JVC
 
臨場感あふれる映像美


3D
対応 D-ILA シネマ・プロジェクター





JVC 「DLAーX700R」

生産完了






超解像度 4K テクノロジー e-shift 3 搭載。

ダイナミック コントラスト 1,200,000 :1

キセノンランプ光源色のシュミュレート等、幅広い色再現性。

豊富な画質モードを搭載。

レンズを保護する電動スライドカバー機能搭載。





スクリーンの存在すら忘れてしまう、

その場に映像が浮かび上がるような体験。


観る者を包み込み、

その世界に身をおいたような、不思議な没入感。


2Kでは体験しえない、

4Kならではの新しい感動がここにあります。




JVCの映像処理技術は、

作品それぞれの微妙なニュアンスや

映像特性までも表現し、

よりリアルで臨場感あふれる

4K映像(3840×2160)を

ホームシアターで、

お楽しみいただけます。





 



<主な特長>


◆. JVCが実現する超解像度 4K テクノロジー 「e-shift3」 搭載。

     JVCでは独自のe-shift テクノロジーにより、D-ILAデバイス(1920×1080)の1画素を、
    斜めに0.5画素シフトすることで解像度を倍増して、4K映像(3840 x 2160)を実現しています。



    そして今回の、「e-shift3」は、
    新しいD-ILAデバイスに最適化することにより、精細感が一段と向上しました。

    JVCの超解像度4Kなら画面のすみずみまで高精細で臨場感溢れるダイナミックな映像をお楽しみいただけます。

    4K 24p/60p 信号に対応。(HDMI ×1入力端子のみ)

    ※3D時の解像度は1920×1080 となります。


 

◆.JVC独自の新開発 D-ILA デバイス 搭載。

     4Kの超高解像度に対応するため、独自開発のD-ILA デバイスを進化させました。

    画素間の狭ギャップ化や画素の平坦化を図ることにより、高輝度、高コントラスト化を実現するとともに、4K 高解像度の再現に適した、格子が目立たない緻密な映像表現を可能にしました。

              

    D-ILA(Direct-drive Image Light Amplifier)とは、
    JVCが独自に開発したLCOS(Liquid Crystal On Silicon,反射型液晶)方式による
    表示デバイスの名称です


     
    第6世代 D-ILAデバイス
    従来 0.5μm → 0.3μmに狭ギャップ化
    反射効率もアップ

     

◆. 映像処理技術 マルチプル ピクセル コントロール。

     フルHD解像度の映像を4Kプロジェクターで美しく再現するには、優れた映像処理技術が欠かせません。

    JVCは、独自の画像処理アルゴリズムによる映像処理技術をさらに進化させた新開発4Kスケーリングエンジンを搭載し、フルHD映像を高精細かつ高画質な4K映像へ変換します。




    < Multiple Pixel Control >

    広範囲で高精度の画像検出や8バンドのフィルタリングに加え、
    フレーム適応型のフィルタリングや映像生成を行なう「オートモード」を追加することで、様々な映像シーンに最適な高精細映像を実現させました。

    複雑な画質設定をすることなく、美しく臨場感あふれる4K映像をご体感いただけます。


    < ワイドレンジ画像成分検出 >

    画像成分の検出範囲を従来の6×6ピクセルから21×21ピクセルへと10倍以上に
    大幅に拡大、フレーム内にて幅広い信号帯域の検出を可能にしました。
    微細な情報ももれなく検出し、より自然でリアルな映像を実現します。


    < 高性能フィルター処理 >

    検出帯域分割を従来の2バンドから8バンドに細分化した高性能フィルター処理を行い、様々な帯域に応じた高精細な映像表現を可能にしています。


    <映像特性に適した映像生成>

    高精度な検出結果にもとづき、背景ぼけやフォーカス感をダイナミックに独立制御することが可能になり、自然で立体感のある表現豊かな4K映像を生成します。



◆.驚異のダイナミック コントラスト。

     独自のD-ILA デバイスと偏光性能を高めた新ワイヤグリッドを採用した光学エンジンに
    より、ネイティブ コントラスト 120,000:1 を実現しました。

