screen  research logo

Clear Pix Motorized Screen
電動 サウンド・スクリーン





  • 驚異の音響透過特性を実現しました。
  • フローティングタブテンション機能により優れた平面性を実現。
  • 繊維構造のためサウンドホールの必要がなく、モアレ(干渉縞)を極限まで抑えています。
  • 反射光を吸収するブラックバッキングレイヤー(BBL)を標準装備。
  • 取付けが便利なスライディングブラケットを採用しています。
  • 赤外線ワイヤレスリモコンが付属しています。
  • 高級感のあるケースは、使用する場所に応じてホワイトとブラックから選択できます。





    <TFX フローティング・タブテンションシステム>

  • シワの発生しないフラットなスクリーン
  • 年月が経過しても、スクリーンのゆがみが発生しない
  • 均一にウエイトをかける構造で、ローラーアセンブリーの変形が生じない
  • 側面のテンションが可変でき、サイズに関係なく生地の弾力性を保つ

     タブテンションは、スクリーンを正しく下ろし歪ませない事が目的で、垂直と横方向にスクリーン生地を引っ張り平面性を確保します。
  • そのため、通常はスクリーンの下部におもりを付け、そのおもりとスクリーン両サイドをケーブルで止めるやり方をします。これにより、垂直の力の一部を側部の力に変え、スクリーンの両方向にテンションをかけます。

     しかし、この方法では十分ではありません。スクリーンサイズが大きくなったり、生地が硬くなれば、側部への力を得るために更に大きなおもりが必要となり、構造バランスが不安定となりローラーアセンブリーを破損しかねません。

     それらを解消するため、「Screen Research」のTFXフローティング・タブテンションシステムは二つのおもりを利用します。一つのおもりの内部にもう一つのおもりが入った構造で、一つは垂直方向へ、もう一つは横方向へテンションをかける機能を果たします。

    稼動の際は、二つのおもりが一つのユニットとして動くため安全で、かつ重さの効率がよくローラーへのダメージを防ぐ最適な構造になっています。



    <Black Backing Layerとは>

    Clear Pix2の生地裏に、Clear Pix2と同素材の黒いサウンドスクリーン生地を重ねた 2重構造の仕様です。

    Clear Pix2はその高い音響透過性と引き換えに光も透過してしまうため、スクリーン背面の壁やスピーカーには暗い色のものをご用意して頂く必要がありました。

    Black Backing Layerの黒生地を加えることにより、背面からの光を吸収し、TVディスプレイとの併用や、艶のあるエンクロージャーのスピーカーをセンタースピーカーとしてお選び頂くことが可能です。

    2重になったことによる音の減退も最小限に抑え、音質、設置環境で妥協することなく多様なシーンでの使用が可能になります。

    音響透過特性








    Clear PIX2 16:9 →Screen reserch
    16:9 (HD)イメージサイズ(WxHxR)上黒マスク型式
    サイズ税込価格
    126インチ
    138インチ
    149インチ
    161インチ
    172インチ
    184インチ
    OPEN
    OPEN
    OPEN
    OPEN
    OPEN
    OPEN
    2794×1572×3206
    3050×1715×3497
    3302×1857×3789
    3556×2000×4080
    3810×2143×4371
    4064×2286×4663
    254mm
    254mm
    254mm
    254mm
    254mm
    254mm
    MS2-126-178-2W-B-J
    MS2-138-178-2W-B-J
    MS2-149-178-2W-B-J
    MS2-161-178-2W-B-J
    MS2-172-178-2W-B-J
    MS2-184-178-2W-B-J







     

  •