ESOTERIC
   
展示・体験試聴中
 

 
フラッグシップモデル

Grandioso
壮大な・堂々とした

SACD/CD トランスポート  Grandioso P1


モノラル D/A コンバーター Grandioso D1


プリアンプ Grandioso C1


モノラル パワーアンプ Grandioso M1
 

ステレオ パワーアンプ Grandioso S1

 

マスタークロック ジェネレーター Grandioso G1

 

インテグレーテッド アンプ Grandioso F1

 

SACD/CD プレーヤー Grandioso K1
 














SACD/CDトランスポート
Grandioso P1


希望小売価格:2,500,000円/税別
  
展示・体験試聴中






 



主な特長

◆.  VRDS-NEO「VMK-3.5-20S」

     ESOTERICが誇るトランスポート・メカニズムVRDS-NEO。
    高精度ターンテーブルを使用し、ディスク回転時の面振れを補正することにより、
    読み取り精度を格段に高めます。

     P1は駆動回路設計をリファインしたVRDS-NEO「VMK-3.5-20S」を搭載。
    スピンドルの軸受けには、特別に選別された高精度ボールベアリングをペアで採用。ミクロン精度のジュラルミン・ターンテーブル、20mm厚スチール製ターンテーブルブリッジを搭載し、総質量は実に5.2kg。

     また、高磁束密度型マグネット駆動のコアレス3相ブラシレス・スピンドルモーター、最高峰P-0の思想を発展させたスレッド送り制御、レーザー光がつねにディスクに垂直に照射される軸摺動型ピックアップなど、定評あるメカニズムをさらに磨きあげています。 







◆. スピンドルサーボドライバー「VS-DD」

     VRDS-NEOの心臓部にあたるスピンドルモーターの駆動用に、専用のスピンドルサーボドライバーVS-DDを搭載。

     VS-DDは3チャンネルのディスクリートアンプ回路で、モーターに供給する電流波形を最適化することにより、振動を抑え、滑らかなスピンドル駆動と、高精度なサーボ制御を可能としています。別筐体の電源ユニットに専用のトロイダル電源を搭載し、ノイズアイソレーション効果を高めています。




    ※VS-DD = VRDS Spindle Discrete Driver 


     

◆. メインユニット/電源ユニットの2シャーシ構成。

     銘機P-0の思想を踏襲する、ESOTERICフラッグシップモデル伝統の2シャーシ構成を採用。

     電源ユニットはフルサイズに大型化され、さらに贅沢な電源回路を搭載することが可能になりました。合計で4つの独立したトロイダル電源トランスを備え、各回路(VS-DD回路、ドライブメカ駆動回路、デジタル出力回路、クロック回路)へ
    クリーンで安定したDC電源を供給します。




    メインユニット内部





    電源ユニット内部





◆.内部にも外部にも圧倒的な物量投入。

     メインユニットのシャーシ内部はダブルデッキ(2階建て)構造とし、各回路ブロックを最短の信号経路で接続する3Dオプティマイズドシャーシ・コンストラクションを採用。

     外装は肉厚アルミ材を採用し、5mm厚のスチール製ボトムシャーシを
    独自のピンポイントフットで4点支持。振動を効果的に抑制し、高剛性を徹底しています。


     

◆. 広帯域伝送を可能にする最新鋭「ES-LINK4」

     HDMIケーブルを使って、DSD、または352.8kHz/48bit PCMの超広帯域デジタル伝送を行う、独自の最新鋭伝送フォーマットES- LINK4を開発。

     ES-LINK4はデジタル信号処理の大部分を送り出し側で行い、D/Aコンバーターのデジタル信号処理の負荷を大幅に減らしています。
    超広帯域もさることながら、D/Aコンバーターを本来のD/A変換処理に特化させる「PureD/A」思想により、高音質を追求しました。 






◆.豊富なデジタル出力端子。

      新しいES-LINK4 専用端子、従来バージョンのES-LINK対応デュアルXLR 端子を含め、5種類7系統(ES-LINK×2、XLR×2、同軸×1、i.LINK 4p/6p各×1)のデジタル出力端子を装備。



◆.新次元アイソレーテッド クロック テクノロジー。

     デジタル回路に正確な基準クロックを供給するクロック回路は、デジタルプレーヤーにとってまさに心臓部。

     P1/D1はクロック回路を電源部、グランドまで完全に他の回路から独立。ピュアなクロックをシステムに供給します。搭載するVCXO(電圧制御型水晶発振器)は、P1/D1専用に水晶振動子メーカー大手のNDK(日本電波工業)と共同開発。

     最高峰モデルに相応しい高精度カスタムクロックデバイスとして、位相雑音が極めて少なく、従来よりもさらに大型の水晶片を用いて、高音質再生を支えます。




◆. 高精度クロック。

     P1とD1をBNCケーブルで接続し、クロックシンク(同期再生)することでジッターを低減。ピュアなクロック処理が可能となるESOTERIC独自のPLLレス・ダイレクトマスタークロックLINKにも対応し、曖昧さのない正確な音像定位と鮮明な音質を獲得しています。

     また、高精度ルビジウムマスタークロックG-01(別売)との接続で、更なる高度なシステムアップも可能。22MHz、10MHzマスタークロックのほか、ワードクロック(44.1kHz/88.2kHz/176.4kHz)など、音質のお好みに合わせてさまざまな周波数のクロックシンクに対応しています。


    ※D1の高精度クロックモジュールで生成したデジタルオーディオ出力用の基準クロック=22.5792MHzマスタークロックをストレートにP1に供給し、P1内部のPLL回路を経由せずにデジタル出力回路のクロックとして利用するシステム。

    別売のG-01から供給される10MHzクロックを使った、10MHzダイレクトマスタークロックLINKにも対応しています。




◆. 皮革仕上げリモコンの贅沢

     リモコンはアルミ製で適度な重さを備え、しなやかに手に馴染む皮革仕上げです。




 


 








< 主な仕様 >
再生可能ディスク

スーパーオーディオCD、CD、CD-R、CD-RW

デジタル出力
ES-LINK端子 2系統

XLR端子 2系統
(Dual AES出力時は、2つの端子を使用するので
1系統となります。)

i.LINK端子(6ピン)1系統
i.LINK端子(4ピン)1系統
RCA端子 1系統

クロックシンク入力

端子:BNC×2
入力可能周波:44.1kHz、88.2kHz、176.4kHz、
10MHz、22.5792MHz

入力インピーダンス IN 75Ω
10MHz IN 50Ω

入力レベル:IN TTLレベル相当
10MHz IN サイン波 0.5〜1.0Vrms

ワードクロック周波数レンジ:±15ppm

電源
100V AC50/60Hz

消費電力
24W

外形寸法
本体部:
W445×H162×D448mm(突起部含む)

電源部:
W445×H132×D452mm(突起部含む)

質量
本体部:27kg
電源部:24kg

付属品
電源コード×1
リモコン(RC-1156)×1
リモコン用乾電池 (単3)×2本
HDMIケーブル×1
フェルト×4枚
取扱説明書×1
ご愛用者カード×1


※製品の仕様、規格および外観は改良のため予告なく変更する場合があります。

















 





36bit モノーラルD/Aコンバーター
Grandioso D1


希望小売価格:1,250,000円/1台 税別)
  
展示・体験試聴中



最高レベルのチャンネル・セパレーションと、
各チャンネルへの理想的な電源供給を目指し、
2004年に世界初の
モノーラルD/Aコンバーターとして登場した
D-01のモノーラル構成を踏襲。

最先端テクノロジーを投入して
ブラッシュアップしました。

左右のチャンネルは、
付属のHDMIケーブル1本でリンク接続できるようになり、
外部ソース機器からの入力も容易に。

モノーラル構成ならではの
定位感と奥行き感に富んだ、
圧倒的なステレオの世界をご堪能ください。




 



主な特長

◆.  音の質感が際立つ 36bitプロセッシングの解像度。

     最高峰の音質を目指し、旭化成エレクトロニクス社と共同開発した最新鋭32bitDACデバイスAK4495を搭載しました。

     チャンネルごとに16回路を組み合わせ、圧倒的なリニアリティと低ノイズ化を実現。DSD信号のダイレクト処理のほか、PCM信号を36bit解像度でアナログ変換する36bitD/Aプロセッシング・アルゴリズムを新たに採用し、きめ細かく滑らかな質感と高解像度を両立しています。 









◆.36bit D/A プロセッシング(特許出願中)

