JVC 

レーザー光源 4K HDR 対応 DLPプロジェクター



JVC 「LX-NZ3」

オープン価格

カラー:ブラック、ホワイト

2019年 12月中旬 発売予定。

レーザー光源技術「BLU−Escent」を採用。

高輝度3000ルーメンと約20,000時間の長寿命を両立。

HDR(High Dynamic Range)、 HLG自動切換対応。

HDRを最適な画質に自動調整するオート・トーン・マッピング機能。

4K信号 18Gbps、HDCP2.2対応

上下60%、左右23% レンズシフト機能。

コンパクトサイズ W405×H145.8×D341mm 6.3kg

 

16:9 (HD-TV) スクリーンへの投影距離表>
スクリーン生地からプロジェクターのレンズ先端までの距離となります。
16:9
サイズ
80インチ
100インチ
110インチ
120インチ
130インチ
140インチ
対応距離 2.40〜3.84M 3.00〜4.80M 3.30〜5.28M 3.60〜5.76M 3.90〜6.24M 4.20〜6.72M

※レンズシフト量: 上下60%、左右23%

投写距離は実際の距離と誤差のある場合があります。(許容誤差±5%)




<主な特長>

0.47型DMDを採用し、

明るく色鮮やかな4K高精細映像を実現。



明るいDLP投写方式に0.47型DMDデバイスを採用したLX-NZ3は、

フルHDの4倍の解像度を持つ

4K解像度(3840 x 2160)を余すことなく精細に表示します。

明るく色鮮やかな高精細4K映像により、

その場にいるような臨場感や奥行き感を楽しめます。

 

 

レーザー光源採用

3,000ルーメンの高輝度

 

レーザー光源技術「BLU-Escent」を採用したLX-NZ3は

高輝度3,000ルーメンを実現し、リビングなど、

完全に遮光できない環境でも高品位な映像を気楽に楽しめます。

 

通常、ランプ光源のプロジェクターの場合、

光源寿命が短いため定期的な交換が必要です。

 LX-NZ3は「BLU-Escent」レーザー光源による

約2万時間の長寿命で寿命を気にすることなく

シアターライフを楽しめます。

 

 

レーザー光源は光出力の制御が瞬時に行えるため、

従来の機械式絞り(アパーチャー)に比べ、

遅延の少ないダイナミックな明るさ調整が可能です。

 

そのため、本機も映像シーンの明るさに応じて

レーザーの出力を制御することで、

より人間の知覚に近い映像を再現できます。

 

また、全黒信号の入力時には、

レーザーの出力をコントロールすることで∞:1の

コントラストも実現※しています。

※特定の画質モードでのみ有効です。

 

 

 

映像のリアリティが向上する/b>

HDR(ハイダイナミックレンジ)に対応

HDR(ハイダイナミックレンジ)とは、

明るいところと暗いところの輝度差(ダイナミックレンジ)が

広い映像で、従来表現できなかった

きらめきや暗部のディテール、本来あるべき色など、

リアル感を忠実に再現する技術です。

 

LX-NZ3では、UHD-BDや

ストリーミングサービスで採用されているHDR10方式に加え、

放送などで採用が進んでいる

HLG(ハイブリッドログガンマ)方式にも対応し、

リアリティ感あふれる映像を実現します。

 

加えて、本モデルではそれぞれの信号を検知すると

自動的に最適なピクチャーモードに切り替わるため、

難しい設定なしにHDRコンテンツをお楽しみいただけます。

 

 

 

 

「オートトーンマッピング」機能

 

LX-NZ3にはHDR10コンテンツを最適な画質に自動調整する

独自の「オートトーンマッピング機能」を搭載。

 

コンテンツのMaxCLL/FALL※1といったマスタリング情報を基に、

自動的に最適な明るさを設定。

さまざまな明るさのコンテンツを難しい調整なしに

最適な映像で視聴を楽しんでいただけます。※2

 

※1:Max CLL(Maximum Content Light Level

コンテンツの明るさの最大値)     

Max FALL(Maximum Frame Average Light Level

フレーム毎の平均最大輝度)

※2:マスタリング情報が含まれないコンテンツの場合には、

固定値もしくはマニュアルでの調整となります。

 

 

 

4K信号にフル対応した18Gbps&

HDCP2.2対応のHDMI端子を搭載

 

4K/60p 4:4:4や、

4K/60p 4:2:2/36bit、4K/24p 4:4:4/36bitなど、

18Gbpsの伝送帯域に対応した

フルスペックの4K映像入力が可能になり、

より色鮮やかな色調表現と

より豊かな階調表現を実現します。

 

さらに、動画配信サービスや

UHDブルーレイ等の

著作権保護コンテンツの再生を可能にする

HDCP2.2にも対応しています。

※ HDCP 2.2対応は、

HDMI 1入力端子のみとなります。

 

 

コンパクトサイズ

 

横幅約40センチ、奥行き約34センチのコンパクトサイズ。

リビングルームなどでの天吊り設置や棚置き設置など

スペースをとらず手軽に設置が可能です。

W405×H145.8×D341mm

6.3kg

 

 

 

幅広いレンズシフト搭載

 

レンズシフトが搭載されていないプロジェクターでは、

台形補正を使って設置したりしますが、

電気的な補正をかける為、

せっかくの高解像度パネルでも

画質が大幅に低下してしまいます。

 

上下60%、左右23%の

幅広いレンズシフトが可能なので、

画質低下させることなく設置が可能です。

 

 

 

高解像度オールガラスレンズを搭載

 

4Kの解像度をフルに活かすため、

オールガラスを採用した高性能レンズを搭載しました。

1.6倍ズームに対応しているため、

100型の場合、3m〜4.8mの間で設置可能です。

コンパクトな筐体に幅広いレンズシフト範囲、

ワイドなズームレシオが加わることで、

スペースが限られた部屋でも

フレキシブルに設置が可能です。



 

16:9 (HD-TV) スクリーンへの投影距離表>
スクリーン生地からプロジェクターのレンズ先端までの距離となります。
16:9
サイズ
80インチ
100インチ
110インチ
120インチ
130インチ
140インチ
対応距離 2.40〜3.84M 3.00〜4.80M 3.30〜5.28M 3.60〜5.76M 3.90〜6.24M 4.20〜6.72M

※レンズシフト量: 上下60%、左右23%

投写距離は実際の距離と誤差のある場合があります。(許容誤差±5%)



< 主な仕様 >
表示デバイス
0.47" DMD(1920×1080)


解像度
3840×2160


レンズ
1.6倍手動ズーム・フォーカスレンズ
f = 14.3 〜 22.9mm、F1.809


光源
レーザーダイオード

ダイナミック
コントラスト

∞:1


明るさ

3000ルーメン


レンズシフト
上下60%、左右23%(手動)


入力端子
HDMI ×2
(HDCP2.2 対応×1, HDCP1.4 対応×1)

コンピューター ×1(D-sub 15pin)


出力端子
USB Type A 1(電源供給 5V/1.5A)

トリガー 1(ミニジャック、12V/0.1A)


制御端子
RS232C ×1(D-sub 9pin)
 
USB Type B(mini) ×1(サービス用)


電源電圧
AC100V 50/60Hz


消費電力
360W(待機時:0.5W)


本体重量
6.3kg


本体寸法
W405×H145.8×D341mm


駆動音
29dB/34dB(エコ/標準)

※製品の仕様、規格および外観は改良のため予告なく変更する場合があります。