− New MODEL Section−


 このコーナーは新製品情報などをご紹介します

 Pure Audio     Home Theater



Pure Audio

展示・体験試聴中!









Accuphase
50周年記念モデル第4弾

プリメインアンプ
「E-5000」

 

E-5000は、
高級セパレートアンプと遜色ない性能と音色を目指し、
AB級動作が奏でる大出力を実現、 クオリティを含め、
純A級動作のE-800と正に双璧をなす
プリメインアンプといえます。  

回路的にプリアンプ部とパワーアンプ部が
完全に分離されており、
それぞれを独立して活用することも可能です。


パワーアンプ部の出力素子は、
パワートランジスタ、5パラレル・プッシュプル駆動、
アンプ出力の低インピーダンス化によって
スピーカーの定電圧駆動を実現、
同時に、高効率大型トロイダル・トランスと
大容量フィルター・コンデンサー(40000μF)を
2個搭載の強力電源部により
240W/ch(8Ω)、320W/ch(4Ω)の
ダイナミック出力を実現しました。













Accuphase

プリアンプ
「C-2900」

 

C-2900は、
最高峰プリアンプC3900のノウハウを導入して
C2850の回路を一新、  
C2000シリーズ最高位モデルとして誕生しました。

ボリュームコントロール回路AAVAを一新、
バランス回路で構成した
Balanced AAVAを搭載しました。
 C-2850に比べてノイズレベルは
約20%減少しています。

各ユニットアンプは、マザーボード上に、
左右独立構成で配置しました。

これらのユニットアンプは、相互干渉しないように
8mm厚の硬質アルミニウムによるフレーム構造により
強固に保持され、 電気的干渉、
物理的振動を抑制しています。















JBL

133o径 2Way
ブックシェルフ型スピーカー
「L52 Classic」

 

「L52 Classic」は、
 「Classic」シリーズ最小サイズとなる、
 133mm径ウーファー採用2ウェイ・コンパクトスピーカー

上位モデル「L82 Classic」の技術要素を色濃く継承しつつ、
新たに開発した19mm径チタンドーム・ツイーターと
133mm径ホワイト・ピュアパルプコーンウーファーを搭載。

モダンクラシック・スタイルに包まれた
小さなエンクロージャーから、
優れた音響性能を提供します。

別売ブラケット「MTC-U1」での取り付けも可能で、
 壁面や天井にも対応しています。


W197×H331×D216mm(グリル含む)、
重量 5.0kg














STAX

イヤースピーカー
「SR-X9000」

 

SR-X9000は、
SR-009Sを超える
新しいフラグシップ・イヤースピーカーです。

SR-009Sの多層固定電極
MLER-2 (Multi Layer Electrodes)に
さらに大型の金属メッシュを組み合わせて進化させた
4層構造の固定電極「MLER-3」を採用。


サウンドの核となる振動膜は
極薄のスーパーエンプラフィルムによるダイヤフラムを採用。
限りなくゼロに近い軽質量化により
優れた過渡特性を実現し、
低域から広域にわたって音の追従性を向上。

振動膜面積はSR-009Sに比して
20%の大口径化に成功。
ヘッドフォンリスニングの限界を打ち破る
広大な音場を獲得しています。





800 D4シリーズ













B&W
「800D4シリーズ」


250mm フロア型  「801 D4」
W451×H1221×D600mm 100.6kg


200mm フロア型 「802 D4」
W413×H1218×D602mm 88.1kg


180mm フロア型 「803 D4」
W357×H1165×D511mm 62.15kg


165mm フロア型 「804 D4」 
W306×H1071×D391mm 36.85kg


165mm ブックシェルフ「805 D4」
W240×H440×D373mm  15.55kg


200mm センター型 「HTM 81 D4」
W847×H334×D371mm  32.2kg  


165mm センター型 「HTM 82 D4」 
W715×H289×D369mm 25.15kg  




展示・体験試聴中!









VIVID AUDIO

 「KAYA S12」


KAYA S12は、
他のVivid Audioスピーカーと同様に
精細で透明なサウンドが特徴です。

スモールスピーカーに VIVID Audio の特徴である
アブソーバー・チューブを組み合わせることは
大きなチャレンジでしたが、
設計者ローレンスディッキーは、
スモールスピーカーに最適化された
アブソーバー・チューブを見事に実現いたしました。


ウーファードライバーには
10cm口径の C100SE を
ウーファー用に長振幅化した C100SL を搭載。
これは KAYA上位モデルに搭載されている
 C125Dと同じマグネットシステムを採用した、
「小口径+長振幅+超高磁束」を誇る
新ドライバーです。


ツイーターには
すべてのモデルに採用されている
D26 ドライバーを使用。
ツイーターにはウーファー形状と同様の
浅いウエーブガイドを設けることにより
クロスオーバー帯域での指向性を完全に揃えています。


製品寸法 400(h) x 237(w) x 254(d) mm

製品質量 6kg












SPEC
リアルサウンド・アンプ
「RSA-BW1」


スペックは「クラスD方式のアナログアンプ」に
こだわって製品をお届けしています。

受け取ったアナログの音楽信号をデジタル変換せずに
電源回路から届くクリーンで余裕のある
直流電流へ載せるコトにこだわっています。

この「クラスD方式のアナログアンプ」の中枢は、
電力エネルギーの約96%を利用できる
熱をほとんど発生しない高効率FETです。  

小さな高効率FETが音楽の繊細な
アナログ信号を元に大型電源トランスが供給する
大電力を直接コントロールすることで、
音楽エネルギーとして出力しています。  

シンプルで小さな回路だから、
また熱をほとんど発生しない
クラスD方式アナログアンプだからこそが、
従来のトランジスタ方式のアンプが抱える
高温による歪みが無く、 ハイ・スピードでクリアーな
「音色」を実現できたポイントです。  

PWM方式Dクラスパワー段は、
スピーカーが発生する逆起電力を吸収し、
スピーカーを瞬時に駆動、
そして瞬時に制動することが出来ます。

この正確なスピーカードライブこそが、
生演奏の「音楽」を再現できるのです。

当社は、この“動特性”こそが、
リアルサウンドを実現するために
必用な性能であると考えています。












Accuphase
創立50周年記念モデル第3弾!

SACD-CDトランスポート
DP-1000
 

DP-1000は、重量級構造を更に進化させて、
防振・制振・低重心マウント設計の、
高剛性・高精度コンストラクションとなる
SACD-CDドライブを実現。

Ver2対応のHS-LINKは、
DSD 5.6MHz/1bit(2ch)、PCM 384MHz/32bit(2ch)
データとクロックを独立した伝送が可能で、
ディスクに刻まれたデジタル信号を
高純度で引き出すことができます。


デジタルプロセッサー
DC-1000

DC-1000は、
デジタル入力端子を8系統装備
(HS-LINK×1、バランス×1、同軸×3、光×2、USB×1)

USB入力は
384/32bit PCM、11.2MHz DSDまで対応

HS-LINKは、
384/32bit PCM、5.6MHz DSDまで再生可能です。

DACは、ESS社の最新高性能
ES9038PROを8回路並列駆動。






展示・体験試聴中!



