KEF <R  Series


新しいKEF Rシリーズは完全に一から作り直されました。

上位モデルReferenceシリーズで培ったデザイン、テクノロジーを搭載。

前モデルの R シリーズから1,043項目に及ぶ改善・変更を施した全面新規設計。

KEFが長年培ってきた「原音再生」技術を結集した

第12世代 点音源 Uni-Qドライバーを搭載しています。







<フロア型>

R11  R7          R5 



<ブックシェルフ型>

R3



<センター型>

R2c 



<イネーブルド型>

R8a






  







<New R シリーズ テクノロジー>




UNI-Qドライバー



KEFのUni-Qドライバの進化は、


Rシリーズで12代目に達します。


シミュレーションと解析ツールを使用するKEFのエンジニアは、

Uni-Qのドライバー間の小さな隙間の共鳴をカットすることによって

カラーレーションを劇的に減らすことに成功しました。


その結果、

より純粋でより正確なサウンドが得られました。

 








SHADOW FLARE



Shadow Flareは

有害な高周波キャビネット回折効果をカットするための革新的な方法です。


これは、Uni-Qのウェーブガイド効果を拡張しています。

 「シャドウ領域」がキャビネットの端に達するのを阻止するので、

高音は自然に拡散されます。


その結果、ディテールの再現が大幅に改善されました。



 

 






キャビネット ブレーシング


 
しっかりしたキャビネット構造は


素晴らしいサウンドには欠かせません。


新しいRシリーズは、

コンストレインド・レイヤーダンピング技術を搭載しています。


このシステムは、

振動を劇的に減衰させるダンピング材で結合された内部ブレース構造を採用し、

原音再生に不要な振動を消散させるのに非常に効果的です。




 






ベース・ドライバー



Rシリーズのベースドライバは、

ペーパーコーンの上に

浅い凹型のアルミニウムスキンが付いた2部構造です。


この剛性とコーンのユニークなジオメトリを組み合わせると、

理想的なピストン運動に近づけることが可能となり、

低域のパンチとスピードが向上します。


New Rシリーズは磁気回路のリニアリティも向上させているので、

よりインパクトのある低音が得られます。
 

 





ポート テクノロジー

深くて明瞭な低音を生み出すために、

ポートデザインは非常に重要です。




Rシリーズのポートは計算流体力学を使用して、

各ポートのフレアとプロファイルが乱流の発生を減少するように計算され、

柔軟なポート壁が共鳴による中域のカラーレーションを防ぎます。






デザイン



Rシリーズの形状はスピーカーの機能として必要なものです。

ドライバーユニットを固定する金具類は全て消し込まれていますので、

あなたが見るのは美しい、きれいな外装だけです。




Rシリーズは2つの滑らかな光沢仕上げ

またはリアルウッド仕上げがあります。




そして、KEFのトーン・オン・トーンスタイルは

キャビネットからドライバー、リング、フット部

すべてに渡ってカラーマッチされています。





グリル


Rシリーズはグリルがあってもなくても

最高のサウンドを発揮するよう設計されています。




マイクロファイバーグリルのデザインは、

KEFにとって初めてのもので、美しく見えるだけでなく、

パフォーマンスにほとんど影響を与えません。


グリルにおいてもトーン・オン・トーンのデザインを追求し、

表面は非常になめらかなスエード仕上げです。





 





KEF 「R11
 

カラー:ブラックグロス、ホワイトグロス、ウォルナット

価格: 638,000円(ペア・税込)




  







R11

<搭載ユニット>
125mm アルミニウム UNI-Q
(25mm ベンテッド アルミニウム ドームトゥイーター)
165mm ハイブリッド アルミニウム ウーファー ×4

形式:3ウェイ・バスレフ型
再生周波数帯域: 30Hz 〜 50kHz(−6dB)
周波数レスポンス: 46Hz 〜 28kH(±3dB)
音圧レベル: 90dB(2.83V/1m)
インピーダンス: 8Ω (最小 3.2Ω)
クロスオーバー周波数: 400Hz、2.9kHz