     D1は32bitDACデバイスを複数個組み合わせ、36bitの高解像度でPCM信号をアナログ信号へ変換する36bitD/Aプロセッシング・アルゴリズムを採用。

     ハイビットデータの階調を活かし、忠実なアナログ変換を行ないます。32bitは24bitの256倍の解像度を誇りますが、36bitはさらにその16倍(24bitの4096倍)の驚異的な高解像度。ビット階調をより細かくすることで、演算誤差を最小にとどめ、繊細な音楽信号まで際立つ表現力を誇ります。






◆. 独自の電流伝送強化型出力バッファー回路「ESOTERIC-HCLD」

     音楽信号に含まれる広大なダイナミックレンジを不足なく下流まで伝えるため、アナログ出力回路にとって最も重要なのは電流伝送能力の高さとスピードです。

     D1はラインドライバーとしての極限の性能を追求し、出力バッファーアンプ回路に贅沢な物量を投入。D/Aコンバーター部とは分離した独立基板で構成しました。

     電流出力能力が高く、応答速度を表すスルーレートが2000V/μsという驚異的なハイスピードを誇る高性能素子を採用。このバッファー回路をRCA出力の場合は1回路、XLR出力の場合はホット/コールドごとに1回路使用する贅沢な構成とすることで、瞬間的な電流供給能力を最大に高めています。

    ESOTERIC-HCLD 搭載のD1は、息を呑むほどのリアリティーで音楽のダイナミズムを再現します。




    ※HCLD = High Current-capacity Line Driver 



     

◆. デジタル回路とアナログ回路を分離して高音質を追求。

     DAC回路のアナログ部やHCLDバッファー回路など、全てのアナログ回路は、デジタル回路から電気的に分離しています。

    デジタルノイズの侵入を防ぎ、クリアな音質に磨きをかけています。




    D1 上部側



    D1 下部側





◆.ソースに合わせた多彩な D/D コンバート機能を装備。

     オリジナルFsでの再生に加え、PCMデジタル信号を2/4/8倍にアップコンパートする機能を装備。

     さらにDSDへの変換機能など、PCMフォーマット向けに多彩なD/Dコンバートモードを備えています。


     

◆. 広帯域伝送を可能にする最新鋭「ES-LINK4」

     HDMIケーブルを使って、DSD、または352.8kHz/48bit PCMの超広帯域デジタル伝送を行う、独自の最新鋭伝送フォーマットES- LINK4を開発。

     ES-LINK4はデジタル信号処理の大部分を送り出し側で行い、D/Aコンバーターのデジタル信号処理の負荷を大幅に減らしています。
    超広帯域もさることながら、D/Aコンバーターを本来のD/A変換処理に特化させる「PureD/A」思想により、高音質を追求しました。 





◆.ハイサンプリングに対応するデジタル入力を装備。

     多彩な機器との接続を可能にする 7種類8系統(ES-LINK×1、XLR×1、i.LINK 4p / 6p×1、USB×1、同軸×2、光×1)の豊富なデジタル入力を装備し、192kHz/24bit までの
    ハイサンプリングソースに対応。

     さらに、XLR×2は192kHz/48bit(ES-LINK3)および384kHz/24bit(Dual AES8Fs)の
    ハイサンプリング/ハイビット入力にも対応しています。




◆. アシンクロナス伝送対応のUSB入力。

     アシンクロナス伝送と、最大 384kHz/32bit PCM、 2.8/5.6MHz DSDに対応するUSB入力を装備。

     ESOTERICのオリジナルPC用ドライバーソフトウェアを使って、スタジオマスター・クオリティのソースも高品位に再生。

    DoP、ASIO2.0にも対応しています。



◆.新次元アイソレーテッド クロック テクノロジー。

     デジタル回路に正確な基準クロックを供給するクロック回路は、デジタルプレーヤーにとってまさに心臓部。

     P1/D1はクロック回路を電源部、グランドまで完全に他の回路から独立。ピュアなクロックをシステムに供給します。搭載するVCXO(電圧制御型水晶発振器)は、P1/D1専用に水晶振動子メーカー大手のNDK(日本電波工業)と共同開発。

     最高峰モデルに相応しい高精度カスタムクロックデバイスとして、位相雑音が極めて少なく、従来よりもさらに大型の水晶片を用いて、高音質再生を支えます。




◆. 高精度クロック。

     P1とD1をBNCケーブルで接続し、クロックシンク(同期再生)することでジッターを低減。ピュアなクロック処理が可能となるESOTERIC独自のPLLレス・ダイレクトマスタークロックLINKにも対応し、曖昧さのない正確な音像定位と鮮明な音質を獲得しています。

     また、高精度ルビジウムマスタークロックG-01(別売)との接続で、更なる高度なシステムアップも可能。22MHz、10MHzマスタークロックのほか、ワードクロック(44.1kHz/88.2kHz/176.4kHz)など、音質のお好みに合わせてさまざまな周波数のクロックシンクに対応しています。


    ※D1の高精度クロックモジュールで生成したデジタルオーディオ出力用の基準クロック=22.5792MHzマスタークロックをストレートにP1に供給し、P1内部のPLL回路を経由せずにデジタル出力回路のクロックとして利用するシステム。

    別売のG-01から供給される10MHzクロックを使った、10MHzダイレクトマスタークロックLINKにも対応しています。




◆. 優れたユーザビリティー

     ハイビットの余裕を活かした高精度デジタルアッテネーター機能を搭載。

    パワーアンプへダイレクトに接続することもできます。XLRオーディオ出力のピンアサインは、2番HOT/3番HOTの選択が可能です。


 


 







< 主な仕様 >
アナログ音声出力

XLR端子 1系統
RCA 1系統

出力インピーダンス
XLR:100Ω
RCA:47Ω

最大出力レベル
(1kHz、フルスケール信号入力、10kΩ負荷時)
XLR:5.0Vrms
RCA:2.5Vrms

周波数特性(192kHz PCM信号入力時):
5Hz〜55kHz(-3dB)

S/N比:115dB

歪率:0.0008%(1kHz)

デジタル出力出力
ES-LINK端子 1系統
入力信号形式:
リニアPCM(ES-LINKフォーマット)
352.8kHz/384kHz 48bit
DSD(ES-LINK4フォーマット)


XLR端子:1系統
入力レベル:5.0Vp-p
入力インピーダンス:110Ω

入力信号形式DUAL接続時
32〜384kHz、16bit〜24bit
リニアPCM(DUAL AESフォーマット)
32〜192kHz 48bit (ES-LINK3フォーマット)
DSD(ES-LINK1、ES-LINK2フォーマット)

入力信号形式SINGLE接続時
32〜192kHz、16bit〜24bit
リニアPCM(AES/EBUフォーマット)
DSD(ES-LINK1、ES-LINK2フォーマット)


RCA端子:2系統
入力レベル:0.5Vp-p
入力インピーダンス:75Ω
入力信号形式:32〜192kHz、16bit〜24bit
リニアPCM(IEC60958フォーマット)


光デジタル端子:1系統
入力レベル:-24.0〜 -14.5dBm peak
入力信号形式:32〜192kHz、16bit〜24bit
リニアPCM(IEC60958フォーマット)


i.LINK端子:2系統(6ピン、4ピン)S400
入力信号形式:
32〜192kHz、16bit〜24bit
リニアPCM
DSD


USB端子:1系統(B端子)
入力信号形式:
リニアPCM 32〜384kHz、16bit〜32bit
DSD 2.8MHz、5.6MHz

クロック入力

端子:BNC×2(WORD IN、10MHz IN)

入力インピーダンス 
IN 75Ω
10MHz IN 50Ω

入力可能周波数
CLOCK IN:
44.1、88.2、176.4、48、96、192kHz
22.5792、24.576MHz(±5ppm)

10MHz IN:10MHz(±5ppm)


入力レベル:
CLOCK IN TTLレベル相当
10MHz IN サイン波 0.5〜1.0Vrms

電源
100V AC50/60Hz

消費電力
14W

外形寸法
W445×H132×D448mm
(突起部含む)

質量
24kg

付属品
電源コード×1
HDMIケーブル×1
フェルト×4枚
取扱説明書×1
ご愛用者カード×1


※製品の仕様、規格および外観は改良のため予告なく変更する場合があります。

















 



プリアンプ
Grandioso C1


希望小売価格:2,500,000円/税別




<主な特長>

◆.  2 シャーシ・デュアル・モノブロック構成

     サウンドステージの透明感と、そこに一切のストレスもなく解放される音楽の躍動感。電源部を別ユニットとする2シャーシ・セパレート構造は「透明感」と「躍動感」を両立させる理想のコンストラクションと言えます。

