JBL  LP

JBL創立75周年を祝した、初の記念アナログレコード

豪華アーティストのパフォーマンスを

心ゆくまで楽しめるコンピレーション・アルバム  


ICONIC SOUND!

The JBL 75th Anniv ersary

Jazz Vocal Collection

(初回限定生産品)

価格:9,350円(税込)
33 1/3 回転 180g 重量盤

発売中!



本LPレコードはJBL創立75周年を記念した、

ジャズ・ヴォーカルのコンピレーション・アルバムです。

 

収録曲は、ステレオサウンド社の監修のもと、

現在のJBL主席エンジニアである「クリス・ヘイゲン」が

スピーカーの音決めや最終調整の際に使用している曲の他、

日米のJBLスタッフが音質検討や試聴イベント時によく使用する曲などが選定され、

ブランド初のアルバムにふさわしい豪華なラインアップとなりました。

 

JBLのファンである皆様はもちろんのこと、

これからJBLを知る人にも音楽を聴く楽しさや、

良質なサウンドを誇るJBLの魅力を感じていただけるような、

名演・名曲・名録音をお楽しみいただけることでしょう。

 

このような豪華極まりない選曲が実現できたのは、

ユニバーサル ミュージック合同会社の全面協力はもちろん、

JBLの長年に渡る音楽業界への貢献に対して、

アーティストからもリスペクトいただけているからこそだと考えております。

 

LPレコード盤の音質を司る重要なカッティング・エンジニアを務めたのは、

日本で本格稼働する唯一の米国スカーリー製カッティンググレース「RA1389」と、

同じく米国ウェストレック製カッターヘッド「3DIIAH」を操るPiccolo Audio Worksの松下真也氏です。

各音源には可能なかぎりハイスペックなデジタルマスターを採用し、

元がアナログ録音の楽曲に関してはA/D変換されたデジタルデータを用いています。

それらを1曲ごとに最適な調整を施した上でD/A変換を行なって、

ハーフインチ幅のアナログテープによるカッティング・マスターを制作しています。

 

今日ではとても贅沢となったこの手法の採用により、

デジタル機器を切り離した、往年の真空管式機材をふんだんに採用する

オール・アナログ・プロセスのカッティングを実現し、

他では聴くことのできないぬくもりとリアリティを感じる

唯一無二の魅力を備えたLPレコードに仕上げています。

 

なお、本レコードの装丁は、

JBLラウドスピーカーのイメージを体現したシンプルながら力強いデザインとし、

こだわり抜いたアナログレコード本体と合わせて、

記念限定盤にふさわしいプレミアム感を演出します。

 

創立75周年という節目を迎えるJBL。

これまでの歴史とこれからの未来を祝うために制作されたアナログレコード

「ICONIC SOUND ! – The JBL 75th Anniversary Jazz Vocal Collection」を

すべての音楽ファンにお届けいたします。  

 

[Side A]

1.カム・フライ・ウィズ・ミー / フランク・シナトラ (『シナトラ・ライヴ・アット・ザ・サンズ』より)

2.あなたと夜と音楽と / アニタ・オデイ&ザ・スリー・サウンズ (『アニタ・オデイ&ザ・スリー・サウンズ』より)

 3.ラヴ(L-O-V-E) / ナット・キング・コール (『ナット・キング・コールのすべて』より)

4.イージー・リヴィング / サラ・ヴォーン (『ハウ・ロング・ハズ・ジス・ビーン・ゴーイング・オン?』より)

5.デヴィル・メイ・ケア / ダイアナ・クラール (『ライヴ・イン・パリ』より)

 

 [Side B]

 1.アナザー・デイ・オブ・サン / ラ・ラ・ランド・キャスト (『ラ・ラ・ランド – オリジナル・サウンドトラック』より)

 2.アイ・ニード・ユー / ジョン・バティステ (『ウィー・アー』より)

3.トーク・トゥ・ミー / キャンディス・スプリングス (『ソウル・アイズ』より)

4.タイム・アフター・タイム / カサンドラ・ウィルソン (『トラヴェリング・マイルス』より)

 5.ザ・ニアネス・オブ・ユー / ノラ・ジョーンズ (『カム・アウェイ・ウィズ・ミー』より)

6.ムーン・リヴァー / ルイ・アームストロング (『ハロー・ドーリー!』より)