寸法: W310.6×H1295.5×D383.5mm(台座含む)
質量: 37.7kg














KEF 「R7
 

カラー:ブラックグロス、ホワイトグロス、ウォルナット

価格: 528,000円(ペア・税込)





R7

<搭載ユニット>
125mm アルミニウム UNI-Q
(25mm ベンテッド アルミニウム ドームトゥイーター)
165mm ハイブリッド アルミニウム ウーファー ×2

形式:3ウェイ・バスレフ型
再生周波数帯域: 33Hz 〜 50kHz(−6dB)
周波数レスポンス: 48Hz 〜 28kH(±3dB)
音圧レベル: 88dB(2.83V/1m)
インピーダンス: 8Ω (最小 3.2Ω)
クロスオーバー周波数: 400Hz、2.9kHz

寸法: W310.6×H1108.9×D383.5mm(台座含む)
質量: 31.4kg














KEF 「R5
展示・体験試聴中!
 

カラー:ブラックグロス、ホワイトグロス、ウォルナット

価格: 418,000円(ペア・税込)




 






R5

<搭載ユニット>
125mm アルミニウム UNI-Q
(25mm ベンテッド アルミニウム ドームトゥイーター)
130mm ハイブリッド アルミニウム ウーファー ×2

形式:3ウェイ・バスレフ型
再生周波数帯域: 38Hz 〜 50kHz(−6dB)
周波数レスポンス: 52Hz 〜 28kH(±3dB)
音圧レベル: 87dB(2.83V/1m)
インピーダンス: 8Ω (最小 3.2Ω)
クロスオーバー周波数: 400Hz、2.9kHz

寸法: W271.6×H1071.4×D343.5mm(台座含む)
質量: 27.3kg











KEF 「R3
 

カラー:ブラックグロス、ホワイトグロス、ウォルナット

価格: 308,000円(ペア・税込)











R3

<搭載ユニット>
125mm アルミニウム UNI-Q
(25mm ベンテッド アルミニウム ドームトゥイーター)
165mm ハイブリッド アルミニウム ウーファー

形式:3ウェイ・バスレフ型
再生周波数帯域: 38Hz 〜 50kHz(−6dB)
周波数レスポンス: 58Hz 〜 28kH(±3dB)
音圧レベル: 87dB(2.83V/1m)
インピーダンス: 8Ω (最小 3.2Ω)
クロスオーバー周波数: 400Hz、2.9kHz

寸法: W199.6×H422.2×D335.5mm
質量: 13.5kg





「KEF S2 Floor Stand」


価格
57,200円(税込) /ペア

カラー: カーボンブラック、ミネラルホワイト
、チタニウムグレイ

H657×W226×D308mm、4.85kg
(上部プレート:W154×D190mm)



上部プレートには、しっかりと固定できるボルト穴付き。



S2フロアスタンドは、スピーカーからの音を最高の状態に保ち、

ピュアな音が部屋中に広がる様、UKのエンジニアチームによって設計されました。

それはドライバーユニットの高さを最適化し、

スチールの土台とアルミニウムの支柱が、しっかりとスピーカーを支えるのです。



支柱内にスピーカーケーブルを収納可能。













KEF 「R2c
 

カラー:ブラックグロス、ホワイトグロス、ウォルナット

価格: 154,000円(税込)







R2c

<搭載ユニット>
125mm アルミニウム UNI-Q
(25mm ベンテッド アルミニウム ドームトゥイーター)
130mm ハイブリッド アルミニウム ウーファー ×2

形式:3ウェイ・密閉型
再生周波数帯域: 64Hz 〜 50kHz(−6dB)
周波数レスポンス: 74Hz 〜 28kH(±3dB)
音圧レベル: 87dB(2.83V/1m)
インピーダンス: 8Ω (最小 3.2Ω)
クロスオーバー周波数: 400Hz、2.9kHz

寸法: W550×H175×D308.5mm
質量: 16.9kg













KEF 「R8a
 

カラー:ブラックグロス、ホワイトグロス

価格: 162,800円(ペア・税込)