     電源部をセパレートし、クリーンな増幅を可能にするとともに、総質量29kgに及ぶリニア電源は、音楽のエネルギーを余さずパワーアンプに伝え、システム全体を
    支配するパワーと躍動感を音楽に与えます。

     さらに、左右チャンネルの独立・同一化も徹底。増幅部はもとよりDCパワーサプライユニットに至るまで左右独立にこだわったC1は、ACパワーケーブルを含むすべてのコンポーネントをモノブロックで構成。

     あらゆる楽器が目前で正確に定位する感動は、ステレオ再生の命題に真摯に
    向き合ったアプローチの結晶です。





◆. メインユニット部

     メインユニットは、モノブロック・プリアンプモジュール2基とロジック系コントロールモジュールで構成。プリアンプモジュールは入力アンプと出力アンプを上下2層に
    重ねたモノブロック構成とし、信号経路の最短化を図りました。

     モジュールのマウント方法にもSACDプレーヤーの機構開発で培ったユニークな
    技術を採用し、サスペンションプレート(板バネ)を使ってモノブロック・モジュール
    2基をフローティングさせることにより、左右独立を徹底し、開放感にあふれた音質を獲得しています。 




     

◆. DCパワーサプライ部

     デュアルAC入力、デュアルDC出力とすることで、左右独立コンストラクションを
    徹底させたDCパワーサプライユニットは、合計で5つの大型電源トランス、大容量
    ブロックコンデンサー、SiC(シリコンカーバイド)ショットキーバリアダイオードなど、

     リファレンスモデルにふさわしい部品選定を行い、音質の向上に目覚ましい効果を発揮します。






◆.最新の回路テクノロジー。

     モノーラル構成となる回路ブロックは、フルバランス構成で、入力バッファー回路部、ボリュームコントロール部、ハイスピード出力バッファー回路部を3次元的に
    最短経路で接続する構造となっています。

     各回路ブロックに供給されるDCパワーサプライユニットからのクリーンで強力な
    電源は、パワーアンプを通しスピーカーを強力に駆動し、ダイナミズムとデリカシーを兼ね備えた音楽再生を可能にしています。


     

◆. 徹底したフルバランス構成

     入力系統(XLR×3系統、RCA×2系統)ごとに専用の入力バッファーアンプで信号を受け、ここから全段バランス構成としコモンモードノイズの除去と信号の低インピーダンス化をすることにより、ノイズの影響を受けにくくピュアな信号を最短経路で
    ボリュームアンプに伝送します。

     ボリュームもESOTERIC-QVCSを採用。ボリュームノブを回すことにより、コントロール信号は、左右チャンネル、さらに正・負ごとに独立させた合計4回路のラダー
    抵抗切替型ボリュームを一括連動。

     このシステムにより、無用なオーディオ信号の引き回しがなくなり、オーディオ信号の左右、正負の独立が保たれ、チャンネルセパレーションと位相特性に優れた
    クリアな音質を獲得しています。

    ※QVCS=Quad Volume Control System



◆.強力に駆動する出力バッファー回路ESOTERIC−HCLD。

      プリアンプには、ラインドライバーとして存分にパワーアンプを駆動させるドライブ能力と、ピアニッシモからフォルテシモまで音楽信号に含まれる広大なダイナミックレンジを不足なくパワーアンプまで伝える能力が不可欠。

     その鍵となるのは、電流伝送能力の高さとスピードです。出力バッファー回路には、電流出力能力が高く、応答速度を表すスルーレート2000V/μsという驚異的なハイスピードを誇る高性能素子を採用。

     バッファー回路は出力ラインごとに独立し、XLR出力の場合はホット/コールドそれぞれにシンメトリー構成とすることで、瞬間的な電流供給能力を最大化しています。





     バッファー回路の直近には新安定化電源として、EDLC(スーパーキャパシター)
    アレイを採用。

     小ぶりな外観からは想像すらできない、チャンネルあたり合計100,000μF(0.1F)の驚異的な容量を備えた安定化電源は、瞬発力の高い、揺るぎない低域再生を
    支えます。

     この2つの技術によりC1はプリ/パワー間の小電力伝送時に失われていた音楽のダイナミズムを復活させ、息を呑むほどのリアリティーで再現します。

    ※HCLD=High Current Line Driver
    ※EDLC = Electric Double-layer Capacitor




◆. ウルトラ・ローノイズ・ロジック コントロール

     ロジック系コントロール部は、フロントパネルに内蔵し、プリアンプモジュールとの接続には、フォトカプラを使用して、物理的、電気的なアイソレーションを徹底しています。

     また、操作時以外は、回路を完全停止することで、オーディオ回路に影響を与えない低ノイズ・オペレーションを徹底しています。




◆. 操作フィールドが際立つ、コントロール ノブ

     ボリュームノブと入力セレクターは、無垢のアルミブロックから削り出しで製造しています。各ノブの軸には、VRDSドライブメカのベアリング機構を応用することに
    より、芯ブレの全く無い高精度な回転を可能にしました。

     回転トルクの重さは最適に調整され、最高級プリアンプにふさわしい、
    滑らかでアナログフィールにあふれた操作感を実現しています。





◆. その他の機能

     5種類のボリュームカーブをプリセット。お好みに合わせた操作フィーリングを
    選択できます。

    ソースごとの音量差を解消するため、入力ごとにゲインを±18dB(0.5dBステップ)の範囲で調整可能。

    左右チャンネルの音量バランスを±6dBの範囲で調整可能(0.5dBステップ)。

    位相反転が可能なフェーズインバート機能は、ソース毎に個別の設定が可能。

    AVサラウンドとピュア2chを共存させた、システム環境に便利なAVスルー出力と
    通常のライン出力の切り替えが可能なRCA 2端子。

    ディスプレイに表示するソース機器名をリモコンでプログラム可能。

    ディマー機能、ミュート機能、ディスプレイの自動OFF設定等、各種機能を搭載。

    ESOTERIC SACDプレーヤーの操作も可能な高品位アルミ製リモコン付属。



 







< 主な仕様 >
アナログ入力
RCA 2系統
(RCA2は、AVプリ入力として使用可能)

XLR 3系統

入力インピーダンス:10kΩ

入力感度:定格出力時510mV

最大許容入力電圧:12V

アナログ出力

XLR 2系統

出力インピーダンス:
XLR 66Ω
RCA 47Ω

全高調波歪率:
0.0004%(XLR)
0.0006%(RCA)

周波数特性:
1Hz〜200kHz(-3dB)
3Hz〜50kHz(-0.2dB)

S/N比:116dB(2V入力、A Weight)

ゲイン:+12dB

定格出力:2V

最大出力レベル:
15V(XLR出力、1kHz、0.003%)
7.5V(RCA出力、1kHz、0.003%)

電源
100V AC50/60Hz

消費電力
25W

外形寸法
本体部:
W445×H132×D457mm(突起部含む)

電源部:
W445×H132×D451mm(突起部含む)

質量
本体部:21kg
電源部:29kg

付属品
電源コード×2
DC電源コード×2
リモコン(RC-1315)×1
リモコン用乾電池(単4)×2本
フェルト×8枚
取扱説明書×1
ご愛用者カード×1


※製品の仕様、規格および外観は改良のため予告なく変更する場合があります。


















モノーラル パワーアンプ
Grandioso M1


希望小売価格:1,600,000円/1台 (税別)


 
展示・体験試聴中


音の表情、交響する美しさ、
アーティストの情熱、ホールの空気感、
オーディエンスの熱気。


エソテリックの
「Master Sound Works = マスターサウンドワークス」は、

オリジナルマスターに捉えられた
音楽情報のすべてを
現代最高水準の技術で再現する
オーディオ理念です。








主な特長

◆.  音楽のダイナミクスを極限まで増幅する、
    2400W/1Ωのパワーリニアリティ。


     スピーカーのインピーダンスは、再生する周波数の変化に伴って、めまぐるしく変化しています。打楽器の衝撃と直後の静寂、連続する重低音など、インピーダンスが急激に下降し、ほとんど無負荷に近い状況が生まれることも珍しくありません。こうした負荷状況の激変に対して、つねにリニアに追随する電流供給能力がなければ、音楽のダイナミクスを表現し切ることはできません。

