SACD ハイブリッド

これぞハイドン 120 面相。

ピリオド楽器演奏の常識を覆した、

ブリュッヘンと 18世紀オーケストラの名演、

世界初 Super Audio CD 化。   

 
ハイドン:交響曲集

フランス・ブリュッヘン(指揮)

18世紀オーケストラ  

(3枚組)

価格:10,833円(税別)
ESSD-90202/04[SACD Hybrid]
DSD MASTERING
Super Audio CD層:2チャンネル・ステレオ[マルチなし]
美麗豪華・紙製デジパック・パッケージ使用

大好評・販売中!



■ピリオド楽器によるオーケストラ演奏の常識を覆した指揮者ブリュッヘン  

 

フランス・ブリュッヘン( 1934 - 2014 )は、

1950 年代より演奏活動を開始し、

リコーダー(ブ ロックフレーテ)およびフラウトトラヴェルソによる

演奏の可能性を格段に広めたオリジナ ル楽器演奏の草分け的な存在であり、

かつその後半生においては指揮者としての才能 を花開かせた音楽家でした。

 

レオンハルト、 ビルスマ、アーノンクール、シギスヴァルト、 ヴィーラント、バルトルドのクイケン兄弟らとと もに、

第 2 次世界大戦後オランダを中心にヨーロッパで湧きあがった

オリジナル楽器演奏の研究と実践の牽引者の一人であり、

ブリュッヘンの卓越した技巧と千変万化する音色は、

それまで古めかしいイメージがつきまといがちだったバロック時代の作品のイメー ジを塗り替え、

現代に鮮烈 によみがえらすことになりました。

 

ブリュッヘンは 1960 年代にはテレフンケン・レーベルに、

1970 年代には SEON レーベ ルに数多くの録音を残したのち、

1981 年にはオリジナル楽器を使用したオーケストラ、 18 世紀オーケ ストラを組織して指揮者に転向し、

洞察力あふれる演奏で聴衆を魅了してくれました。

 




ブリュッヘンのもとに超一流奏者が馳せ参じた 18 世紀オーケストラ     

 

「リコーダーのライオン」とまで異名をとったブリュッ ヘンでしたが、

1981 年、「もうリコーダーの音楽はた くさんだ!」と、

同僚や後輩の優れたピリオド奏者たちに呼びかけて組織したのが 18 世紀オーケストラで した。

 

「これからは真の傑作にのみ 取り組みたい」と いうブリュッヘンの言葉に、

本当に自分が納得する音楽にのみ傾注し深めていきたいという強い意欲が表れています。

 

この時期に登場したピリオド楽器 オーケストラの多くは、録音の必要性から組織された団体でしたが、

ブリュッヘンの 18 世紀オーケストラは当初からコンサートでの演奏を眼目に活動しており、

コンサートマスターのルシー・ファン・ダール、 チェロのヴォウター・メラー、

トラヴェルソのコンラート・ヒュンテラー、リッカルド・カンジ、オーボエのクー・エビンゲ、

ティンパニのマールテン・ヴァン・デア・ ヴァルクらピリオド奏者の精鋭による、

ほぼ固定したメンバーで毎年演奏経験を積み重ね、鮮度と深みのあるサウンドを作り出したのです

(日本からも有田正広、鈴木秀美、若松夏美らが参加)。

 

1 シーズン に 2 回ほどのツアーを活動の軸に据え、

世界各国からブリュッヘンの音楽を慕って集まってくる音楽家たちと

じっくりとリハーサルに取り組んだ上で、

ツアーで同一プログラムを繰り返し演奏し、

日々その精度を高めていくという方法がとられていました 。

 





濃密かつユーモアあふれるハイドン     

 

18 世紀オーケストラという名前の通り、演奏レパートリーは 「 18 世紀の傑作に限定する」と言明し、

バッハを筆頭とするバロック音楽、

リュリやラモーのオペラからの組曲などフランス・ バロックの管弦楽曲と並び、

演奏活動の中心に据えたのが、 ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンなどの古典派の音楽でした。