W260×H419×D227mm、11kg






JBL
4309
 

4309は、165mm径ウーファー採用の
コンパクトなブックシェルフ型スタジオモニター  


1970年代初頭に登場して以来50年間にわたり、
高い人気と実績を誇ってきた
JBLスタジオモニター。  


最新技術の搭載により
ワイドレンジ2ウェイとして開発された
スタジオモニターのフラッグシップモデル「4367」。

そして、その兄弟機となる「4349」に続き開発された
本モデルは それらのモデルと共通の音響技術を搭載した
シリーズの末弟として、 象徴的な2ウェイ・ホーン型
スタジオモニタースタイルで統一された
新たな「4300」シリーズを形成。


コンパクトなボディに優れたパフォーマンスを発揮する
先進技術を投入することにより、
現代ニアフィールド・モニターにふさわしい
音響性能を獲得しています。

 




展示・体験試聴中!








DS AUDIO
光カートリッジ
DS-003
 

DS003 カートリッジは
第二世代の振動系
(DS Master1,DS-W2,DS002,DS-E1)とは異なる
完全新設計の第三世代の光カートリッジとなっております。

楽信号を検出するための内部の
LED及びPD(フォトディテクター)を
左右のチャンネル各々独立に設置することで
光学系の位置が最適化されカートリッジの出力が
40mV→70mV(1.75倍)と大きく増加しました。

ノイズ量が変わらないまま出力が大きく増加したことで
カートリッジのS/N比が大きく向上し、
バックグラウンドがより一層静かになりました。

また左右独立設計の光学系になったことで、
逆チャンネルの影響を完全に排除できるようになり
左右のチャンネルセパレーションが大きく向上しております。
(特に高域セパレーションは10dB向上)実現致しました。











Accuphase
CD PLAYER
DP-450
 

DP-450は、DP-430をフルモデルチェンジ。

DP-570で培った技術を惜しみなく投入し、
高い性能と音質を実現したCD専用プレーヤーです。  

DP-450専用にDP-570で開発した
SACD/CDドライブの技術を応用した
CD専用ドライブを新たに開発しました。

従来の静寂でスムーズなローディング機構はそのままに、
振動や共振を限りなく排除し、静粛性を高めた
新開発の弾性ダンパーにより防振性能を高め、
高性能ネオジムボンド磁石を採用して、
ターンテーブルとディスクを均一かつ強固に固定し、
面ブレを低減しています。  

このような高剛性・高精度のCD専用ドライブにより、
ディスクに刻まれたデジタル信号を、
より高い精度で読み取ることが可能になりました。  

デジタル・プロセッサー部は、
高性能ESS社製DAC:ES9026PROを4回路並列駆動した、
独創的なMDS+再生方式を搭載して変換誤差を低減し、
一層の低雑音化やダイナミックレンジの向上など、
諸特性を大幅に改善。  

外部機器を接続できるデジタル入力端子は、
同軸・光・USB(PCM:384kHz/32bit、DSD:11.2MHzまで対応)
3系統を装備。















ESOTERIC
ネットワークDAC
「N-05XD」

カラー:シルバー、ブラック


新開発 Master Sound Discrete DACを搭載。
 
Master Sound Discrete DACとは
オリジナルマスター・サウンドを目指してきた
ESOTERICがついに完成させた、
完全自社設計のディスクリートDAC  

MQAフルデコードに対応
CDトランスポートからデジタル入力することで、
MQA-CDのデコード再生も可能です。

TIDAL,Spotify,qobuz,
さまざまなストリーミングサービスに対応
※ Roonはファームウェアアップデートにより対応予定。

独自の電流伝送方式「ES-LINK Analog」にも対応。

バランスヘッドホン対応の4ピンXLR端子

高精度10MHzマスタークロックと同期可能。

 Bluetooth®レシーバー搭載。











SPEC
D/Aコンバーター
「RMP-DAC1」


SNR 128dB(THD+N:-116dB)の性能を誇る
旭化成エレクトロニクス製
「VELVET SOUND AK4497EQ DAC」を搭載。  

サンプリングレートは
最大PCM 32Bit 384kHz、
DSD Native 256に対応。
ダイナミックで高解像度の音質を再現します。

アナログ電源部には、
オーディオ専用で ソース機器用(小容量)に
新規開発された、 ニチコン社製の電解コンデンサー
『響一(ひびきいち)』を搭載。

電源を別筐体とし、
トランスからのノイズを完全に遮断することで、
繊細な音質と空間表現が実現します。










倉敷化工 
GRESIM
アクティブオーディオボード
「響-65」


低音域から高音域まで
オーディオ機器の性能を最大限引き出します。  

振動制御技術で、音を乱すすべての振動をシャットアウト
原音をリアルに再現することで味わえる豊かな響き。
インシュレーターの性能をはるかに超えた
最高品質のアクティブオーディオボードです。

並進3方向・回転3方向のあらゆる方向の振動を制御。
オーディオ機器の再生状態を安定に保つ
優れた振動制御機能で、 音質改善の効果が得られます。


除振方式:6自由度アクティブ制御

レベリング方式:自動レベリング

最大搭載質量:100Kg

寸法:W600×D500×H84mm

製品質量:28Kg

搭載盤:アルミ(艶有黒アルマイト仕上げ)

ベース:アルミ(縮み塗装 黒色 RAL9005)















TEAC
USB-DAC/ネットワーク プレーヤー
UD-701N
 
カラー:シルバー、ブラック

USB DAC、ネットワークプレーヤーとしては
DSD22.5MHz、 PCM 384kHz/32bitに対応。
すべてのデジタル信号は、
新開発のTEAC ΔΣ ディスクリートDACにより
高音質でアナログ信号へと変換されます。  

PC/Macを中心としたシステムから、
NASを使ったオーディオサーバーシステムや、
ストリーミング再生まで、
あらゆるデジタル再生で活躍するだけでなく、

アナログ/デジタル入力を装備したことで
プリアンプとしてシステムの中枢を担うことも可能です。

パワーアンプと組み合わせた
スピーカーリスニングにとどまらず
4pinXLR端子によるヘッドホンの
バランス出力にも対応します。


CDプレーヤーのデジタル出力にも対応した
MQAフルデコーダー機能を搭載  

RDOT-NEOによる 2xFs/4xFs/8xFsへの
アップコンバート 機能  

LDAC, aptX™ HDなど
高音質コーデックに対応した Bluetoothレシーバー  

OpenHome準拠 、 Roon Ready対応  

Spotify Connect, Tidal, Qobuz,
TuneIn (Internet Radio に対応















TEAC
ステレオ・パワーアンプ
AP-701
 
カラー:シルバー、ブラック

定格出力 br>230W + 230W (4Ω、1% THD、1kHz)
135W + 135W (8Ω、1% THD、1kHz)  

左右独立の大容量トロイダルコアトランスと
ディスクリートバッファーアンプ、
そして 2基の Ncoreモジュールにより、
入力から出力まで
完全なデュアルモノーラル構成を実現。  

さらに各チャンネルの入力ステージは
フルバランス設計となっており、
入力信号のダイナミズムをそのままに増幅し、
スピーカー本来の性能を引き出します。  

振動をコントロールする柔構造の筐体は
3mm厚の 重量板金を基礎とし、
サスペンション機能を備えたジョイントを併用することで、
全体の振動周期をコントロールし、
開放的で瑞々しい音場を再現します。