     M1は電流供給能力の源となる電源部に最大限の物量を投入し、8Ω負荷時
    300Wから1Ω負荷時に2400Wまで、理論値どおりのパワーリニアリティを達成。
    いかなる音量レベルにおいても音楽のダイナミクスを忠実に再生します。 




◆. 大容量カスタム電源トランス

     M1の驚異的なリニア・ハイパワーのパフォーマンスを決定付けているのが強力な電源部の設計です。とりわけ電源トランスは、アンプのサウンド・デザイン上も最も重要なファクターであると、ESOTERICは考え続けてきました。

     パワーアンプM1の圧倒的なパワーを支え、芳醇な音質の要となるカスタム電源トランスは、質量約18kg、コアサイズ3057VAの超大型トロイダルコアトランス。
     
     ESOTERICの伝統にのっとり、音質にこだわリを尽くしたベアマウント(ケースなしでマウント)仕様です。一次側から二次側へと瞬時に電力供給できるトランスの性能を最大限に活かすため、電源部のコンデンサーは、3,300μF×12パラレルで構成し、電圧チャージ時間を短くすることで、ハイスピードな音質に貢献しています。



◆. 驚異的なスピーカー駆動能力。

     電流に変換された音楽情報をスピーカーに送り込み、スピーカーユニットをドライブする。アンプのスピーカー駆動メカニズムは極めてシンプルですが、微弱電流から大電流までを扱うだけに、つねに音楽信号に忠実に、正確な駆動を行うことは、至難の業とも言えます。アンプの駆動能力を高めるためには、アンプの出力インピーダンスを極限まで下げる工夫が必要です。

     M1は低インピーダンス化のためのアプローチとして、増幅段に合計16本のバスバーを使用し、出力段のコイルをなくすなど、さまざまなノウハウを投入。シンプルな回路設計を極めました。

     結果として、ウーハー駆動能力の指針値ともいえるDF(ダンピングファクター)で、1,000という驚異的な数値を達成。駆動が難しいとされる大口径ウーハーも正確に制動し、最低周波数までのワイドレンジを量感たっぷりに、かつ正確に再生することができます。



     

◆. フルバランス構成の入力段で優れたS/Nを達成。

     信号増幅をおこなうパワーアンプの設計にあたって、ノイズの処理に最大限の配慮を注いだM1。ESOTERICがこれまでに培ってきた回路設計技術の集大成として、入念に設計されたフルバランス入力段が採用されています。


     入力系統(RCA×1、XLR×1)ごとに専用の入力バッファーアンプ(完全バランス設計)で信号を受け、増幅段までの信号経路を低インピーダンス・フルバランス伝送。コモンモードノイズを除去し、かつ信号経路でノイズの影響を受けにくくすることで、増幅段まで信号伝送の純度を保ち、優れた聴感上のS/N感を得ています。

     ノイズのないクリーンなシグナル増幅によって生まれる圧倒的な聴感上のダイナミックレンジは、スペック上の数値以上に大きな感動を約束してくれます。

     M1は、ハイパワーアンプならではのダイナミックな表現だけでなく、音楽のクライマックスと静寂の間にあるグラデーションを、より細やかに表現する極上の繊細さも兼ね備えたパワーアンプです。





◆.瞬間 34アンペアを誇る高性能バイポーラLAPTトランジスター。

     連続動作17アンペア、瞬間動作34アンペアという画期的な電流供給能力を誇る大型バイポーラLAPTトランジスター素子を採用。LAPT素子はハイパワーのみならず、高域特性に優れ、繊細な音色を生み出すことができます。




    ※LAPT = Linear Amplified Power Transistor 


     

◆. 3段ダーリントン回路、6パラレル・プッシュプル、2モジュール構成

     パワーアンプモジュールは、バイポーラLAPT素子を6パラレル・プッシュプルとした3段ダーリントン構成。バイポーラ素子の優れた高域特性を素直に引き出すため、パラレル数を極力減らしたシンプルな増幅回路としています。

     増幅段の部品点数を最小限に抑え、出力段のコイルをなくすなど、信号経路をピュアに保つ一方、バスバーを16本使用するなど、内部インピーダンスを低減する工夫を凝らしています。

     また、アルミダイキャスト製の大型ヒートシンク2基にマウントする2モジュール構成とすることで、排熱効率と安定性を高めています。  







◆.NFBを最少とし、躍動的でナチュラルな音質を実現。

     増幅回路を可能な限りシンプルに設計し、前段の裸ゲインを小さくすることで
    NFB(ネガティブ フィードバック)を最少とし、生命感みなぎるナチュラルな音質を実現しました。



◆. 独立電源の電圧増幅段。

     ドライブ段(電流増幅段)がスピーカーに供給する電力は、つねに激しく変動しています。その影響を一切受けぬよう、入力段から微弱な信号を受ける電圧増幅段(ドライブ段の前段)は、専用のトロイダル電源トランスと電源回路を装備。

     これにより前段への安定的な電源が確保され、大編成のフルオーケストラが奏するクライマックスでも、それぞれの楽器の繊細な表現力や解像度を高めることができます。





◆. 高インピーダンス 1MΩ入力。

     信号入力部は、1MΩの高インピーダンス設計。プリアンプの出力回路の負担を軽減し、あらゆるプリアンプの性能を存分に引き出すことができます。


◆. ハイグレードパーツを随所に投入。

     フラッグシップモデルにふさわしいハイグレードパーツを厳選して投入しました。
    高い信頼性とコンタクト性能を誇るXLR入力端子とESOTERICオリジナルのRCA入力端子。

     スピーカーターミナルは WBT社製 nextgen:WBT-0705Cu を採用。

     導体コア部分にピュアマテリアル(純銅+金メッキ)を使用し、高い導電性能と低い抵抗値を実現しました。

     さらに高周波特性に優れた低インピーダンスタイプの電解コンデンサー、トランジスターなど、特性を極め、試聴を繰り返して到達したハイグレード部品を随所に採用しています。





◆. 独創的なシャーシ構造。

     シャーシはESOTERIC伝統の2層式シャーシ構成。
    2mm鋼板の堅牢な内部構造体は、回路ブロックごとに専用コンパートメント化されており、最適な信号経路での配線と各回路間の相互干渉防止を徹底しています。

     ボトムシャーシには実に5mm厚の鋼材を採用。
    こうした完全ブロック化された内部構造体を、35mm厚アルミ材から削り出した
    フロントパネルと5mmアルミパネルで包囲し、ESOTERIC独自のピンポイントフットで4点支持。

    筐体の高剛性・無共振化を徹底しました。



     


 










< 主な仕様 >
定格出力

300W(8Ω)
600W(4Ω)

定格連続平均出力
1200W(2Ω)
2400W(1Ω ※音楽信号に限る)

周波数特性

5Hz 〜 100kHz (+0dB、-3dB、6Ω)

S/N比
122dB (IHF-A)

全高調波歪率
0.006% (1kHz、8Ω、300W)

適合最少インピーダンス


ゲイン
28dB

ダンピングファクター
1000

入力端子
RCA×1系統
XLR×1系統

入力インピーダンス
RCA:1MΩ
XLR:1MΩ

電源
100V AC50/60Hz

消費電力
520W
(無信号時20W)

外形寸法
W491×H221.5×D535mm
(突起部含む)

質量
約62kg

付属品
電源コード×1、
フェルト×4枚、
電源コード支持金具×1、
電源コード支持金具用ねじ×2、
取扱説明書×1、
ご愛用者カード×1


※製品の仕様、規格および外観は改良のため予告なく変更する場合があります。


 









ステレオ パワーアンプ
Grandioso S1


希望小売価格:2,000,000円/1台 (税別)



パワーアンプの極致をゆく

モノブロック M1 に続き、

技術を英知のすべてを継承し完結した

ステレオモデル S1。



エソテリックの
「Master Sound Works = マスターサウンドワークス」は、

オリジナルマスターに捉えられた
音楽情報のすべてを
現代最高水準の技術で再現する
オーディオ理念です。








主な特長

◆.  解き放つ音の生命、ハイパワーが生む躍動感と開放感。

     音楽との心地よい一体感の中で、聴き手はオーディオの存在を忘れる。
    楽曲の美を、奏者の熱気を、ホールの空気感を、ありのままに解き放つ比類ない
    音の臨場感、それはパワーアンプの出力ワッテージの余裕によって生まれます。

    強力な電源部をはじめとする、圧倒的な物量投入がもたらすハイパワー。

     モノブロックM1の思想を忠実に受け継ぐ、エソテリック最高峰のステレオ機S1は、
    すべての音を解き放ち、躍動する音楽を生命感豊かに伝えます。



     