中でもハイドンは、 1984 年の第 90 番を皮切りに「ロンドン交響曲集」、「パリ交響曲集」を網羅し、

最終的には 1998 年までに第 82 番以降の 22 曲の交響曲と協奏交響曲、「天地 創造」を録音として残したのでした。

今回の 3 枚 組はその中からニックネームの付いた作品を中心に 8 曲が選ばれています。

通常のオーケストラのコンサートだと前座程度にしか扱われないハイドンの交響曲ですが、

ブリュッヘンと 18 世紀オーケスト ラによる演奏では、

それこそプログラムのメインに据えることで作品と真剣に向き合い、

生き生きとした推進力でハイドンが盛り込んだ機知やユーモアを巧みに表出するのみならず、

緩徐楽章では濃密で奥深いファンタジーさえ も感じさせてくれるのです。

 

 


最高の状態での Super Audio CD ハイブリッド化が実現      

 

ブリュッヘンと 18 世紀オーケストラの旧フィリップス録音は、

ほとんどがそれぞれのツアーの最後に、

オランダのユトレヒト(アムステルダムから南東に電車で約 30 分の場所で、

古楽音楽祭でも知られています)にある

フレーデンブルフ音楽センターのメイン・ホールで行われるコンサートのライヴという形で行われていました

(一部アムステルダム・コンセルトヘボウやナイメヘンのコンサートホールも使用)。

 

ここは客席 1700 を擁する珍しい正八角形のホールで、綿密なリハーサルを重ねた上でツアーを行い、

ツアーで繰り返し演奏して演奏内容を深めたところで、

理想的な音響を誇る会場で録音するという流れが取られていました

(この建物全体は 2014 年に全面的に建て替えられ、

「ティヴォリ・フレーデンブ ルフ」と改称されたものの大ホールは

現在でも旧音楽センターのメイン・ホールをそのまま継承しています)。

 

録音のプロデュースを担っていたのは、 60 年代から独 EMI のプロデューサーとして活躍し、

70 年代から 80 年代にかけては REFLEXE レーベルでピリオド楽器演奏による画期的名盤を次々に世に送り出し、

ピリオド楽器演奏のムーヴメントを世界的なものにした立役者の一人、ゲルト・ベルクで、

18 世紀オーケストラの マネージャーであるシューヴェルト・フェルスターも

レパートリーの選択や編集の面 で録音に深く関わっています。

 

オーケストラ全体のサウンドを、豊かで自然なホールの響きと共 に捉えながら、

オーケストラの各パート(特に木 管、トランペット、ティンパニ)の個性的なソノリティを埋もれさせない手腕は

ヴェテランならでは といえるでしょう。

もともとがデジタル録音であり 発売以来特にリマスターが施されたことはなかったため、

今回は初めての DSD リマスタリングとなります。

 

今回の Super Audio CD ハイブリッド化 に当たっては、これま で同様、

使用するマスター テープの選定から、最終的なDSD マスタリング の行程に至るまで、

妥協を排した作業が行われています。

特に DSD マスタリングにあたっては、

DA コンバーターとルビジウムクロックジェネレーターに、

入念に調整された ESOTERIC の最高級機材を投入、

また MEXCEL ケーブルを惜しげもなく 使用することで、

オリジナル・マスターの持つ情報を余すところなくディスク化することができました 。

 

 

 



「実に見事に整った即興曲集」     

 