ESOTERIC
マスタークロックジェネレーター
Grandioso G1X
 

新たにGrandioso X Editionの為に開発した、
自社製クロック・モジュール
「Master Sound Discrete Clock」を搭載。  

クリスタル振動子より音楽性を引き出すため,
大型部品および回路パターンを採用した
ESOTERIC独自のディスクリート発振器。    

安定した発振を得られる、
最大サイズのSCカット・クリスタル振動子を採用。  

真空断熱技術を用いた大型チャンバーにより、
クリスタル振動子および周辺回路の温度を安定化。


専用マイコンにてプログラム制御されたヒーターにより、
きめ細やかな温度管理を実現。  

クリスタル振動子・回路・ヒーターそれぞれに
専用電源回路を搭載、 クロックを担う
大型のトロイダルコアとシステム制御用 EIコアの
Wトランス構成により、
相互干渉を抑えクリーンな電流を供給。    


Grandiosoの新たな発展を見据え、
5系統に拡張した10MHz出力を装備。    

グラウンドを常に0Vに保つ
「アダプティブ・ゼログラウンド」と
「ノーマル」の2モードを搭載、
同じ10MHz出力でありながら、
異なる音楽性を提案。    

MIL規格SMAコネクター装備の
カスタム同軸ケーブルおよび、
真鍮削り出しのESOTERICオリジナルBNC端子により、
インピーダンス整合のとれた10MHz出力を実現。












ESOTERIC
モノラルパワーアンプ
Grandioso M1X
 

パワーアンプ素子に
エソテリック独自の世界初※
スーパージャンクション・バイポーラトランジスタ
「ESOTERIC SJ-BJT01」を搭載。

高耐圧と低オン抵抗を両立させた素子は、
大電流はもとより小電流でもスムーズに流れ、
繊細な信号からエネルギッシュな信号まで、
自然に再生することが出来ます。  

※ 2020年8月に
新日本無線・山梨大学より発表され、
「ISPSD2020」にて学術発表された
最新のトランジスタ技術を導入しました。  


8Ω負荷時300Wから
2Ω負荷時1,200Wまで、
理論値どおりのパワーリニアリティ

電圧増幅段、電流増幅段に
それぞれ専用トロイダルコアトランスを搭載  

電流増幅段はコアサイズ3,000VA超の
大型ESOTERICカスタムトロイダルコアトランスを搭載  

電流増幅段の電源部には、
60,000uFの大容量を誇る新規カスタムコンデンサを搭載











日本音響エンジニアリング
ルーム チューニング
Hybrid ANKH
 

AGSは「Acoustic(音響)Grove(森) System」の略で、
自然の森が持つ不思議な音環境に着目した柱状拡散体です。

木々に音が乱反射を繰り返すことによって生まれる
残響など「低域の抜けの良さ」と
「中高域の緻密な響き」を得られる森林の中は、
理想的な音響空間と言われております。

このような森の音響効果を、
屋内の部屋で再現しようと開発したのがAGSです。

AGSは、単なる柱の群れに見えますが、
国際特許(日本、米国、中国、香港)を取得。

柱の形状や配列、素材などは、長年蓄積してきた
音響シミュレーション技術を結集したもので、
ここに特許のポイントが集約されております。
2011年に日本音響学会の技術開発賞を受賞しました。


Hybrid ANKH は、
AGSの特長であった「拡散」に
「吸音」の機能をプラスした製品です。

代表的な音響障害である「定在波」
(囲まれた空間内において、直接音と反射音が
干渉することで聴く位置により特定の高さの音量に
山谷が生じる現象)による
「ブーミング」(不自然に低音域が強調されて、
籠って聴こえる現象) 発生の改善に、
より高い効果を発揮します。

従来のAGS と組み合わせて使用することで、
部屋ごとの特徴により細かに対応した環境づくりが
可能となりました。
















fidata
ネットワーク・オーディオ サーバー
HFAS1-S21(SSD 2TB)
HFAS1-HN80(HDD 8TB)
 

HFAS1-S21には、
高信頼性SSD「SAMSUNG社製860EVO」
1TBを2台搭載。

ハイレゾ楽曲の収納にも最適な
2TBの大容量を提供します。
高耐久性と消費電力の低下により、
電圧変動を抑制する3D V-NANDを採用。

対ノイズ性に優れたアルミ筐体を採用するなど、
860EVOは、オーディオユースに優れた特性を持ちます。
可動部のないFlashストレージなので、
ほぼ無音のリスニング環境を実現できます。

SSDと筐体との接点には純銅ワッシャーを採用。
当社独自のチューニングを施すことで、
クリアで美しい音を実現します。



HFAS1-HN80には
HFAS1シリーズで最大容量となる
8TB(4TB×2)を搭載。

低消費電力HDD採用により電圧変動による
ノイズを低減しつつ、 大容量データとなる
ハイレゾ楽曲を大量に保存することができます。
 
HDDヘッドのシーク動作による振動を打ち消すための
新レイアウト「水平対向マウント」を採用。  
左右対称に2台のハードディスクを
向き合う形で配置することで、 ヘッド動作時の
慣性力を打ち消しあうことにより振動を低減しています。
 
筐体とHDDが接触する部分にはラバーマウンターを使用。
HDDヘッドの動きによる振動を吸収し、
振動によるノイズを低減します。











Accuphase
SACD/CD PLAYER
DP-570
 

DP-570は、
DP-560をフルモデルチェンジ!

DP-750の開発で培ったテクノロジーを惜しみなく投入し、
上級機に迫る性能と音質を実現した
SACD/CDプレーヤーです。  

高精度なSACD/CDドライブメカと
先進的なMDS+方式D/Aコンバーターを搭載しました。

SACD/CDドライブでは、
読み取り精度に大きな影響を与える
対物レンズ・アキュチュエーターの共振についての
研究をさらに進め、
共振周波数での振動の伝達を大幅に抑える
ブチルゴム系「弾性ダンパー」の開発に成功しました。
弾性ダンパーによって支えられたトラバース・メカニズムは、
ディスクに刻まれた情報を高い精度で読み取ります。

MDS+方式D/Aコンバーターは、
変換誤差を削減する独創的なD/Aコンバーターです。
高性能DAC:ES9028PRO(ESSテクノロジー社製)を
4回路並列で駆動することで、
高い純度のアナログ信号へと変換します。











Accuphase
INTEGRATED
STEREO AMPLIFIER
E-280
 

E-280は、
回路的にプリアンプ部とパワーアンプ部が分離されており、  
性能・音質を極限まで高めて、
セパレートアンプの機能とグレードを実現、
プリアンプ、パワーアンプとして、
それぞれ独立して活用することが可能です。  