            

     さらに、入力映像を独自のアルゴリズムで解析し、黒レベルを自動制御する新開発の
    「インテリジェント・レンズ・アパーチャー」と、明暗差の表現力を高める「クリアブラック」に
    より、1,200,000:1 のダイナミックレンジを実現しました。


     ネイティブコントラスト性能が優れているからこそ実現できる、リアリティあふれた感動の高画質映像をお楽しみいただけます。


     

◆. 純度の高い色再現を可能にする高輝度1300ルーメン

      光の利用効率を高めた新デバイスを採用した新光学エンジンにより、
    1300ルーメンの明るさを確保しました。

    実使用に適した光学設計により、常に色純度の高い明るく美しい映像を
    実現します。



◆. 独自の色再現技術 リアルカラー イメージング テクノロジー

     JVCが開発した色再現技術「Real Color Imaging Technology」は、
    幅広い色再現性を実現し、キセノンランプの色温度再現や、新たに専用カラープロファイルを設けることにより、色再現性を飛躍的に高めた画期的な色再現技術です。

     「Real Color Imaging Technology」の搭載により、オリジナル素材にきわめて忠実な
    色再現を実現します。


    <幅広い色再現域 x.v. Color に対応>

    Adobe RGB, DCI を超える幅広い色再現域を保有し、
    再現が難しい木々の多彩な緑や、移り変わる海の色などフィルム本来の微細な色再現を実現しています。 さらに広色域の x.v.Color にも対応。

    4Kオリジナル映像の豊かな色調で美しい4K映像をお楽しみいただけます。

    ※AdobeはAdobe Systems Incorporatedの米国およびその他の国における登録商標または商標です。





◆. 写真の質感を再現するPhotoモード搭載

     画質モードに新たに「Photo モード」を搭載しました。

    写真の微妙な質感や色彩を微細に再現し、
    迫力ある大画面写真をお楽しみいただけます。



◆.豊富な画質モードを採用。

    映像を特長づける色空間情報に着目し、映像が持つ色表現の詳細情報を
    正確に把握したことで、専用の「カラープロファイル」を生み出すことに成功しました。


    ◆フィルム1: Eastman Kodak Company の映画フィルム特性に近似した
             色空間です。

    ◆フィルム2: 富士フィルム株式会社の映画フィルム特性に近似した
             色空間です。

    ◆フィルム3: テクニカラー(3色法)で制作されたフィルムをもとに、
             デジタルリマスタリングされた作品に適した色空間です。 

    ◆シネマ1: 映画特有の豊かな色彩の色空間です。

    ◆シネマ2: DCI規格に近似した色空間です。 

    ◆アニメ1: CGアニメに適した色空間です。明るい色彩のアニメ向き。

    ◆アニメ2: セル画アニメに適した色空間です。淡い色彩のアニメに向き。 

    ◆ビデオ: TV/ドラマ/スポーツなどに適した色空間です。 

    ◆ステージ: コンサートや舞台作品などに適した色空間です。

    ◆AdobeRGB: フォト用 AdobeRGB規格の色空間です。

    ◆THX: THX規格の色空間です。 

    ◆スタンダード: HDTV規格の色空間です。


    <3D映像 信号時>

    ◆3Dフィルム: フィルムで撮影された3Dの映画に適した色空間です。 

    ◆3Dシネマ: フィルムで撮影された3Dの映画に適した色空間です。  

    ◆3Dアニメ: 3Dアニメの鑑賞に適した色空間です。  

    ◆3Dビデオ: 3Dビデオ素材に適した色空間です。  

    ◆3Dステージ: 3Dコンサートや3D舞台作品などに適した色空間です。

    ◆3Dフォト: 3D写真素材に適した色空間です。 

    ◆3D THX: THX規格の色空間です。 

    ◆スタンダード: HDTV規格の色空間です。

    ※DCI: Digital Cinema Initiative の略
    ※HDTV: High Definition Television の略
    ※AdobeRGBとはAdobe社が定義した広色域の色空間です。
    AdobeとはAdobe Systems Incorporatedの米国及びその他の国における登録商標または商標です。