◆. 圧倒的なダイナミクス、600W/2Ωのパワーリニアリティ

     スピーカーのインピーダンスは、再生する周波数の変化に伴って、めまぐるしく変化しています。打楽器の衝撃と直後の静寂、連続する重低音など、インピーダンスが急激に
    下降し、無負荷に近い状況が生まれることも珍しくありません。

     こうした負荷状況の激変に対して、つねにリニアに追随する電流供給能力がなければ、音楽のダイナミクスを表現し切ることはできません。

     S1は電流供給能力の源となる電源部に最大限の物量を投入し、
    8Ω負荷時150Wから2Ω負荷時に600Wまで、理論値どおりのパワーリニアリティを達成。

    いかなる音量レベルにおいても音楽のダイナミクスを忠実に再生します。



◆. パワーアンプの核、大容量カスタム電源トランス。

     S1の優れたパワーリニアリティを決定付けているのが強力な電源部です。
    とりわけ電源トランスは、アンプのサウンド・クオリティーを決定付ける最重要ファクター。

    「音の良いアンプはトランスが良い」という確固たる信念のもと、素材からコアサイズ、
    マウント方法に至るまで、エソテリックのノウハウを集結したカスタム仕様としています。

     圧倒的なパワーを支える2180VAの大型トロイダルコアを採用し、巻き線から左右チャンネルを独立させ、内部の5mm鋼板製のベース部にリジッドにマウントすることで、
    限りなくピュアな音質を追求しています。

     また、ベアマウント(ケースなし)仕様とすることで、ケースによる僅かな音質の劣化にも
    配慮しています。電源部のコンデンサーは、チャンネルごとに4,700μF×3パラレルでデュアルモノ構成。充放電時間をハイスピード化し、緩みの無い引き締まった音質を追求。

    電源部の配線はコネクターを使用せず、全て極太ケーブルをボルトで接続し、
    低インピーダンス化に磨きをかけました。 


     

◆. 大口径ウーファーも正確に制動、驚異のスピーカー駆動能力。

     電流に変換された音楽情報をスピーカーに送り込み、スピーカーユニットをドライブする。アンプのスピーカー駆動メカニズムは極めてシンプルですが、微弱電流から大電流までを扱うだけに、つねに音楽信号に忠実に、正確な駆動を行うことは、至難の業とも言えます。

     アンプの駆動能力を高めるためには、アンプの出力インピーダンスを極限まで下げる
    工夫が必要です。S1は低インピーダンス化のためのアプローチとして、全段でチャンネルごとに9本のバスバーを使用し、出力段のコイルを無くすなど、さまざまなノウハウを投入。
    シンプルかつワイドレンジな回路設計を極めました。

     結果として、ウーハー駆動能力の指針値ともいえるDF(ダンピングファクター)で、
    1000という驚異的な数値を達成。駆動が難しいとされる大口径ウーハーも正確に制動し、最低周波数まで量感たっぷりに、かつ正確に再生することができます。





◆. バランス構成の入力段で純度の高い信号増幅。

     信号増幅をおこなうパワーアンプの設計にあたって、ノイズの低減にも細心の配慮が
    されています。バランス設計の入力バッファーアンプで信号を受け、増幅段までの信号経路を低インピーダンス・バランス伝送。コモンモードノイズを除去し、かつ信号経路でノイズの影響を受けにくくすることで、増幅段まで信号伝送の純度を保ち、優れたS/N感を得ています。

     ノイズのないクリーンなシグナル増幅によって生まれる圧倒的な聴感上の
    ダイナミックレンジは、スペック上の数値以上に大きな感動を約束してくれます。

     S1は、ハイパワーアンプならではのダイナミックな表現だけでなく、音楽のクライマックスと静寂の間にあるグラデーションを、より細やかに表現する極上の繊細さも兼ね備えています。




     

◆. 瞬間 34アンペアを誇る、高性能バイポーラ LAPT トランジスタ

     連続動作17アンペア、瞬間動作34アンペアという画期的な電流供給能力を誇り、
    一般的なパワートランジスターの2倍近いサイズの大型バイポーラLAPT素子を採用。
    ハイパワーのみならず、高域特性に優れ、繊細な音色を生み出すことができます。

    ※LAPT=Linear Amplified Power Transistor
     





◆.M1に肉薄するスピーカー駆動力を発揮するLIDSC回路。

     モノブロックM1のパフォーマンスを犠牲にすることなく、ステレオ機を完成させるため、
    ドライブ段2段目から最終段への出力インピーダンスを下げ、電流供給能力を高める
    独自のLIDSC※回路を採用。

     電源電圧内で最大の振幅が得られ、歪を低減し、スペースファクターに優れた
    ステレオ機S1で、M1に肉薄するスピーカー駆動能力を獲得しています。

    ※LIDSC = Low Impedance Drive Stage Coupling



◆. NFB(ネガティブフィードバック)を最少とし、躍動的でナチュラルな音質を実現。

     増幅回路を可能な限りシンプルに設計し、前段の裸ゲインを小さくすることにより
    NFBを最少とし、生命感みなぎるナチュラルな音質を実現しました。

     



◆. 表現力と解像度を飛躍的に高める、独立電源の電圧増幅段。

     ドライブ段(電流増幅段)がスピーカーに供給する電力は、つねに激しく変動しています。その影響を一切受けぬよう、入力段から微弱な信号を受ける電圧増幅段
    (ドライブ段の前段)は、専用のトロイダル電源トランスと電源回路を装備。




     これにより前段への安定的な電源が確保され、大編成のフルオーケストラが奏する
    クライマックスでも、解像度を高め、それぞれの楽器の個性を繊細に描き出します。
    電圧増幅段とドライブ段はケーブルレスでダイレクトに結合され、増幅ロスを最小化しています。



     


◆. 特性と感性の両面から突き詰めたハイグレードパーツを随所に投入。

     フラッグシップモデルにふさわしいハイグレードパーツを厳選して投入しました。
    高い信頼性とコンタクト性能を誇るXLR入力端子とエソテリック・オリジナルの
    RCA入力端子、スピーカーターミナルはドイツWBT社製WBT-0702Cuを採用。


     さらに高周波特性に優れた低インピーダンスの電解コンデンサー、トランジスター、
    ハイスピードで整流ノイズの少ないMUSES SiC(シリコンカーバイド)ショットキーバリアダイオードなど、特性を極め、試聴を繰り返して到達したハイグレード部品を随所に採用しています。






     

◆. 精度と振動抑制を高次元で融合した独創的な、シャーシ構造。

     シャーシはエソテリック伝統の2層式シャーシ構成。2mm鋼板の堅牢な内部構造体は、
    回路ブロックごとに専用コンパートメント化されており、最短の信号経路で、
    各回路間の相互干渉防止なく信号を増幅することができます。

     また、内部構造体はリアパネルに至るまで左右分割され、デュアルモノ設計を
    徹底することにより、振動による左右チャンネルの相互干渉を防いでいます。

     理想的にブロック化された内部構造体を、35mm厚アルミ材から削り出したフロントパネルと5mmアルミパネルで包囲し、5mm鋼材を採用したボトムシャーシ、エソテリック独自のピンポイントフットで4点支持。筐体の高剛性・無共振化を徹底しました。



 







< 主な仕様 >
定格出力

150W + 150W(8Ω)
300W + 300W(4Ω)

実用最大出力
600W + 600W(2Ω)

周波数特性

5Hz 〜 100kHz (+0dB、-3dB、8Ω)

S/N比
115dB (IHF-A)

全高調波歪率
0.003% (1kHz、8Ω、150W)

ゲイン
29dB

ダンピングファクター
1000

入力端子
RCA×1系統
XLR×1系統

電源
AC100V 50/60Hz

消費電力
430W
(無信号時150W)

外形寸法
W445×H221.5×D497.8mm
(突起部含む)

質量
約47kg

付属品
電源コード×1、
フェルト×4枚、
電源コード支持金具×1、
電源コード支持金具用ねじ×2、
取扱説明書×1、
ご愛用者カード×1


※製品の仕様、規格および外観は改良のため予告なく変更する場合があります。

 


 









マスタークロック ジェネレーター
Grandioso G1


希望小売価格:1,600,000円/1台 税別)

 




求められるのは、

システムから最高の

パフォーマンスを引き出し、

「音楽をありのままに伝える」こと。

 

 Grandioso G1 は、

ESOTERIC の英知と技術、

そして情熱の全てを結集した

マスタークロックジェネレーター の

フラッグシップモデルです。

 