プリアンプ部の心臓部、
性能・音質を左右する重要な音量調整機能には、
より進化した「AAVA方式ボリュームコントロール」を
搭載して低雑音化を実現、

パワーアンプ部の構成には、
最新のインスツルメンテーション方式を採用して、
ノイズの影響を極限まで抑えるなど、
電気的性能の更なる向上を図りました。  

出力素子は「ハイパワー・トランジスター」を
チャンネル当たりパラレル・プッシュプル駆動、
素子を大型ヒートシンク上に取り付け、
効率的な放熱処理をし、
そして大容量の電源トランスと、
30,000μFの大容量・高音質タイプの
平滑用アルミ電解コンデンサーで構成される
強力電源部により、
90W/8Ω、120W/4Ωのクオリティなパワーを実現。  

ダンピングファクターを
E-270から25%向上させた「500」に大幅に改善、
スピーカーが持っている表現力を
最大限に引き出す理想的な駆動を実現しています。









JBL
STUDIO MONITOR(30cm径)
MODEL 4349
 

4349は 12インチ 径 ウーファーと
ミッドフィールド ・ モニターサイズの
ブックシェルフ型エンクロージャーを使用した
4367のジュニア・バージョンであり、
4367と4349は JBL最新最強の音響技術を搭載し、
象徴的な 2ウェイ・ホーン型
スタジオモニタースタイルで統一された
新たなファミリーを形成します。

定評あるスタイルにさらに優れた
パフォーマンスを発揮する先進技術を投入することにより、
現代モニターにふさわしい音響性能を獲得しています。


低域ユニット : 12" (300mm)径
ピュアパルプ ・ コーンウーファー (JW300PG-8)

高域 ユニット : 1.5” (38 mm)径
Teonex®デュアル ・ リングダイアフラム  
D2コンプレッションドライバー (D2415K)
+ HDI™ジオメトリ - Xウェーブガイド
SonoGlassTM製 ホーン




展示・体験試聴中!











KEF
MAT搭載
12世代UNI-Qスピーカー
LS50 Meta
 

Metamaterial Absorption Technology (MAT)
メタマテリアルをスピーカー設計に採用。
ツィーター背部の不要な音を 99%まで吸収し、
(前LS50は、60%軽減)
クリアで細やかなサウンドを実現。

LS50Meta用の12世代UNI-Qドライバーは、
ツィーターギャップダンパー、
タンジェリンウェーブガイド強化リブ、
MFモーターシステムの改善などの新しい技術を搭載し、
スムースな周波数応答を実現。
前LS50と比較し、40%向上。

新しいテクノロジーは LS50 Mata用に最適化し、
中域付近では 30%の改善、
全高調波歪 90dB/1m 0.07%
(前LS50 は中域付近では 90dB/1m 0.1%)

フレキシブル・オフセットバスポートにより、
ポートによる雑音、ミッドレンジの音漏れ、
定在波の共振を排除します。  

キャビネット後方部にあるバッフル板固定ネジを廃止

フロントバッフル形状と同じドーム型の リアパネル

スピーカーターミナル部分は、全体的なフォルムを継承。














DENON
MC型カートリッジ
(創立110周年記念モデル)
DL-A110
 

MC型ステレオカートリッジ「DL-103」は、
1963年(昭和38年)にNHKがFMステレオの
実験放送を開始するにあたり、 忠実な再生を行うための
優れた音響的性能と安定度・信頼性などの放送機器として
要求される厳しい仕様を満たすカートリッジとして、
デノンがNHKの協力を得て開発したものです。

以降、国内のほとんどの放送局でDL-103が使用され、
放送局用のスタンダード・カートリッジとなりました。
そして、DL-103を自宅の再生システムでも使用したいという
オーディオファンの声に応えるかたちで
コンシューマー市場での発売が開始されたのが
1970年のことです。

以来、創立110周年を迎える
2020年の現在に至るまで 半世紀以上の長きに渡り、
DL-103は放送用のスタンダード・カートリッジとして
その仕様を変更することなく生産・販売されてきました。

現在も福島県にある自社工場
「白河オーディオワークス」において
厳格な品質管理の下で一つ一つ手作業で作られています。

この度発売される110周年記念モデル「DL-A110」は、
DL-103のカートリッジはそのままに、
DL-103の性能を100%引き出すことを目指して開発された
専用設計のヘッドシェルを組み合わせた特別仕様です。

また、110周年記念モデルに相応しい、
特別仕様の110周年記念ロゴプレート付きの収納ケースと
ヘッドシェルと同色の針先清掃用ブラシが付属しています。













DENON
SACDプレーヤー
(創立110周年記念モデル)
DCD-A110
 

デノンは、1972年に世界で初めて実用化した
PCMデジタルレコーダー「DN-023R」以来、
デジタルオーディオ再生の技術、
ノウハウを脈々と受け継ぎ、そして発展させてきました。

DCD-A110は、 110周年を記念する
最新鋭のSACDプレーヤーとして、
最新にして最高のアナログ波形再現技術
「Ultra AL32 Processing」を搭載しています。
独自のアルゴリズムによるアップサンプリング
&ビット拡張処理により、
PCM入力信号を1.536 MHz / 32 bitに変換。
かつてない水準でのアナログ波形の再現、
原音の再生が可能になりました。

そしてD/A変換回路には、1chあたり2基、
合計4基の差動電流出力型D/Aコンバーターを用いた
Quad-DAC構成を採用。
さらに、DAC出力以降のアナログオーディオ回路を
フルディスクリート化し、 SX1LIMITED譲りの
高音質パーツとカスタムパーツを
贅沢に使用したサウンドチューニングを行いました。

筐体についても伝統の
ダイレクト・メカニカル・グラウンド・コンストラクションや
SX1 LIMITED譲りのアルミ製トップカバー&フットを採用し、
110周年記念モデルに相応しい高音質を実現しました。













DENON
プリメインアンプ
(創立110周年記念モデル)
PMA-A110
 

1993年に発売された
超弩級モノラルパワーアンプ「POA-S1」のために
開発されて以来、 改良を重ねデノンの
Hi-Fiアンプの根幹を担ってきた
伝統の大電流素子UHC(Ultra High Current)-MOSによる
シングルプシュプル回路。

そして1996年の発売以来、数々の賞を獲得し、
トップシェアを守り続けてきた 「PMA-2000シリーズ」から
現行の「PMA-2500NE」に至るまで 8世代に渡って
磨き続けてきた最新のアンプ設計技術。

PMA-A110は 2020年のデノンが、
この伝統と最新技術を融合させた110周年記念モデルです。
また、デノンのサウンドフィロソフィーである
「Vivid & Spacious」を具現化した リファレンスモデル
「SX1 LIMITED」からも数多くのカスタムパーツや
高音質パーツを受け継ぎ、サウンドマネージャーによる
徹底したサウンドチューニングを施されています。

筐体についても伝統の
ダイレクト・メカニカル・グラウンド・コンストラクションや
SX1 LIMITED譲りのアルミ製トップカバー&フットを採用し、
110周年記念モデルに相応しい高音質を実現しました。



展示・体験試聴中!