◆.映画館仕様のXenon ランプ光源色をシュミレート。

     映画館で使用されているXenon( キセノン) ランプの光源色をシミュレーションして
    設定されたXenon モードを用意。

     これにより高効率の超高圧水銀ランプを使用しながら、映画館の上映フィルムと同様の発色でお楽しみ頂けます。


 

◆.クリア モーション ドライブ3 搭載。

     独自の残像低減技術「クリア・モーション・ドライブ」を一新。

     動き検出アルゴリズムや高速LSIの採用により、動きの速いシーンなどに発生する
    残像感を大幅に低減しました。
     
     4Kや3D映像にも対応し、さまざまな動画映像を滑らかに鮮明に再現します。


 

◆.高性能 オールガラス レンズ採用。

     ED(特殊低分散)レンズを含む15群17枚のオールガラスレンズを採用した
    高性能 2倍電動ズームレンズを搭載。

     フォーカス性能を向上させるとともに、色収差・色にじみを大幅に低減し、
    高精細で奥行き感のある映像投射を可能にしました。

     さらにアパーチャー機能により、16段階で好みの明るさに調整でき、
    より深みのある黒の表現が可能です。


     



◆. ピクセル アジャスト機能

     「ピクセルアジャスト機能」は、映像の色ずれを1/16画素単位細かく調整。画面全体を121 ポイントに分割しての調整も可能なので、映像全体において色ずれのないクリアな
    映像をお楽しみいただけます。設定値は2種類記録することが可能です。

 

◆.7軸カラーマネジメント

     R(赤)、G(緑)、B(青)、Cy(シアン)、Mg(マゼンタ)、Ye(イエロー)」に
    Og(オレンジ)を追加し、7軸の色相/彩度/明度の調整を実現しました。

    Og(オレンジ)を追加する事により、人肌などの再現領域を簡易的に選択することが
    可能となりました。

    さらに調整時には、選択している色だけがカラー表示されますので、
    操作性も向上しています。

 

◆.ピクチャートーン

     独自開発の「ピクチャートーン」は、複雑な画質調整をすることなく、
    自動的に「ガンマ」、「コントラスト」、「明るさ」のバランスをとりながら、
    設置環境に応じたお好みの明るさを±16段階で調整することが可能です。

 

◆.D-ILAの高画質な、3D映像。

     明るく色鮮やかな3D映像を実現する独自の「面一括駆動方式」に加え、
    新D-ILAデバイスを採用した光学エンジンにより、3D映像がさらに明るくなりました。

    「クロストークキャンセル機能」等の3D映像調整機能も搭載し、D-ILAならではの
    クロストークの少ない高画質な3D映像をお楽しみいただけます。



    方式は、左眼、右眼用の映像を交互に表示する「フレームシーケンシャル」を採用。

            

    その映像を左右のレンズが交互に開閉する「3Dアクティブシャッターメガネ」で
    見ることで、臨場感ある3D映像が楽しめます。


    ブルーレイ 3Dディスクなどの「フレームパッキング」や、
    放送などに使われている「サイドバイサイド」、「トップアンドボトム」などの
    様々なフォーマットに対応します。


    120Hz駆動とD-ILAならではの「面一括書き込み」技術により、
    明るく、クロストークの少ない高画質な3D映像を実現しています。


    「面一括駆動方式」は一括で映像を書きこめるため、3Dメガネのシャッターが
    開いている時間が長くでき、明るい3D映像を実現しています。


    左目用と右目用の映像信号を解析し、クロストークの発生しやすい明暗差を
    独自のアルゴリズムで補正することによりクロストークを大幅に軽減することが
    可能なクロストークキャンセル機能を搭載。

    自然でクリアな映像は目にも優しく、
    より高画質な 3D映像をお楽しみいただけます。


    個人差がある視差に対応し、左目用の映像と右目用の映像の左右方向を
    調整(視差調整機能)することで違和感の少ない、より自然な立体感を実現します。


    映画制作などで実績のあるJVCの業務用3Dイメージプロセッサ「IF-2D3D1」の
    「2D-3D変換機能」を、ホームプロジェクター向けにチューニングして搭載。