 

高精度ルビジウム発振器

(周波数精度:±0.05ppb=±0.00005ppm)を採用し、

「ワイドレンジ・クロックバッファーアンプ」、

「アダプティブ・ゼログラウンド回路」などの

新技術を投入し、更なる高度な

音楽表現をシステムから引き出します。





主な特長

◆.  マスタークロックジェネレーター

     全てのデジタルオーディオ機器は、クロック回路を搭載し、そこで生成するクロック信号を使って回路を動作させています。

    マスタークロックジェネレーターは、対応するクロック入力端子を備えたデジタル機器(トランスポート、D/Aコンバーター、スーパーオーディオCDプレーヤー、ネットワークオーディオプレーヤー)に対して、外部からクロックを供給する発振器です。

    デジタル機器が内部で生成するクロックよりもさらに高純度なクロック信号を供給することで、音質を向上させます。 



     

◆. 心臓部に超高精度なルビジウム発振器を搭載。

     極めて高精度な米国製ルビジウム発振器
    (周波数精度:±0.05ppb=±0.00005ppm)を採用。

    音質と安定度を最優先にし、ESOTERIC専用の品質管理を施したカスタム仕様とすることで、マスタークロックジェネレーターの最高峰モデルにふさわしい音質を実現しています。 

           



◆. 新設計ワイドレンジ・クロックバッファーアンプ搭載

     クロック出力は、従来よりも更にワイドレンジに進化した新設計「ワイドレンジ・クロックバッファーアンプ」を4つの出力系統ごとに独立して搭載。

    高度な正確性が要求されるデジタル波形の生成に最適な、高周波特性に優れた高速トランジスターを使ったディスクリート回路は、強力な電源部とともに、オーディオ専用発振器として音質の向上に大きく貢献しています。  


     

 

 

◆. 「アダプティブ・ゼログラウンド」モード対応の
   10MHzクロック出力を4系統装備


     10MHz正弦波クロック出力端子を4系統装備。

    クロック出力の基準電位となるグラウンドを常に0Vに保つ「アダブティブ・ゼログラウンド」モードを新たに装備。

    グラウンド電圧の変動によるノイズ(ランダムジッター)防止により高い効果を発揮します。

    背面のトグルスイッチで、出力端子ごとにアダプティブモード/ノーマルモードの切り替えが可能で、バッファーアンプの駆動方式の違いによる音質の違いをお好みでお選びいただけます。

    ※GrandiosoG1は10MHz出力専用となります。

    対応した機器以外との接続は出来ません。





◆. 余裕の電源供給力を誇る電源部

     新設計「ワイドレンジ・クロックバッファーアンプ」の性能を最大限引き出す新規設計の電源回路を搭載。

    バッファーアンプ4系統に対し、電源回路を4つに独立させ、チャンネルの独立性を高めています。

    また、アンプ部・電源部をブロック化し、最短経路で接続することでクリーン&パワフルな駆動を可能にしています。


    電源トランスは、大型トロイダル・トランスをメインとし、デジタル制御部には専用のEIコアトランスを採用した2トランス構成。

    平滑回路にはコンデンサーを複数組み合わせ、ショットキー・バリア・ダイオードを使うことで高速なデジタル処理にも俊敏に対応し、正確なクロック信号生成に貢献しています。 





     

◆. External 10MHz / 1pps IN装備

     GPS受信機などを外部入力端子に接続し、10MHzまたは1ppsの基準信号を外部から入力することもできます。

    衛星から受信した、より中心周波数精度の高いクロックに内蔵ルビジウムユニットを同期させ、オーディオ機器側に対しては外部GPS受信機内蔵の水晶発振器よりも安定性の高いルビジウム発振をおこなうことができ、高精度GPSシステムのメリットを最大限に活かせます。

     





◆.MIL規格SMAコネクター装備のカスタム同軸ケーブル採用

     重要な内部配線には、G1専用に音質を吟味したこだわりのカスタム同軸ケーブルによるハードワイヤリング接続を採用。

    コネクターには高周波伝送のために開発されたMIL規格準拠の金メッキSMAコネクター、確実なコンタクトを実現する真鍮削り出しのESOTERICオリジナルBNC端子を採用し、伝送ロスを極限まで抑えています。 






◆. 内蔵ルビジウムユニットのプリヒート機能

     電源ボタンをOFFにしたときにシステムを完全にシャットダウンするモード、内蔵ルビジウムユニットの通電のみ継続する推奨のプリヒートモードが背面のトグルスイッチで選べます。

    常時ルビジウムを暖機することで、電源投入から本来の性能を発揮するまでの待ち時間を短縮できます。

     



◆. シャーシ コンストラクション

     ルビジウムユニットは、高精度ゆえに外部振動の影響を受けやすく、デリケートです。

    そのため、シャーシコンストラクションも特別の配慮を行い、振動のコントロールを徹底しています。

    各コンポーネントを固定するボトムシャーシは、2枚の鋼板を使ったデュアルレイヤー構造を採用。


    電源トランスとその他のコンポーネントをそれぞれ別のレイヤーに固定し、立体配置することで、各コンポーネントの相互干渉を防いでいます。

    また、剛性の高い重量級肉厚アルミパネル・エンクロージャー、ESOTERIC独自のピンポイントフット(特許第4075477号)により、クロック精度に影響を与える微小振動を極小としています。




 







< 主な仕様 >
クロック出力

10MHz 出力端子
[10MHz OUT]4系統
 
端子 BNC

出力レベル サイン波
0.5±0.1Vrms/50Ω


基準周波数入力

[EXT IN]

入力周波数
Rb+EXT1pps モード 1pps 信号 (GPS精度以上)
Rb+EXT10Mモード 10MHz (GPS精度以上)

端子 BNC

入力レベル
10MHz サイン波:0.5〜1.0 Vrms/50Ω
10MHz 矩形波:1.5〜3.0Vpp/50Ω
1pps信号 正パルス、TTLレベル/10kΩ


クロック安定時間

電源オンから発振器安定まで 約10分

周波数安定度
±0.1ppb以内 (-20°C〜65°C)

周波数精度
±0.05ppb以内 (出荷時)(ppb=10-9)


電源
AC100V 50/60Hz

消費電力
74W(ウォームアップ時)、
23W (安定時)


外形寸法
W445×H132×D448mm


質量
23kg


付属品
電源コード×1、
取扱説明書×1、
ご愛用者カード×1



※製品の仕様、規格および外観は改良のため予告なく変更する場合があります。

 

 


 









インテグレーテッド アンプ
Grandioso F1


希望小売価格:2,000,000円/1台 税別)

 


Grandioso F1は、

フラッグシップならではの

贅沢なマテリアルをふんだんに採用した

ESOTERIC

インテグレーテッドアンプの

最高峰モデルです。

 





主な特長

◆.  次世代のシリコンカーバイド MOSFET
    「ESOTERIC MODEL200」


     音質の優れたディスクリートパーツは
    年々入手が難しくなりつつあります。

    自社一貫生産にこだわるESOTERICは、ブランドのプライドを賭け、新日本無線(株)とのコラボレーションにより、厳しい音質基準と性能を満たす自社専 用MOSFETデバイスの開発に着手。

    2年あまりの 歳月を費やし、ブランド初の自社専用MOSFET 「ESOTERIC MODEL200」を完成させました。


    「ESOTERIC MODEL200」は、次世代のパワーデバ イスと評価の高いハイテク素材、シリコンカーバイド (SiC)を使ったパワーアンプ出力段専用MOSFETデ バイスです。

    一般的なシリコンデバイスと比較して、 低容量・低損失のため、瞬間最大150A、連続78Aと いう驚異的な電流許容特性をベンチマーク。

    立ち上がりの早い大電流を自在に制御できるため、低域の駆動能力に優れ、力強い音楽再生を支えます。

    また、 トランジェントレスポンス(過渡応答特性)が大幅に 改善されたことにより、高域も付帯音が極めて少なく、 どこまでも伸びやかで瑞々しい表現力を誇ります。

    刻々と変化する音楽のダイナミクスに、力強く、そし て柔軟に、極めて自然に追随する、まさにフラッグシップに相応しい理想的なMOSFETデバイスです。


     

◆. フルバランス・プリアンプ

     Grandioso C1の流れを汲むフルバランス構成のプリアンプを搭載。

    ノイズに 強く、低インピーダンスで力強く、ピュアに信号を増幅することができます。




◆. デュアル モノーラル

     プリアンプからパワーアンプ最終段まで、全段L/R独立のデュアルモノーラル 構成を徹底。

    ESOTERICの一体型アンプとしては、過去最大級の物量を投入 した回路構成により、優れた音質とチャンネルセパレーションを獲得しました。


     