R8aはサラウンドまたはリアスピーカーとしても機能する、

天井の反射音を利用するドルビーアトモス イネーブルド スピーカーです。




適用範囲が広いR8aは壁に取り付けたり、

または他のスピーカーの上に置くことができます。


  

R8a

<搭載ユニット>
130mm アルミニウム UNI-Q
(25mm ベンテッド アルミニウム ドームトゥイーター)

形式:2ウェイ・密閉型
再生周波数帯域: 96Hz 〜 19.5kHz(−6dB)
周波数レスポンス: 105Hz 〜 18.5kH(±3dB)
音圧レベル: 86dB(2.83V/1m)
インピーダンス: 8Ω (最小 4.2Ω)
クロスオーバー周波数: 2kHz

寸法: W174.6×H173.8×D259mm
質量: 4.45kg






        








KEF 「KF92
 

カラー:ブラック


価格: 253,000円(税込)




KF92 サブウーファーは、

コンパクトで省スペースなデザインと、

スピードの速い、深い低音を再生するよう設計されています。


フォースキャンセリング ツイン23cmドライバーを駆動する

トータル1,000Wの高出力アンプを内蔵。

KEF独自のDSP処理技術 Music Integrity Engine(TM)によって

最適なチューニングを施されたKF92は、

驚くべき深さ、ダイナミクス、ディテールを再現します。





フォースキャンセリング技術は、

2つのドライバーが互いに反対に配置されることにより反力が相殺されるため、

キャビネットの振動が最小限に抑えられます。

これにより、コンパクトなサイズから最大110dBの音圧レベルを再生します。


   




対向する2つのドライバーを持つことは、

2つのボイスコイルを持っていることを意味します。

KEFのベントドライバー技術と相まって更に放熱効果が高まり、

非常に歪みの少ない低音再生、パワーハンドリング、

ダイナミックレンジが飛躍的に向上しました。





KF92専用に2つの23cm KEFドライバーが新開発されました。

アルミニウム/パルプ材のハイブリッドコーン、

大型フェライト磁気回路、大口径ボイスコイルを搭載しています。

それらは非常に低い歪みと高解像度再生に寄与し、

大音量でも非常にクリアな低音を再生します。





KEF独自のDSP処理技術 Music Integrity Engineは、

アンプ、ドライバー、キャビネットの音響特性を最適化し、

様々な部屋やシステムにもシームレスに対応します。






KF92は、非常に高出力な

1,000WのクラスDアンプ(各ドライバーに 500w x2)を搭載しています。

更に原音再生のために、タイミング精度と動的レスポンスを改善する

DSP処理技術を採用しています。







コンパクトな密閉ボックス構造により、

セッティングのしやすさと低音のスピードとクリアさを高い次元で両立しています。

高い放熱効果を実現する美しいヒートシンクも

こだわりのデザインのひとつです。




方式 フォースキャンセレーション

ドライブユニット 23cm x2 ドライバー

可変ローパスフィルター 40Hz – 140Hz

 LFE 入力
RCA ピン
スピーカーレベル入力

消費電力 1000W

電源 100V, 50/60 Hz

最大音圧 110dB

周波数特性(-3dB) 11Hz - 200Hz

アンプ形式 Built-in Class D

最大出力 1000W RMS (2 x 500W RMS)


外形寸法 (H x W x D)  352.5 x 330 x 360.5mm
バックパネル、フット込み

質量 20 Kg








KEF 「KC62
 


カラー:カーボンブラック、ミネラルホワイト


価格: 187,000円(税込)

サイズ H250 x W256 x D248mm、 14kg



KC62は、スリリングで息をのむような音楽、映画、ゲーム体験のため、

ディープで正確な低音を提供する、信じられないほどコンパクトなサブウーファーです。

画期的なUni-Core™ テクノロジーを含む革新的なKEFのエンジニアリングを搭載した

ほぼサッカーボールサイズのKC62は、

特別に設計された1,000ワットのクラスDアンプを搭載した

2つの6.5インチ・フォースキャンセリング・ドライブユニットを備えています。

 