Marantz
ネットワーク SACD / CD Player
SACD 30n
 

様々なデジタルコンテンツを自在に再生。

SACD、CD、ネットワーク、ストリーミング、
AirPlay 2、Bluetooth®、USB-DAC、USBメモリー/HDD

リファレンスモデル「SA-10」から継承したデジタルフィルター
&完全オリジナルのディスクリートD/Aコンバーター

極めてシンプルかつ高品位な回路で
D/A変換を行うことによって
原音に忠実なアナログ信号を得ることができます。

上位モデル直系のSACD 30n専用高性能メカエンジン

マランツ独自の高速アンプモジュール
HDAM搭載フルディスクリート回路採用。


SACD 30nは、 シンメトリーやポートホールのような
マランツの伝統的なデザインエレメントを受け継ぎながら、
現代的な解釈により生み出された、
これからのマランツを象徴する
まったく新しいハウジングを与えられました。 

ハウジングを構成するシャーシに用いられる
鋼板の厚みは12シリーズと同等とし、
アルミ製サイドカバーについては12シリーズを凌駕する
最厚部5.7mmの高剛性なアルミパネルを採用しています。
また、インシュレーターや電源トランスの固定には、
特に太いネジを用いて
上位モデルに匹敵する堅牢さを実現しています。


展示・体験試聴中!









Marantz
プリメインアンプ
MODEL 30
 

MODEL 30は、
シンメトリーやポートホールのような
マランツの伝統的なデザインエレメントを受け継ぎながら、
現代的な解釈により生み出された、
これからのマランツを象徴する
まったく新しいハウジングを与えられました。

これは、オールドマランツを愛した
ファンの記憶を蘇らせるクラシカルな趣きと、
新しい時代の技術、
そして音楽ソースと共に革新を続ける
現代のマランツのイメージが同居する
新世代のマランツデザインです。

そして、新しくなったのはデザインだけではありません。

デザインの刷新に伴って機構設計の
全面的な見直しが可能となり、
ビルドクオリティも大きく進化しました。

ハウジングを構成するシャーシに用いられる
鋼板の厚みは12シリーズと同等とし、
アルミ製サイドカバーについては12シリーズを凌駕する
最厚部5.7mmの高剛性なアルミパネルを採用しています。

また、インシュレーターや電源トランスの固定には、
特に太いネジを用いて
上位モデルに匹敵する堅牢さを実現しています。













CLASSE
DELTAシリーズ
 

カナダのオーディオブランド・クラッセ  

デルタ・シリーズは、カナダで設計し、  

D&M製品の上位モデル等が製造される

日本の白河工場にて、生産されます。


プリアンプ 「DELTA PRE」
多彩な入力端子:
Network, USB, AES/EBU, COAX, OPT, XLR, RCA


ステレオ・パワーアンプ 「DELTA STEREO」
200W+200W/8Ωの大出力を持ち、
12.5W/8ΩまでクラスA動作。


モノラル・パワーアンプ 「DELTA MONO」
300W/8Ωの大出力を持ち、
35W / 8ΩまでをA級動作。











ESOTERIC
プリアンプ(電源別筐体型)
Grandioso C1X
 

2シャーシ・デュアル・モノブロック構成

シャーシに固定しないセミフローティング構造の
プリアンプモジュールで更なる音の解放感を追求。

デュアルAC入力、デュアルDC出力のDCパワーサプライ

大容量トロイダルコア×4、Rコア×1の5トランス構成


ディスクリート回路と同じように自らパーツや回路を選定し、
高音質を追求したESOTERIC独自の
集積型アンプモジュール
「Integrated Discrete-Amplifier Module IDM-01」を
C1X専用に新開発。











DS AUDIO

光カートリッジ
「Grand Master」


Grand Masterカートリッジは、
第2世代の振動系
(DS Master1、DS-W2、DS002、DS-E1)とは異なる、
完全新設計の第3世代の光カートリッジとなっております。

音楽信号を検出するための
内部のLED及びフォトディテクターを
左右のチャンネル各々独立に設置することで
光学系の位置が最適化され
カートリッジの出力が40mVから70mVと大きく増加しました。

ノイズ量が変わらないまま出力が大きく増加したことで
カートリッジのS/N比が大きく向上し、
バックグラウンドがより一層静かになりました。  

また左右独立設計の光学系になったことで、
逆チャンネルの影響を完全に排除できるようになり
左右のチャンネルセパレーションが大きく向上しております。
(特に高域セパレーションは10dB上向上)    
  
Grand Masterカートリッジは、DS AUDIO製品初となる
ダイヤモンドカンチレバーに
マイクロリッジ針の組み合わせとなっております。


Grand Masterイコライザーでは
イコライザーユニットと電源ユニットが
完全独立筐体になっております。  

イコライザーユニットに234万μF、
電源部に297万μFという 規格外な量の
電解コンデンサを搭載することで徹底的に電源を強化し、
より深い低域再生が可能になりました。

出力はRCA出力とXLR出力が搭載されております。

また、低域が完全にフラットに伸びていく
振幅比例型の特徴を最大限に活かす為に
低域のカットオフポイントを
6パターンから選択できるようになっております。

 



C-3900 






Accuphase

創立50周年
記念モデル第2弾
最上位プリアンプ
「C-3900」



C-3900は、 C-3850をフルモデルチェンジ 。

新たにDual Balanced AAVA
(Lch/Rch正負合計8回路のAAVA)を搭載し、
入力から出力まで全ての増幅回路を
並列動作させることになり、
C-3850に比べ、ノイズレベルは約30%減少し、
更なる低雑音化と音質の向上を実現しました。

電源トランスに、
放熱フィン付き鋳造アルミケース入りの
高効率トロイダル・トランスを2個採用しました。

また、フィルター用アルミ電解コンデンサーには、
新規開発による10,000μFの
大容量・高音質タイプを12個搭載、
これを2ブロックにして左右を独立させ、
電源トランスとともにモノフォニック仕様の
余裕ある電源部を構成しました。

入力端子は、
RCAラインが6系統、バランスが4系統、
レコーダーPLAYが1系統の合計11系統です。

出力端子は、
RCAラインが2系統、バランスが2系統、
レコーダーRECが1系統の合計5系統です。





Air Force V Premium




TechDAS

アナログ・ターンテーブル
「Air Force V Premium」



TechDAS Air Force シリーズのターンテーブルは、
回転するプラッター部を空気の力により浮上させ
レコードとプラッターからなる回転部を
機械的にアイソレーションするエアーベアリング機構と、
レコード盤をバキュームの力でプラッターに吸着させる
エアーバキューム機構を採用しています。

この独自のエアー・テクノロジーにより、
従来のアナログターンテーブルとは
全く次元の違うサウンドを実現しています。


オリジナルの Air Force V は、
アルミ板による箱構成のボディを採用していましたが、
この Premium モデルでは上位モデル同様に
アルミブロックから削り出されたマッシブなボディを採用。

本体総重量は大幅に増加し
ダイナミックレンジがさらに拡大いたしました。





L82 Classic









JBL

200o径 2Way
ブックシェルフ型スピーカー
「L82 Classic」

 

ブラック、ブルー、オレンジの 3色から選択できる
ヴィンテージ感あふれる Quadrexフォームグリル と
JBL伝統のスタイルを備えたレトロなデザイン

ブラックのフロント/リアパネルと、
4面にウォールナット・ サテン仕上げが施された
リアルウッド・ エンクロージャー

強力な 200mm径 アルミダイキャストフレーム ・
ホワイトピュアパルプ ・ コーンウーファー

透明感溢れる 大型ウェーブガイドと
音響レンズ採用 25mm径チタンドームトゥイーター

部屋に合わせた高音レベルの微調整が可能な
連続可変アッテネーター HFレベルコントロール) 装備

コンパクトなキャビネットで充実の低音再生を果たす
Slipstream™フレアー付ポートを
フロントバッフルに備えたバスレフ設計

外形寸法 : H472.8 x W281 x D296mm(グリル含む )

本体重量 : 12.7kg(1本 )




K-03XD

展示・体験試聴中!