◆. 高音質な電流伝送「ES-LINK Analog」を装備

     通常のライン接続(XLR、RCA)のほか、
    ESOTERIC独自の伝送方式「 ES-LINK Analog」を新たに採用。

    ハイスピードで強力な電流供給能力を誇る 送り手側のHCLDバッファー回路の高性能を生かした電流伝送方式により、信 号経路のインピーダンスの影響を受けにくく、信号をピュアに力強く伝送するこ とが可能。

    対応機器との接続により、システムのポテンシャルを最大限に発揮す るアナログオーディオ伝送の理想的な方式です。

    ※2016年9月現在Grandioso K1に搭載。
    接続ケーブルは一般的なバランスケーブル(端子形 状: XLR)ですが、独自伝送方式のため、対応する機器以外ではご使用できません。



◆. ESOTERIC-QVCS

     バランス構成とデュアルモノ。

    この二つを高品位に両立させる独自の
    ESOTERIC-QVCSボリュームコントロール方式採用。

    L/R、正/負ごとに独 立させた合計4回路のラダー抵抗切替型ボリュームを電子制御で一括コントロール。

    信号のL/R、正/負の独立が保たれ、チャンネルセパレーションと位相特性 に優れたクリアな音質を獲得しています。

    また、オーディオ基板からボリューム 素子への配線をなくすことで、オーディオ信号経路を大幅に短縮し、音質の劣化 を防止し、低歪みを実現しています。

    ※QVCS=Quad Volume Control System




     

◆. ウルトラ・ローノイズ・ロジックコントロール

     全制御系統は、アイソレーター素子を使ってプリアンプ本体から電気的に分離 し、フロントパネル部に内蔵することで、ノイズ対策を徹底しました。 

     





◆.高精度ボールベアリング式コントロールノブ

     ボリューム、セレクターは、VRDSドライブメカの機構を応用した定評のベアリ ング方式を採用。

    芯ブレの全く無い、滑らかでアナログフィールにあふれた操作 感です。

    パネル、およびパネル上の全てのノブは、コストを惜しまず、アルミニウ ム無垢材から削り出しで製作し、フラッグシップモデルならではの気品に溢れた 造形美を形成しています。





◆. 独立電源のデュアルモノ・フォノイコライザー

     L/R独立電源・独立回路のデュアルモノ・フォノイコライザー(MM/MC)を搭載。

     



◆. 高品位ヘッドホンアンプ内蔵

     駆動が難しい高インピーダンスのハイエンドヘッドホンも十分駆動できるパワフ ルなヘッドホンアンプを搭載。

     


◆. 3バンド(TREBLE/MIDDLE/BASS)トーンコントロール

     ハイエンド機としてのクオリティーにこだわり、各バンド4回路(L/R、正/ 負)の デュアルモノ・バランス回路で構成。

    音質の劣化を気にすることなく音質調整が できます。

    トレブルとバスは、可変帯域を通常よりも高域/低域(14kHz / 63Hz) にシフトすることで、ソース本来の音色を大きく損なわない繊細な調整が可能。

    電子制御により、最大±12dBで0.5dBステップの精密なコントロールが可能。

     

◆. 次世代のシリコンカーバイド MOSFET
  「ESOTERIC MODEL200」 パラレル・プッシュプル構成

     ESOTERIC MODEL 200シリコンカーバイドMOSFETの優れた特性を素直に引き出す、新規設計のパラレル・プッシュプルClass Aパワーアンプ回路を採 用。

    贅沢なマテリアルと物量を投入しつつ、短い信号経路を実現するミニマル な回路構成、というESOTERICアンプのフィロソフィーを忠実に具現化し、ピュアな増幅とセパレート機にも肉薄するスピーカー駆動能力を獲得。



◆. バランス構成のパワーアンプ入力段

     パワーアンプの前段をバランス化。
    低インピーダンスでクリーンな増幅によって、 聴感上のダイナミックレンジがさらに高まります。



◆. パワーアンプの核、大容量カスタム電源トランス

     F1の優れたパワー、音質を決定付けているのが強力な電源部です。

    とりわけ電 源トランスはアンプのサウンド・クオリティーを決定付ける最重要ファクターです。

    F1は、コアサイズ1,000VAの大型カスタム・トロイダル電源トランスを採用。

    「音の良いアンプはトランスが良い」という確固たる信念のもと、素材からコ アサイズ、マウント方法に至るまで、エソテリックのノウハウを集結したカスタム 仕様としています。




    ブロックコンデンサーもチャンネルあたり10,000μF×4本 のデュアルモノ構成。

    配線は極太ケーブルをボルトで接続し、低インピーダンス 化を徹底。

    一般的なセパレートパワーアンプさえ凌駕する贅沢な電源部により、 8Ω負荷時30Wから4Ω負荷時に60Wまで理論値どおりのパワーリニアリティ を達成。

    音楽のダイナミクスを忠実に再生します。



◆. 低インピーダンス化で駆動能力を向上

     8本のバスバーは、1.0mmの肉厚な高純度OFC素材を贅沢に使用し、スピー カー出力部には機械接点を持たないMOSFET スイッチを採用するなど、低インピーダンス化で駆動能力を高めました。



◆. 3Dオプティマイズド・シャーシ構造

     堅牢な内部構造体で各回路ブロックを専用コンパートメント化し、立体配置する 「3Dオプティマイズド・シャーシ」採用。

    各回路の相互干渉を抑え、最短経路で 配線。

    肉厚アルミニウムによるシャーシ外装も妥協無く、セパレートモデルと同一の設計を踏襲することで、一体型アンプでは異例のヘビーコンストラクション を達成しました。

    シャーシをピンポイントフット(特許第4075477号)で4点支持。

    振動対策も徹底しています。



◆. オプションボードスロット装備

     オプションボードを追加できるスロットを1基搭載。

    DSD11.2MHz、PCM384kHz/32bit対応D/Aコンバーター
    (OP-DAC1) を追加できます。



◆. その他の特徴。

     有機EL ディスプレイ(ノーマル/ラージフォント切替)

    入力ごとにゲインを±18dBの範囲で調整可能(0.5dBステップ)

    L/Rバランス

    ソースごとに個別の設定ができる位相反転機能

    ESOTERIC SACDプレーヤーの操作も可能なアルミ製リモコン付属

    ディスプレイに表示するソース機器名をプログラム可能

    ミュート機能、ディマー機能、ディスプレイの自動OFF設定



 







< 主な仕様 >
出力

30W + 30W(8Ω)
60W + 60W(4Ω)
 

全高調波歪率
(1kHz、8Ω)

0.009%(30W)
 

周波数特性
(1W出力時 +0、-3dB)

10Hz - 160kHz
 

ダンピングファクター
100
 

適合最小インピーダンス

 

ゲイン
プリ部:24.5dB(最大)
パワー部:29dB
 

スピーカー出力端子
1系統


入力端子
ES-LINK Analog(XLR )×1系統、
RCA×3系統、
PHONO(MM/MC切替)専用 RCA×1系統、
XLR×2系統


消費電力
220W(電気用品安全法)
176W(無信号時)


外形寸法
W445×H191×D470mm
(突起部含む)


質量
30kg


 

※製品の仕様、規格および外観は改良のため予告なく変更する場合があります。

 


 










SACD/CD プレーヤー
Grandioso K1


希望小売価格:2,000,000円 税別)

 


Grandioso K1は、

フラッグシップならではの

贅沢なマテリアルをふんだんに採用した

ESOTERIC 一体型

スーパーオーディオCDプレーヤーの

最高峰モデルです。


 

 

 




主な特長

◆.  VRDS-NEO[VMK-3.5-20S]

     ESOTERICのメカトロニクスを結集したVRDSは
    スーパーオーディオCD/CDのディスク回転にターンテーブルを使用し、面振れをメカニカルに補正すること で、読み取り精度を格段に向上します。

    Grandioso K1が搭載したVRDS-NEO[VMK-3.5-20S]は、 スピンドルの軸受けに特別に選別された高精度ボールベアリングをペアで採用したほか、ミクロン精度のジュラルミン・ターンテーブル、20mm厚スチール製 ターンテーブル用ブリッジを搭載し、メカユニット単体 で実に5.2kg(リジッドベース含め12kg)の質量を実現しています。