「ブリュッヘンが指揮するハイドンからは、作曲者が音楽に込めた多彩な要素全てが素晴らしく血肉化して聞こえる。

神秘さ、溌溂さ、悲哀、驚き、憧れ、勇壮さ、ユーモア、威厳、軽妙さ、落ち着き、意外 性などなど

「なんと様々な情趣がハイドンの音楽には盛り込まれていたことか!」と改めて感動し、

「もっ ともっとハイドンを聴きたい!」という気持ちにさせる。」

「ブリュッヘンは、いわゆるオリジナル楽器を使う 40 人余りのオーケストラで、

ハイドンの世界に独特の和と安らぎを持ち込んだ。

きらびやかな効果を狙わないその演奏は、清純にして簡潔。

それでいて音 楽的に魅力があり、聴き手に正面から誠実に迫ってくる。

きっちりと組み上げてある渋いハイドン。」

 (『 ONTOMO MOOK クラシック名盤大全 交響曲編』、 1998 年)

 

 

 「ブリュッヘンの演奏からは、作品と演奏に真摯に取り組み姿勢が熱く伝わってくる。

われわれはハイ ドンの交響曲が多彩な魅力を秘めた傑作であることを、

実際に音で確信することができるのである。

オリジナル楽器ならではの多彩な響きにより精妙な表現が素晴らしく、

ハイドンの交響曲の壮麗さや溌溂 とした生命力など、

すべてに非常に斬新な魅力が輝いている名演である。」

 (『ク ラシック不滅の名盤 800 』、 1997 年)

 

 

 「どの交響曲もその中に潜むハイドンの快活な精神を見事に浮き彫りにし、

何よりも聴く者の心を引き つけて放さない魅力を持った演奏ばかりである。

 18 世紀オーケストラの古楽としての響きも古色蒼然としたものではなく、

むしろこの時代の作品にうってつけの響きの軽さや多彩な音色でもって

曲それぞれの持ち味を自在に引き出していく。

この演奏を聴いていると、ハイドンの巧みな技の虜になってしまうだ ろう。」

(『クラシック不滅の名盤 1000 』、 2007 年)

 

 

「パターン化された表現に 陥りがちなハイドンの仕掛けを、無尽蔵にして卓越したアイデアで表現し、

新鮮で快い響きを与えてくれている。

同時にそれは 18 世紀オーケストラのふくよかなサウンドと相俟っ て、

人間的な温もりとユーモアに富んだハイドン像を描き出している。

どの曲もライヴに生き生きとした 感興に満ちている。」

(『最新版 クラシック名盤大全 交響曲・管弦楽曲編[上]』、 2015 年)

 



■収録曲

 

ヨーゼフ・ハイドン( 1732 - 1809 )交響曲集

 

 DISC 1

交響曲 第 88 番 ト長調 Hob.I:88 《V字》

 1 第 1 楽章 アダージョーアレグロ

2 第 2 楽章 ラルゴ

 3 第 3 楽章 メヌエット(アレグレット)

 4 第 4 楽章 フィナーレ(アレグロ・コン・スピーリ ト)

 

交響曲 第 92 番 ト長調 Hob.I:92 《オックスフォード》

5 第 1 楽章 アダージョーアレグロ・スピリトーソ

 6 第 2 楽章 アダージョ

 7 第 3 楽章 メヌエット(アレグレット)

 8 第 4 楽章 プレスト

 

交響曲 第 94 番 ト長調 Hob.I:94 《驚愕》

 9 第 1 楽章 アダージョーヴィヴァーチェ・アッサ イ

 10 第 2 楽章 アンダンテ

 11 第 3 楽章 メヌエット:アレグロ・モルト

 12 第 4 楽章 フィナーレ:アレグロ・ディ・モルト

 

 

DISC 2

交響曲 第 96 番 ニ長調 Hob.I:96 《奇跡》

 1 第 1 楽章 アダージョーアレグロ

2 第 2 楽章 アンダンテ

3 第 3 楽章 メヌエット:アレグレット

4 第 4 楽章 フィナーレ:ヴィヴァーチェ・アッサ イ

 

交響曲 第 100 番 ト長調 Hob.I:100 《軍隊》

 5 第 1 楽章 アダージョーアレグロ

6 第 2 楽章 アレグレット ]

 7 第 3 楽章 メヌエット(モデラート)

 8 第 4 楽章 フィナーレ(プレスト)