ESOTERIC
SACD/CDプレーヤー

K-03XD
 
フラッグシップモデル(Grandioso P1X、K1X)に採用された
VRDS-ATLASリファレンスメカニズムの資質を
余すところなく継承した、K-03XD専用の
VRDS-ATLASメカニズムを搭載しました。

K-03XDに搭載のATLAS 03は、
シンプルな18mm厚ブリッジを採用。
極めて高い剛性と重量を誇り、
音質に影響を及ぼすあらゆる振動を減衰します。

K-03XDは合計2つの大容量トロイダルトランスを搭載し、
デジタルとアナログの電源部を独立させています。

合計26本(合計容量650,000μF=0.65F)の
スーパーキャパシター(大容量コンデンサー)を搭載。

完全自社設計のディスクリートD/Aコンバーター
Master Sound Discrete DAC

K-03XDに搭載されたバージョンでは、
K1X版のエッセンスを凝縮しつつ、
シンプルな回路構成とすることで、
03シリーズを更なる高みへと導いています。
 





 ST2 HiFi  展示中








TRINNOV AUDIO
Room/Speaker Optimizer
ST2 HiFi

フランス・パリ郊外に本拠を置く
トリノフ・オーディオ社は、
自身の音響補正技術と
3D音響技術において
録音スタジオ・放送スタジオ関連では
世界的に著名なブランドです。

プロ機器部門において定評のある
音響補正技術をコンシューマー向けに
製品化したモデルが
この ST2HiFI です。

現在最高の音響補正技術で
いとも簡単に部屋の音響特性を
改善することが可能です。






Home Theater


JVC  V90R







 




8K60p/4K120p入力対応
4Kシネマ・プロジェクター 
JVC 「DLA-V90R」 


8K60p/4K120p HDMI入力対応。  

ネイティブ8Kに迫る解像感
上下左右4方向へのシフトを実現した
「8K/e-shift X」テクノロジー搭載。  

大口径100mm 16群18枚
オールガラス・オールアルミ鏡筒レンズ。  

長寿命!独自のレーザー光源
「Blu-Escnet」を搭載。

3,000ルーメンの高輝度を実現。  

ネイティブ・コントラスト比100,000:1を実現。  

HDR(HDR10+/Frame Adapt HDR/HLG)に対応。  

「Frame Adapt HDR画質モード」
HDR10映像をフレームごとに解析し
最適なトーンマッピングを行います。
設置環境に合うよう最適化する
Theater Optimizer機能も搭載。  

色鮮やかな映像、広色域DCI-P3相当に対応。

 


JVC  V80R







 




8K60p/4K120p入力対応
4Kシネマ・プロジェクター 
JVC 「DLA-V80R」 


8K60p/4K120p HDMI入力対応。  

ネイティブ8Kに迫る解像感
上下左右4方向へのシフトを実現した
「8K/e-shift X」テクノロジー搭載。  

口径65mm 15群17枚
オールガラス・レンズ採用。 

長寿命!独自のレーザー光源
「Blu-Escnet」を搭載。

2,500ルーメンの高輝度を実現。  

ネイティブ・コントラスト比80,000:1を実現。  

HDR(HDR10+/Frame Adapt HDR/HLG)に対応。  

「Frame Adapt HDR画質モード」
HDR10映像をフレームごとに解析し
最適なトーンマッピングを行います。
設置環境に合うよう最適化する
Theater Optimizer機能も搭載。  

色鮮やかな映像、広色域DCI-P3相当に対応。

 


JVC  V70R







 




8K60p/4K120p入力対応
4Kシネマ・プロジェクター 
JVC 「DLA-V70R」 


8K60p/4K120p HDMI入力対応。  

斜め2方向へのシフトを実現した
「8K/e-shift」テクノロジー搭載。  

口径65mm 15群17枚
オールガラス・レンズ採用。 

長寿命!独自のレーザー光源
「Blu-Escnet」を搭載。

2,200ルーメンの高輝度を実現。  

ネイティブ・コントラスト比40,000:1を実現。  

HDR(HDR10+/Frame Adapt HDR/HLG)に対応。  

「Frame Adapt HDR画質モード」
HDR10映像をフレームごとに解析し
最適なトーンマッピングを行います。
設置環境に合うよう最適化する
Theater Optimizer機能も搭載。  

 
AV8805Abr>展示・体験試聴中!










Marantz
最新の8K映像の入出力に対応
13.2chプロセッシング対応
ハイエンド AVプリ アンプ
「AV8805A」



13.2ch 独立基板のHDAM®-SAプリアンプ

Dolby Atmos、DTS:X Pro、
IMAX Enhanced、Auro-3D、MPEG-4 AACに対応

15.2ch XLR & RCAプリアウト

ステレオDAC×8、

アルミシールドケース トロイダルトランス

8K/60pおよび4K/120pの
映像信号に対応する
HDMI入力を1系統、出力を2系統装備。

8入力/3出力すべてのHDMI端子が
最新の映像コンテンツに対する
著作権保護技術「HDCP 2.3」に対応。

HDR10+ / Dynamic HDR / HDR10 /
Dolby Vision / HLG / BT.2020 /
VRR / QMS / QFT / ALLM / eARC 対応

幅広い音楽ストリーミングサービスに対応
(Amazon Music HD/ AWA/ Spotify/SoundCloud)
 
インターネットラジオに対応

高い品質を誇る、日本の白河工場生産品














DENON
13chアンプ搭載
AV サラウンド アンプ
「AVC-X8500HA」



大電流タイプのパワートランジスタ DHCT 搭載
13ch モノリス コンストラクション・パワーアンプ

Dolby Atmos、DTS:X Pro、
IMAX Enhanced、Auro-3D、
MPEG-4 AACに対応

独立DAC基板&
プレミアムステレオDAC×8基搭載

8K/60pおよび4K/120pの
映像信号に対応する
HDMI入力を1系統、出力を2系統装備。

8入力/3出力すべてのHDMI端子が
最新の映像コンテンツに対する
著作権保護技術「HDCP 2.3」に対応。

HDR10+ / Dynamic HDR / HDR10 /
Dolby Vision / HLG / BT.2020 /
VRR / QMS / QFT / ALLM / eARC 対応

幅広い音楽ストリーミングサービスに対応
(Amazon Music HD/ AWA/ Spotify/SoundCloud)
 