革新的なUni-Core™システムは、パフォーマンスに妥協すること無く、

より小型なキャビネット内にフォースキャンセリングドライバーを収めることを可能にしました。

異なるサイズで同心円状に重なり合うように配置されたボイスコイルにより、

二つのドライバを単一のマグネットシステムに組み合わせることができ、

非常に高い入力信号に対して、ボイスコイルが干渉する事がなく歪みを抑え、

低音全域においてバランスの取れたレスポンスを得られます。

  

パフォーマンス クオリティーを落とすことなく

キャビネットのサイズを3分の1以上縮小させることが可能となりました。

 

 

キャビネットサイズを小さくしたり、 スピーカードライバーを追加したりすると、

使用可能な内部空気量が減少します。

空気圧の変化はよりシビアであり、 空気圧がドライバーユニットに影響を与え、

理想な音響特性対して誤差を生み出します。

従来、大きくて分厚いエッジが空気圧のダンパーの役割として使用されていますが、

非効率的であるためにベースドライバー自体の歪みを生じさせる原因にもなりえます。

 KEFが開発した新しい新たな“ P Flex エッジ”(通称 折り紙エッジ) は

独自のプリーツデザインを採用し、

音質に悪影響を及ぼすことのないように、よりキャビネットの音響圧力に抵抗するように設計され、

キャビネット内の空気圧を適正にコントロールしています。

結果、よりディープな低音の広がりと、

より正確で詳細な低音の再現が可能となったのです。

 

アクティブ・ディストーション・コントロール・テクノロジーにより、

入力信号に対して、より正確な低音再生が実現します。

サーボ制御されたウーハードライバー内のボイスコイル部分に

ジャイロセンサーと高密度収音マイク搭載し、

ボイスコイル内の電流を瞬時且つ、正確に測定します。

測定された電流結果は、Music Integrity Engine(DSP)にフィードバックされ、

瞬時に補正を行い、 THD (全高調波歪)が 最大 75%減少させることが可能となります。

 

 

KC62のツインドライバーは、

特別に設計されたクラスDアンプの1,000W RMS(2 x 500W)を搭載しております。

例えばお気に入りのハイオクなアクションシーケンスを楽しむ場合などに、

前例のないレベルのコントロール性能と必要に応じて

突発的な電力を供給する機能を有しています。

 

鋳造アルミニウムキャビネットの美しい曲線は、

デザインの美しさとともにキャビネットに強さと剛性を与えます。

 熱伝導率が高いアルミニウムを採用する事で

キャビネット自体がヒートシンクとしての役割も兼ねています。

 

5つのプリセットされたルーム配置イコライゼーション機能を備え、

お部屋のどこに配置しても同じパフォーマンスを保証しながら、

あらゆる環境、リスニングルームに簡単にフィットさせることができます。

フリースペース、壁側、コーナー、キャビネット内、

非常に低い周波数のレベルを下げる集合住宅モードがお選びいただけます。

KEF SmartConnect及び

あらゆる接続に対応可能なスピーカーレベルの入力端子により、

ほぼすべてのオーディオシステムで使用することができます。

ハイパスフィルターを備えたライン出力は、優れた微調整された統合を可能にします。

ハイパスフィルター周波数切り替え
Stereo(40Hz、45Hz、50Hz、55Hz、60Hz、70Hz、80Hz、90Hz、100Hz、110Hz、120Hz、Bypass)
Mono(40Hz、80Hz、100Hz、Bypass)

 

モデル KC62

デザイン Uni-Core フォース・キャンセレーション

ドライバーユニット 2 x 6.5” ドライバー

周波数レスポンス (±3dB) 11Hz – 200Hz

最大出力 105dB

アンプタイプ ビルトイン Class D

アンプパワー 1000W RMS (2 x 500W RMS)

ローパスフィルター 40Hz – 140Hz, LFE

入力 RCA フォノソケット スピーカーレベル入力

ライン出力 RCA フォノソケット

ライン出力 ハイ・パス・フィルター 40Hz – 120Hz, Bypass

使用電力 100 - 240V, 50/60 Hz

消費電力 1000W

重さ 14kg

サイズ(高さ x 幅 x 奥行) H250 x W256 x D248 mm

カラー・バリエーション: カーボン・ブラック ミネラル・ホワイト