応。

HDRに最適なコントラストを提供する
ダイナミック HDR エンハンサー機能。

光学的な収差を補正・最適化する
デジタルフォーカスオプティマイザー搭載。

18Gbps対応  HDMI入力端子

4K用 モーションフロー機能。

前面吸気、背面排気 採用。  

 



B&W サウンドバー


W1210 × H65 × D140mm、6.5kg





 




サウンドバー
(3.1.2chシステム)
B&W 「Panorama3」 


Panorama 3は、
B&W 800シリーズのエンジニアが
サウンド・チューニングを担当。

2つのDolby Atmosイネーブルドスピーカーに加え、
9つのドライバー、
そして2つのサブウーファーを搭載。

13個の独立したドライバーを
合計400Wにおよぶ強力な
パワーアンプで駆動しています。

従来のサウンドバーでは成しえなかった
没入感と迫真性に満ちた
空間オーディオを実現します。

接続端子
HDMI eARC x 1
光デジタル入力 x 1

Bluetooth(aptX Adaptive)、
AirPlay 2対応。

直感的なアプリでネットワークに簡単接続。

高音質ストリーミングサービス、
ラジオ局、ポッドキャスト、 これらすべてを
一つのプラットフォームに統合しているだけでなく、
最大96kHz/24bitのハイレゾ・ストリーミング
サービスにも対応しています。

 


V90R

展示・体験視聴中!







 




8K60p/4K120p入力対応
4Kシネマ・プロジェクター 
Victor 「DLA-V90R」 


8K60p/4K120p HDMI入力対応。  

ネイティブ8Kに迫る解像感
上下左右4方向へのシフトを実現した
「8K/e-shift X」テクノロジー搭載。  

大口径100mm 16群18枚
オールガラス・オールアルミ鏡筒レンズ。  

長寿命!独自のレーザー光源
「Blu-Escnet」を搭載。

3,000ルーメンの高輝度を実現。  

ネイティブ・コントラスト比100,000:1を実現。  

HDR(HDR10+/Frame Adapt HDR/HLG)に対応。  

「Frame Adapt HDR画質モード」
HDR10映像をフレームごとに解析し
最適なトーンマッピングを行います。
設置環境に合うよう最適化する
Theater Optimizer機能も搭載。  

色鮮やかな映像、広色域DCI-P3相当に対応。

 


V80R







 




8K60p/4K120p入力対応
4Kシネマ・プロジェクター 
Victor 「DLA-V80R」 


8K60p/4K120p HDMI入力対応。  

ネイティブ8Kに迫る解像感
上下左右4方向へのシフトを実現した
「8K/e-shift X」テクノロジー搭載。  

口径65mm 15群17枚
オールガラス・レンズ採用。 

長寿命!独自のレーザー光源
「Blu-Escnet」を搭載。

2,500ルーメンの高輝度を実現。  

ネイティブ・コントラスト比80,000:1を実現。  

HDR(HDR10+/Frame Adapt HDR/HLG)に対応。  

「Frame Adapt HDR画質モード」
HDR10映像をフレームごとに解析し
最適なトーンマッピングを行います。
設置環境に合うよう最適化する
Theater Optimizer機能も搭載。  

色鮮やかな映像、広色域DCI-P3相当に対応。

 


V70R

展示・体験視聴中!







 




8K60p/4K120p入力対応
4Kシネマ・プロジェクター 
Victor「DLA-V70R」 


8K60p/4K120p HDMI入力対応。  

斜め2方向へのシフトを実現した
「8K/e-shift」テクノロジー搭載。  

口径65mm 15群17枚
オールガラス・レンズ採用。 

長寿命!独自のレーザー光源
「Blu-Escnet」を搭載。

2,200ルーメンの高輝度を実現。  

ネイティブ・コントラスト比40,000:1を実現。  

HDR(HDR10+/Frame Adapt HDR/HLG)に対応。  

「Frame Adapt HDR画質モード」
HDR10映像をフレームごとに解析し
最適なトーンマッピングを行います。
設置環境に合うよう最適化する
Theater Optimizer機能も搭載。  