インターネットラジオに対応

高い品質を誇る、日本の白河工場生産品





SONY VW875








SONY
4K プロジェクター
レーザー光源、
大口径レンズ搭載モデル

VPL-VW875 



ネイティブ 4Kパネル 搭載。

高コントラストと長寿命を実現する、
レーザー光源採用。

高品位な映像を再現する、
4K解像度専用設計の大口径レンズ搭載。

明るさ 2200ルーメン

レーザーとアイリス制御による、
デュアル・コントラスト・コントロール搭載。

HDR(High Dynamic Range)、HLG対応。

HDRに最適なコントラストを提供する
ダイナミック HDR エンハンサー機能。

光学的な収差を補正・最適化する
デジタルフォーカスオプティマイザー搭載。

4K用 モーションフロー機能。

前面吸気、背面排気 採用。





SONY VW275

カラー:ブラック、ホワイト








SONY
4K プロジェクター
エントリーモデル

VPL-VW275 



ネイティブ 4Kパネル 搭載。

HDR(High Dynamic Range)、HLG対応。

HDRに最適なコントラスト(主に明部)を提供する
ダイナミック HDR エンハンサー機能。

明るさ 1500ルーメン

HDCP2.2 & 18Gbps 入力信号対応。

4K用 モーションフロー機能。

背面吸気、前面排気 採用。







カラー:ブラック、ホワイト









KEF
サブウーファー
「KC62」


ひとつのモーターシステムに
背中合わせとなる二つのドライバーユニットを
組み合わせる革新的なUni-Core™システムは、
パフォーマンスに妥協すること無く、
より小型なキャビネット内に
フォースキャンセリングドライバーを
収めることを可能にしました。

ほぼサッカーボールサイズのKC62は、
特別に設計された
1,000ワットのクラスDアンプを搭載した
2つの6.5インチ
フォースキャンセリング
ドライブユニットを備えています。

鋳造アルミニウムキャビネットの美しい曲線は、
デザインの美しさとともに
キャビネットに強さと剛性を与えます。  

熱伝導率が高いアルミニウムを採用する事で
キャビネット自体がヒートシンクとしての
役割も兼ねています。


サイズ H250 x W256 x D248mm、 14kg



SR8015

展示・体験試聴中!












Marantz
11chアンプ搭載
AV サラウンド アンプ

「SR8015」



独立基板型
11chフルディスクリート・パワーアンプ

高速アンプモジュールHDAM搭載
13.2ch電流帰還型プリアンプ

13.2chプロセッシング対応、
13.2chプリアウト装備
新たに、パワーアンプの動作を完全に停止させ、
高品位なAVプリアンプとして使用する、
プリアンプモードを搭載

Dolby Atmos、DTS:X、Auro-3D®対応

新4K/8K衛星放送で使用されている
音声フォーマット MPEG-4 AAC
(ステレオ、5.1ch)のデコードに新対応

8K/60pおよび4K/120pの映像信号に対応する
HDMI入力を1系統(HDMI 7)、出力を2系統装備。

8入力/3出力すべてのHDMI端子が
最新の映像コンテンツに対する
著作権保護技術「HDCP 2.3」に対応。

HDR10+ / Dynamic HDR / HDR10 /
Dolby Vision / HLG / BT.2020 /
VRR / QMS / QFT / ALLM / eARC 対応

音楽ストリーミングサービスと
インターネットラジオに対応

高い品質を誇る、日本の白河工場生産品





SONY VW775








SONY
4K プロジェクター
レーザー光源モデル

VPL-VW775 



ネイティブ4Kパネル
0.74型「4K SXRD」を搭載。

レーザー光源採用。

明るさ 2000ルーメン

HDCP2.2 & 18Gbpsの入力信号に対応。

HDR10、HLG対応。

リアリティークリエーションの超解像に加え、
デジタルフォーカスオプティマイザーを搭載。
レンズの収差を画面上の座標と
画質のパターンから最適化するとともに、
輪郭部分を自動検出し強調処理を
自動で行うことで、映像本来の美しさを
より忠実に再現し理想的な4K映像を提供します。

シーン内の明部は明るく、暗部は暗く、
HDRコンテンツに対して
最適なコントラストを提供する
ダイナミックHDRエンハンサー機能を搭載。

フレームごとにダイナミックレンジを調整し、
明るいところは明るく輝かせ、
暗部はアイリスや光源の制御を連動させ、
黒をより沈みこませることにより、
従来機に比べHDRコンテンツに対して
最適なコントラストを提供いたします。





SONY VW575

展示・体験視聴中!











SONY
4K プロジェクター
高画質モデル

VPL-VW575 



ネイティブ4Kパネル
0.74型「4K SXRD」を搭載。

HDCP2.2 & 18Gbpsの入力信号に対応。

明るさ 1800ルーメン

HDR10、HLG対応。

リアリティークリエーションの超解像に加え、
デジタルフォーカスオプティマイザーを搭載。
レンズの収差を画面上の座標と
画質のパターンから最適化するとともに、
輪郭部分を自動検出し強調処理を
自動で行うことで、映像本来の美しさを
より忠実に再現し理想的な4K映像を提供します。

シーン内の明部は明るく、暗部は暗く、
HDRコンテンツに対して
最適なコントラストを提供する
ダイナミックHDRエンハンサー機能を搭載。

フレームごとにダイナミックレンジを調整し、
明るいところは明るく輝かせ、
暗部はアイリスや光源の制御を連動させ、
黒をより沈みこませることにより、
従来機に比べHDRコンテンツに対して
最適なコントラストを提供いたします。















DENON
13chアンプ搭載
AV サラウンド アンプ
創立110周年記念モデル
「AVC-A110」



AVC-A110は、
デノン創立110周年の節目を迎えるにあたり、
今持てる技術とノウハウの全てを投入することで
AVアンプのフラッグシップモデルである
AVC-X8500Hを超えるパフォーマンスを
実現することを目標に開発されました。

AVC-X8500Hの開発が行われた際に、
開発期間やパーツのコスト、
検証に要するリソースなど、様々な要因により
採用に至らなかった高音質化のための
アイデアを全て見直し、サウンドマネージャーの
鋭敏な感性によって再構築したものが
AVC-A110です。

ブロックコンデンサーや電源トランス、
鋳鉄製フットをはじめ、純銅製のトランスベース、
パワーアンプ回路のフィルムコンデンサーや
インダクターなど、新たに開発、採用された
パーツは数百点にも及びます。

その結果、AVC-A110はどこまでも広がる
雄大なスケール感と手を伸ばせば
触れられそうな音像の密度感を獲得し、
サウンドマネージャーをして「もはや別次元」と
言わしめるサウンドを実現しました。

デジタルビデオ回路は、
先立って発表された世界初の8K対応AVアンプ
AVR-X4700H、AVC-X6700Hと同様に
8Kビデオ信号や幅広いHDRフォーマットに
対応しており、映像も音声もかつてない
クオリティでお楽しみいただけます。















Marantz
9chアンプ搭載
AV サラウンド アンプ 
「SR6015」



9ch フルディスクリート・パワーアンプ

HDAM搭載の高音質プリアンプ回路。

11.2chプロセッシング対応&11.2chプリアウト装備


Dolby Atmos、DTS:X 対応

新4K/8K衛星放送で使用されている
音声フォーマットMPEG-4 AACに対応

8K/60p、4K/120p対応 HDMI入出力

映像体験を革新するHDMIの最新機能をサポート
(HDR10+ / Dynamic HDR / HDR10 /
Dolby Vision/ HLG/ BT.2020/ VRR/
QMS/ QFT/ ALLM/ eARC)

