オリジナル・ノーチラス 進化形

VIVID AUDIO

GIYA G4

Sirio Blue
(シリオ ブルー) 


絶賛体験試聴中!


GIYA S2 シリ−ズ 


GIYA G4、GIYA G3 を更に飛躍させる・・・
AC2オリジナルベース完成!
販売価格 : 20万円(ペア/税別)






G4 発表試聴イベント報告。



 

    

PRICE 

SPECIFICATION


       



GIYA G3 のリリースから2年。

その間に、優れた小型スピーカーを
要望する声が世界中から上がっており、
設計者 Laudrence Dickie 氏は、
さらなる小型スピーカーの開発に着手いたしました。


ウーファーのエンクロージャーを
アブソーバーチューブで構成する手法は、
B&W オリジナル・ノーチラス スピーカーを開発して以来の
Laurence Dickie 氏の専売特許ですが、
低音部のディストーションを無くし、
透明無垢な低音を得るための優れた方式ですので、
このアブソーバーチューブをウーファーに採用することは当然のことです。

ウーファードライバーの口径とスペック、
それとエンクロージャー容積と、ポート部とのチューニングを
最適化させるシミュレーションを繰り返すことにより、
設計者 Laudrence Dickie 氏は、
このサイズで、
アブソーバーチューブを搭載することを実現させました。

まさにアブソーバーチューブの発明者である
Laudrence Dickie 氏の執念の賜物です。

結果、
完成した Laurence Dickie 氏の小型スピーカー G4 は、
GIYA シリーズの末弟として結実いたしました。



新開発ドライバー
C100 Low-Mid Driver & C125L Base Driver


スピーカーを小型化するための要は、
低音用ドライバーユニットの完成度です。

設計者 Laurence Dickie 氏は、
新たな小型スピーカーのために、
ローミッド用ドライバー C100S と
ベースドライバー C125L を新たに開発いたしました。

ローミッドドライバー C100S は、
G1 から G3 までの GIYA シリーズに使用している
C125S ローミッドドライバーと同じ磁気回路を使用し、
口径を小型エンクロージャーに最適化した専用ドライバーです。

強力なネオジウムマグネットによる
ロングギャップ・ショートボイスコイル方式により、
優れたディストーション特性を得ています。

ベースドライバー C 125L は、
口径からすると従来モデル、K1 や B1 で使用していた
ベースドライバーと同一ですが、
アブソーバーチューブエンクロージャー用に
最適チューニングをおこなった専用ドライバーです。

このドライバーも
ロングギャップ・ショートボイスコイル方式を採用しており、
アブソーバーチューブエンクロージャーとの相乗効果で
透明かつ、躍動感十分なベースサウンドを実現しています。


GIYA シリーズの要と言える、アブソーバーチューブ

ウーファー部にまで
アブソーバーチューブ・テクノロジーを採用しているのは
世界でも GIYA シリーズのみです。

しかも、
キャビネット内部の圧力を適切に調整する
左右対称のポート開口部によって、
ウーファーの背圧をコントロールすることにより
短いアブソーバーチューブでも、
十分な威力を発揮させることが可能になり、
共振共鳴の無いピュアなサウンドを
小型スピーカーでも実現しました。


ただのエンクロージャーでは絶対出すことのできない、
共鳴と共振が全く感じられないピュアなサウンドと、
圧倒的な低域のダイナミックレンジを、
この G4 GIYAで、ご確認ください。

   

<G4 ユニット仕様>

Tweeter Mid-range Mid-Bass Bass Unit
Type D26 Type D50 Type C100S Type C125L



最新シミュレーションによる
Mid-Lowアブソーバーチューブ




新たな GIYA 「G4」
世界初
発表!




G3 (H1161mm)、G4 (H1011mm)