 

V50








4K120p入力対応
4Kシネマ・プロジェクター 
Victor 「DLA-V50」 


4K120p HDMI入力対応。     

口径65mm 15群17枚
オールガラス・レンズ採用。 

1,900ルーメンを実現。  

ネイティブ・コントラスト比40,000:1を実現。  

HDR(HDR10+/Frame Adapt HDR/HLG)に対応。  

「Frame Adapt HDR画質モード」
HDR10映像をフレームごとに解析し
最適なトーンマッピングを行います。
設置環境に合うよう最適化する
Theater Optimizer機能も搭載。  

 




カラー:ブラック、ホワイト、グレー







KEF
サブウーファー
「KC62」


ひとつのモーターシステムに
背中合わせとなる二つのドライバーユニットを
組み合わせる革新的なUni-Core™システムは、
パフォーマンスに妥協すること無く、
より小型なキャビネット内に
フォースキャンセリングドライバーを
収めることを可能にしました。

ほぼサッカーボールサイズのKC62は、
特別に設計された
1,000ワットのクラスDアンプを搭載した
2つの6.5インチ
フォースキャンセリング
ドライブユニットを備えています。

鋳造アルミニウムキャビネットの美しい曲線は、
デザインの美しさとともに
キャビネットに強さと剛性を与えます。  

熱伝導率が高いアルミニウムを採用する事で
キャビネット自体がヒートシンクとしての
役割も兼ねています。


サイズ H250 x W256 x D248mm、 14kg














OS SCREEN
ホームシアター用
スクリーン 新登場!



OS SCREENは
オーエスグループが販売するスクリーンの中でも
映像美と機能性を妥協なく追求した
最高品質のスクリーンブランドです。

企画・設計・製造は兵庫県宍粟市にある
オーエスグループのマザーファクトリーである
オーエスエムが担う
Made in Japanのスクリーンです。

創業67年、スクリーンメーカーとして培った
技術と研究をもとにした新製品。


OS SCREENブランドは
4つの生地
(レイロドール、ピュアマットIII Cinema、
ピュアマット204、サウンドマット)、

4つの機構
(張込型、サイドテンション電動静音型、
電動静音型、手動型)で展開いたします。




レイロドール
(スクリーン生地)
張込型 120インチ 展示中








 



4K 対応 HDR適合
スクリーン生地 
OS「レイロドール」 



明るさを伸ばしながら、
黒浮きも抑えた、広階調型。
HDRに適合した高ゲイン・スクリーン


広階調型スクリーンHF102は、
ピュアマット3 Cinameの
表面素材に特殊加工を施し、
ゲイン2.7を確保しながら
ホットスポットを抑えて
均質な映像を結び、
太陽の輝きから 陽の当たらない
影の部分までの階調を、
詳細に表現することを可能にする
スクリーンです。


通常の高ゲイン・スクリーンのように、
狭い視野角に縛られることなく、
快適な視聴位置を得られるよう、
ビューイングアングルを
緩やかに保つことにも
成功いたしました。 



KEF Q750 , Q650c, Q350
展示・体験試聴中!



フロア型: Q950、Q750、Q550
ブックシェルフ型: Q350、Q150
センター型: Q650c、Q250c

カラー:ブラック、ホワイト
ウォルナット




KEF
Qシリーズ
スピーカー



優れた音質と
革新的なデザインで長く愛され、
第8世代を迎えたいま、
より深くクリアーな
高解像サウンドを
獲得しています。

トゥイーター背面に配置された
自然な減衰とヌケ感が得られる
新開発トゥイーター
ローディングチューブの追加により、
高域性能が劇的に改善。

バスドライバーは、
大振幅を可能にする
新しいエッジとダンパーを備え、
大音量でもクリアーかつ
俊敏な低音をもたらします。

新設計コーンウーファーは
中音域の明瞭度を高めています。

継ぎ目のない洗練された
彫刻のようなエンクロージャーを採用し、
グリルを取り付けるための
穴や突起がありません。