VIVID AUDIO GIYA









D50 Mid Frequency UNIT に
チューブアブソーバーを連結

展 示 中


GIYA(G1・G2・G3・G4共通)
ミッドレンジ部
Type D50
(Patented)



D-26同様、
カテナリー曲線を持つ
アルミマグネシウム合金(※)ダイアフラムで、
880〜4kHz付近に設定し、設計されているが
使用帯域の2オクターブ以上の
20kHzまでフラットの特性を誇る。


カーボンファイバーリング採用。


「hign energy Neodymium
Iron Boron Material」と
呼ばれる8ピースに分割された
ネオジウムマグネットの超強力磁気回路。


ショートボイスコイル+ロングギャップ方式
ボイスコイル径50mmで
アルミニウムワイヤー・超軽量振動系により、
ユニット単体で100dB/1mの能率を誇る。


特殊磁性流体(コロイド溶液)を
ギャップに注入し冷却効率、
最大許容入力向上、

さらにダンピング効果、
センタリング効果と
ハイパワーハンドリング性能を獲得。


※ 5056系 Al-Mg系合金 航空機用