 

交響曲 第 101 番 ニ長調 Hob.I:101 《時計》

9 第 1 楽章 アダージョープレスト

 10 第 2 楽章 アンダンテ

 11 第 3 楽章 メヌエット(アレグレット)−トリオ

 12 第 4 楽章 フィナーレ(ヴィヴァーチェ)

 

 

DISC 3

交響曲 第 103 番 変ホ長調 Hob.I:103 《太鼓連打》

 1 第 1 楽章 アダージョーアレグロ・コン・スピーリ ト

2 第 2 楽章 アンダンテ・ピウ・トスト・アレグレット

3 第 3 楽章 メヌエットートリオ

 4 第 4 楽章 フィナーレ(アレグロ・コン・スピーリ ト)

 

交響曲 第 104 番 ニ長 調 Hob.I:104 《ロンドン》

 5 第 1 楽章 アダージョーアレグロ

6 第 2 楽章 アンダンテ

7 第 3 楽章 メヌエット(アレグロ)

 8 第 4 楽章 フィナーレ(スピリトーソ)

 

 [録音] 1988 年 11 月(第 88 番)、 1995 年 1 月 29 日〜 31 日(第 92 番)、

 1993 年 5 月(第 96 番)、 1990 年 6 月(第 100 番)、

 1990 年 10 月(第 104 番)、ユトレヒト、フレーデンブルフ音楽センター

1992 年 3 月(第 94 番)、ユトレヒト、フレーデンブルフ音楽センターおよびナイメヘン、コンサートホール

 1987 年 3 月(第 101 番)、アムステルダム、コンセルトヘボウ

1987 年 11 月(第 103 番)、ナイ メヘン、コンサートホール

 

 [初出] 第 88 番: 4220222 ( 1988 年 / 第 86 番とのカップリング)

 第 92 番: 4540492 ( 1996 年 / 第 91 番とのカップリング)

第 94 番・第 96 番: 4381522 ( 1995 年)

第 100 番・第 104 番: 4340962 ( 1992 年)

第 101 番・第 104 番: 4222402 ( 1988 年)

 

[日本盤初出] 第 88 番: PCD - 25 ( 1989 年 12 月 25 日)

第 92 番: PHCP5343 ( 1996 年 1 月 25 日)

第 94 番・第 96 番: PHCP - 5314 ( 1995 年 5 月 25 日)

第 100 番・第 104 番: PHCP - 5101 ( 1993 年 1 月 25 日)

第 101 番・第 103 番: 32CD850 ( 1989 年 1 月 25 日)

 

 [オリジナル・レコーディング]

 [ A&R プロダクション]シューヴェルト・フェルスター(第 88 番・第 100 番・第 101 番・第 103 番・第 104 番)、

アンソニー・ フロイド(第 94 番・第 96 番)

 [レコーディング・プロデューサー]ゲルト・ベルク(第 88 番・第 92 番・第 101 番・第 103 番)、

シューヴェルト・フェルスター (第 94 番・第 96 番)、

ゲルト・ベルク、ハルトヴィヒ・パウルセ ン(第 100 番・第 104 番)

 [レコーディング・スーパーヴァイザー]ゲルト・ベルク(第 94 番・第 96 番)

 [バランス・エンジニア / レコーディング・エンジニア]ディック・ヴァン・シュッペン、エヴァ・ブランケスポール

 [エディター]ディック・ヴァン・シュッペン、エヴァ・ブランケスポール、シューヴェルト・フェルスター

[ Super Audio CD プロデューサー] 大間知基彰(エソテリック株式会社)

 [ Super Audio CD リマスタリング・エンジニア] 杉本一家( JVC マスタリングセンター ( 代官山スタジオ ) )

 [ Super Audio CD オーサリング] 藤田厚夫(有限会社エフ)

 [解説] 諸石幸生 増田良介

 [企画・販売] エソテリック株式会社

[企画・協力] 東京電化株式会社