    TV放送や家庭用ビデオカメラなどで撮影された2D映像を3D映像に変換できるので、
    手軽に立体映像をお楽しみ頂けます。

    ※3D映像の視聴には別途、3Dメガネと、3Dエミッターが必要となります。

 

◆.レンズシフト機能

     上下80%、左右34%までの広範囲なレンズシフト機能により、設置の自由度が広がります。

    2倍電動ズーム&フォーカスレンズを搭載し、高性能モーターにより微妙な倍率調整や
    フォーカス調整が簡単に行えます。

    プロジェクターを傾けて設置する際に生じる台形の歪みを補整する
    「デジタルキーストン補整機能」も搭載しています。(2D映像時のみ対応。)

 

◆.電動スライドカバー

     天吊りや手の届きにくい高所設置時に、離れた場所からのリモコン操作で、
    自動開閉できる電動スライドカバーを搭載。

     レンズへのホコリ付着を抑えるとともに、未使用時はシャッターが閉じているので、
    お部屋インテリアにもなじみます。


 

◆.別売りオプション


    3Dメガネ 『PK-AG3』 価格 15,000円/税別
    RF(電波)方式 、充電タイプ、使用範囲 約10M


    3Dシンクロエミッター 『PK-EM2』 価格 10,000円/税別
    ワイヤレス(本体直接接続)

    天井取り付け金具 『EF-HT13』 価格 52,000円/税別

    交換用プロジェクターランプ 『PK-L2312U』 価格 24,000円/税別












16:9 (HD-TV) 投影距離
(スクリーンからプロジェクター レンズ先端までの距離)
16:9
サイズ
100インチ
120インチ
130インチ
140インチ
150インチ
180インチ

距離
3.01〜6.13M3.62〜7.36M3.92〜7.98M4.23〜8.60M4.53〜9.22M5.45〜11.07M



< 主な仕様 >
デバイスパネル
0.7型D-ILAデバイス(1920×1080) ×3

e-Shift3テクノロジーによる解像度
3840 x 2160 (3D時の解像度は1920×1080)

※4096×2160p入力時、
3840以上の情報については、
左右均等に非表示となります。
レンズ
2倍 電動ズーム・フォーカスレンズ、
f=21.4mm〜42.8mm、 F= 3.2〜4

光源用ランプ
NSH 230W
(ランプ寿命:ランプ低モード時で約4,000時間)

輝度
1300ルーメン

コントラスト比
ダイナミック コントラスト 1,200,000 :1

ネイティブ コントラスト 120,000 :1


レンズシフト量
上下80%、左右34%(電動)

対応ビデオ信号
480p/576p/720p 60/50,
1080i 60/50,1080p 60/50/24,
3840×2160p 60/50/30/25/24,
4096×2160p 30/25/24

※4096×2160p入力時、
3840以上の情報については、
左右均等に非表示となります。

PC入力(HDMI)
VGA/SVGA/XGA/WXGA/FWXGA/
WXGA+/SXGA/WXGA++/WSXGA+/WUXGA

入出力端子
HDMI入力 2系統

RS-232C(D-Sub9)
LAN ×1
TRIGGER 1系統
3Dシンクロ端子

電源電圧
AC100〜50/60Hz

消費電力
360W

通常待機時:7W

エコモード待機時:0.4W

本体重量
15kg

本体寸法
455(W)x 179(H)x 472(D)mm

駆動音
約21dB
※ランプモード 低モード時

※製品の仕様、規格および外観は改良のため予告なく変更する場合があります。

D-ILA素子は高精度技術で製造されていますが、
0.01%以内で画素欠けや常時点灯する画素がありますので、
あらかじめご了承ください。

光源ランプは消耗品のため保証の対象外となります。


<3D視聴に関するご注意>

・3Dの見え方には個人差があります。

・体調がすぐれない時、3D映像を視聴中に
疲労感・不快感など異常を感じた場合には、
3Dの視聴は中止してください。

・3D映像の視聴年齢については、
視覚機能が発達し終える、およそ5〜6歳以上を目安にしてください。