    高磁束密度型マグネット駆動のコアレス3相ブラシレス・スピンドルモーター、銘機P-0の思想を発展させたスレッド送り制御、レーザー光がつね にディスクに垂直に照射される軸摺動型ピックアップなど、定評あるメカニズムをさらに磨き上げています。


     

◆. スピンドルサーボドライバー「VS-DD※」+専用 トロイダル電源搭載

     VRDS-NEOの心臓部にあたるスピンドルモーター の駆動用に、専用のスピンドルサーボドライバー VS-DDを搭載。

    VS-DDは3チャンネルのディスクリ ートアンプ回路で、モーターに供給する電流波形を最 適化することにより、振動を抑え、滑らかなスピンドル 駆動と、高精度なサーボ制御を可能としています。

    電 源部も専用のトロイダル電源を搭載し、ノイズアイソ レーション効果を高めています。

    ※VS-DD=VRDS Spindle Discrete Driver



◆. 一体型での最高峰を叶える新規設計 デュアルモノD/Aコンバーター

     D/Aコンバーター部は、Grandiosoラインでの一体型モデルに相応しい、贅を尽くしたプレミアム仕様。

    現時点で考え得る最高のマテリアルと回路技術を駆使した完全新規設計とすることで、高音質に磨きをかけました。

    デバイスには旭化成エレクトロニクス社 32bit プレミアムDACデバイスAK4497にハイエ ンドオペアンプ新日本無線MUSES 03を組み合わせて使用。

    チャンネルあたり差動8回路のパラレル/ ディファレンシャル回路構成とし、圧倒的なリニアリテ ィと低歪み化を実現。

    D/Aコンバーター部は、電源トランスも左右独立させ、チャンネルごとに8つの電源 レギュレーターを各回路の直近に配置し、クリーンで 安定性の高い電源供給能力を獲得しました。

    デジタ ル回路・アナログ回路のアイソレーションも従来以上に徹底させ、ピュアで定位感と奥行き感に富んだ迫 真の音楽再生を叶えています。



     

◆. 表現力際立つ「35bit D/Aプロセッシング」

     32bit DACデバイスを複数個組み合わせ、35bitの 高解像度でPCM信号をアナログ信号へ変換する 35bit D/Aプロセッシング・アルゴリズムを採用。




    35bitは24bitの2048倍の驚異的な高解像度。


    デ ジタル領域において、ハイビットデータの階調を活かし、演算誤差を最小にとどめ、忠実なアナログ変換 を行うことで、繊細な音楽信号まで際立つ表現力を 誇ります。



◆. 独自の電流伝送強化型出力バッファー回路、
   ESOTERIC-HCLD

     音楽信号に含まれる広大なダイナミックレンジを不足 なく下流まで伝えるため、アナログ出力回路にとって 最も重要なのは電流伝送能力の高さとスピードです。

    Grandioso K1はラインドライバーとしての極限の性能を追求。

    電流出力能力が高く、応答速度を表すスル ーレートが2,000V/μsという驚異的なハイスピードを 誇る高性能素子を採用。

    このバッファー回路をチャンネルあたり2回路搭載。


    XLR 出力の場合はディファレンシャル(差動)、RCA出力の場合はパラレル(並列)駆動させることで、瞬間的な電流供給能力を高めていま す。

    また、バッファー回路の安定化電源として EDLC=スーパーキャパシターアレイを採用。

    チャンネルあたり合計125,000μFの驚異的な容量を備えた電源は、揺るぎない低域を支え、息を呑むほどのリアリティーで音楽のダイナミズムを再現します。


    ※1: HCLD=High Current Line Driver

    ※2: EDLC = Electric Double-layer Capacitor




     

◆. 高音質な電流伝送「ES-LINK Analog」を装備

     通常のライン接続(XLR、RCA)のほか、ESOTERIC 独自の伝送方式「ES-LINK Analog」を新たに採用。

    ハイスピードで強力な電流供給能力を誇るHCLDバ ッファー回路の高性能を生かした電流伝送方式により、 信号経路のインピーダンスの影響を受けにくく、信号 をピュアに力強く伝送することが可能。

    対応機器との 接続により、システムのポテンシャルを最大限に発揮するアナログオーディオ伝送の理想的な方式です。

    ※2016年9月現在Grandioso F1に搭載。
    接続ケーブルは一般的 なバランスケーブル(端子形状:XLR)ですが、独自伝送方式のた め、対応する機器以外ではご使用できません。 

     





◆.ソースに合わせて多彩なD/D コンバート

     オリジナルFsでの再生に加え、PCMデジタル信号 を2/4/8倍にアップコンバートする機能を装備。

    さら に独自のアルゴリズムによるPCM>DSD変換機能 も備え、お好みで選択することができます。



◆.ハイサンプリング対応デジタル入力

     多彩な機器との接続を可能にする
    デジタル入力3系 統(USB×1、同軸×1、光×1)を装備。

    同軸、光入力は、 192kHz/24bitまでのPCM、DSD2.8MHz(DoP) 入力に対応しています。

     



◆. DSD11.2MHz、PCM384kHz/32bit、
    アシンクロナス伝送対応のUSB

     パソコンと接続するためのUSB端子を装備。ドライ バー、再生用ソフトウェア『ESOTERIC HR Audio Player』はホームページから無償ダウンロードできま す。

    DSD11.2MHz、PCM384kHz/32bitのハイ サンプリング再生とアシンクロナス伝送に対応し、ス タジオマスター・クオリティのソースも高品位に再生。

    DSDファイルは、PCMへの変換を行わないDSDネ イティブ再生が可能。

     


◆. VCXO高精度クロック搭載

     デジタル回路に正確な基準クロックを供給するクロッ ク回路は、デジタルプレーヤーにとってまさに心臓部。

    NDK社と共同開発したGrandiosoカスタムVCXO (電圧制御型水晶発振器)は、大型の水晶片を内蔵し、 低位相雑音が極めて少なく、最高峰モデルに相応し い優れた中心精度(±0.5ppm)を誇り、特別に選別 したデバイスのみを使用しています。

     

◆. クロックシンク機能で外部機器と同期再生

     Grandioso G1などの高精度マスタークロックジェ ネレーターと接続することで、本機の動作を外部から のクロック信号と同期させることができ、さらなるアッ プグレードが可能。

    入力可能周波数は、44.1/88.2/ 176.4kHzのほか10MHz、及び22MHzにも対応。

    USB入力時にも、外部クロックとの同期再生が可能です。



◆. 出力モード

     アナログ音声出力はES-LINK Analog、RCA、XLR から選択できます。

    XLRのピンアサインも2番HOT/3 番HOTの選択が可能。

    デジタル領域で位相反転を行 うため、無接点方式で音質の劣化がありません。


◆. シャーシコンストラクションと部品配置

     VRDS-NEOトランスポートメカニズムはセンター配置とし、5mm厚のスチール製ボトムシャーシに固定し て、独自のピンポイントフット(特許第4075477号)で 4点支持。

    これにより回転メカニズムの振動を効果的に 抑制しています。

    シャーシ内部はダブルデッキ(2階建て)構造とし、主にオーディオ基板を上層、電源回路やト ランス類を下層に配置することで、磁束漏れや振動などの影響を防ぐとともに電源供給の配線を最短化して います。

    K1は内蔵のモノーラルD/Aコンバーター2台、 デジタル回路、スピンドルサーボドライバー『VS-DD』 専用に合計4つの大容量トロイダルトランスを搭載し、 各回路ブロックへの理想的な電源供給能力を誇ります。



◆. 肉厚アルミパネル採用高品位リモコン付属
   (RC-1315)

     


 







< 主な仕様 >
再生可能ディスク

スーパーオーディオCD、CD、
CD-R、CD-RW 


アナログオーディオ出力
XLR×1系統(ES-LINK Analogとの切り替え)、
RCA×1系統
 

デジタルオーディオ出力
RCA× 1、XLR×1


デジタル入力
光デジタル×1、
RCA×1、
USB Type B×1(USB2.0 準拠)


クロック入力
BNC×1


消費電力 40W
外形寸法
W445×H162×D448mm
(突起部含む)


質量
約33kg


 

※製品の仕様、規格および外観は改良のため予告なく変更する場合があります。

 


 

CALL!!  お問い合わせ先
電話番号:086-286-0036
<代表>
E-Mail:
info@ac2.jp
営業時間:AM 10:00 〜 PM 7:00/水曜定休
《PM 7:00までにご来店の場合はPM 9:00まで延長可》