幅広い音楽ストリーミングサービスに対応
(Amazon Music HD/ AWA/ Spotify/SoundCloud)

5.6 MHz DSD&ハイレゾ音源対応
 (ミュージックサーバー& USBメモリー)

インターネットラジオ(TuneIn)、
AirPlay 2、 Bluetooth®(送受信)対応。 














7chアンプ搭載
AVアンプ 
Marantz  NR1711 



7ch フルディスクリート・パワーアンプ

Dolby Atmos、DTS:X 対応


新4K/8K衛星放送で使用されている
音声フォーマットMPEG-4 AACに対応


8K/60p、4K/120p対応 HDMI入出力

映像体験を革新するHDMIの最新機能をサポート
(HDR10+ / Dynamic HDR / HDR10 / Dolby Vision/
HLG/ BT.2020/ VRR/ QMS/ QFT/ ALLM/ eARC)


幅広い音楽ストリーミングサービスに対応
(Amazon Music HD/ AWA/ Spotify/ SoundCloud)

5.6 MHz DSD&ハイレゾ音源対応
(ミュージックサーバー& USBメモリー)

インターネットラジオ(TuneIn)、AirPlay 2、
Bluetooth®(送受信)対応






展示・体験試聴中!









11chアンプ搭載
AVアンプ 
DENON
AVC-X6700H 



さらに音質を磨き上げた、
モノリスコンストラクション・パワーアンプを11ch搭載

13.2chプロセッシング対応、13.2chプリアウト装備、
新たに、プリアンプモードを搭載

Dolby Atmos、DTS:X、IMAX Enhanced、Auro-3D®

新4K/8K衛星放送で使用されている
音声フォーマットMPEG-4 AACに対応


8K/60p、4K/120p対応 HDMI入出力

映像体験を革新するHDMIの最新機能をサポート
(HDR10+ / Dynamic HDR / HDR10 / Dolby Vision/
HLG/ BT.2020/ VRR/ QMS/ QFT/ ALLM/ eARC)


幅広い音楽ストリーミングサービスに対応
(Amazon Music HD/ AWA/ Spotify/ SoundCloud)

5.6 MHz DSD&ハイレゾ音源対応
(ミュージックサーバー& USBメモリー)

インターネットラジオ(TuneIn)、AirPlay 2、
Bluetooth®(送受信)対応






展示・体験試聴中!









9chアンプ搭載
AVアンプ 
DENON
AVR-X4700H 



さらに音質を磨き上げた、
ディスクリート・パワーアンプを9ch搭載

11.2chプロセッシング対応、11.2chプリアウト装備、
新たにプリアンプモードを搭載

Dolby Atmos、DTS:X、IMAX Enhanced、Auro-3D®、

新4K/8K衛星放送で使用されている
音声フォーマットMPEG-4 AACに対応


8K/60p、4K/120p対応 HDMI入出力

映像体験を革新するHDMIの最新機能をサポート
(HDR10+ / Dynamic HDR / HDR10 / Dolby Vision/
HLG/ BT.2020/ VRR/ QMS/ QFT/ ALLM/ eARC)


幅広い音楽ストリーミングサービスに対応
(Amazon Music HD/ AWA/ Spotify/ SoundCloud)

5.6 MHz DSD&ハイレゾ音源対応
(ミュージックサーバー& USBメモリー)

インターネットラジオ(TuneIn)、AirPlay 2、
Bluetooth®(送受信)対応。
















OS SCREEN
ホームシアター用
スクリーン 新登場!



OS SCREENは
オーエスグループが販売するスクリーンの中でも
映像美と機能性を妥協なく追求した
最高品質のスクリーンブランドです。

企画・設計・製造は兵庫県宍粟市にある
オーエスグループのマザーファクトリーである
オーエスエムが担う
Made in Japanのスクリーンです。

創業67年、スクリーンメーカーとして培った
技術と研究をもとにした新製品。


OS SCREENブランドは
4つの生地
(レイロドール、ピュアマットIII Cinema、
ピュアマット204、サウンドマット)、

4つの機構
(張込型、サイドテンション電動静音型、
電動静音型、手動型)で展開いたします。




JBL STUDIO 6






JBL
STUDIO 6 シリーズ 



2×200mm径 3ウェイ・フロア型
「STUDIO 698W」

2×165mm径 2.5ウェイ・フロア型
「STUDIO 680W」


165mm径 2ウェイ・ブックシェルフ型
「STUDIO 630W」

133mm径 2ウェイ・ブックシェルフ型
「STUDIO 620W」


2×133mm径 2ウェイ・センター型
「STUDIO 625C W」

300mm径 サブウーファー
「STUDIO 660P W」
  




KEF R












KEF
New Rシリーズ 



新しいKEF Rシリーズは
完全に一から作り直されました。

上位モデルReferenceシリーズで培った
デザイン、テクノロジーを搭載。

前モデルの R シリーズから
1,043項目に及ぶ改善・変更を施した
全面新規設計。

KEFが長年培ってきた
「原音再生」技術を結集した
第12世代 点音源
Uni-Qドライバーを搭載しています。

<フロア型> R11、R7、R5 

<ブックシェルフ型> R3

<センター型> R2c 

<イネーブルド型> R8a
  




レイロドール
(スクリーン生地)
張込型 120インチ 展示中






対応スクリーン
PA:張り込み型

STP:電動式サイドテンション型


 



4K 対応 HDR適合
スクリーン生地 
OS「レイロドール」 



明るさを伸ばしながら、
黒浮きも抑えた、広階調型。
HDRに適合した高ゲイン・スクリーン


広階調型スクリーンHF102は、
ピュアマット3 Cinameの
表面素材に特殊加工を施し、
ゲイン2.7を確保しながら
ホットスポットを抑えて
均質な映像を結び、
太陽の輝きから 陽の当たらない
影の部分までの階調を、
詳細に表現することを可能にする
スクリーンです。


通常の高ゲイン・スクリーンのように、
狭い視野角に縛られることなく、
快適な視聴位置を得られるよう、
ビューイングアングルを
緩やかに保つことにも
成功いたしました。 



KEF Q750 , Q650c, Q350
展示・体験試聴中!



フロア型: Q950、Q750、Q550
ブックシェルフ型: Q350、Q150
センター型: Q650c、Q250c

カラー:ブラック、ホワイト
ウォルナット




KEF
Qシリーズ
スピーカー



優れた音質と
革新的なデザインで長く愛され、
第8世代を迎えたいま、
より深くクリアーな
高解像サウンドを
獲得しています。

トゥイーター背面に配置された
自然な減衰とヌケ感が得られる
新開発トゥイーター
ローディングチューブの追加により、
高域性能が劇的に改善。

バスドライバーは、
大振幅を可能にする
新しいエッジとダンパーを備え、
大音量でもクリアーかつ
俊敏な低音をもたらします。

新設計コーンウーファーは
中音域の明瞭度を高めています。

継ぎ目のない洗練された
彫刻のようなエンクロージャーを採用し、
グリルを取り付けるための
穴や突起がありません。