YPSION(イプシロン)

 

イプシロンは、

ふたりのオーディオスペシャリストにより

1996年にギリシャ・アテネにて設立された

小規模なハイエンドオーディオブランドです。

 

トランジスタから真空管まで幅広い知識と技術を合わせ持ったふたりは、

原理的に優れた方式でありながら

近年は廃れてしまった技術に再び注目することにより、

個性ある優れた製品を生み出しています。

 

 

YPSILON 製品の特徴のひとつは真空管です。

真空管は古臭い技術と思われがちですが実はそうではありません。

 

真空管は低コストと簡便化の波に飲まれてオーディオ回路の

メインストリームから駆逐されてしまった感がありますが、

実はトランジスターよりも特性的に優れたデバイスなのです。

 

YPSILON は増幅回路のみならず電源を構成する整流回路にも

ダイオードではなく真空管(整流管)を使用しますが、

これはただのノスタルジーではなく、純粋に技術的なアドバンテージを追求しての結果です。

 

 

もうひとつの YPSILON の特徴はトランスです。

トランスは大変優れた技術なのですが、

オーディオグレードのトランスを設計することが難しいこととコストがかかることで、

現在のオーディオ機器ではほぼ廃れてしまいました。

 

現在では電源トランス以外にオーディオ機器の中で目にすることはほとんどありませんが、

YPSILON では優れたテクノロジーであるトランスに再び光を当てたのです。

 

YPSILON はプリアンプに使用しているトランスアッテネーターから、

カップリングトランス、電源のチョークインプットトランスに至るまで

すべてのトランスを自社で設計製造しています。

そのトランスのテクノロジーこそが YPSILON を特徴づけるもう一つの要素です。

 

 

 


真空管 ステレオ プリアンプ PST-100 mk2 SE

真空管 ステレオ プリアンプ PST-100 mk2

モノブロックパワーアンプ HYPERION

インテグレーテッドアンプ PHAETHON

MMフォノイコライザー VPS-100 SE

MC用昇圧トランス MC-L





 

Tube Stereo Preamplifier

「PST-100 mk2 SE」
(内部配線オール銀線タイプ)


希望小売価格:7,920,000円/税込



カップリングトランス、トランスアッテネーターなどを含めて、

すべてのオーディオ信号経路に純銀線を使用したスペシャルモデルです。

銀は大変高価な貴金属ですが抵抗値が低いために

特に微小信号を流すプリアンプにおいて圧倒的な音質優位性を持ちます。

 

ボリューム回路(アッテネーター)に、

自社設計・自社製造した高性能トランスを使用。

2次側巻線に31個タップを設け、トランス巻線比を変えることにより

31段階のボリュームコントロールを行います。

抵抗器を使用する通常のアッテネーターでは、

どんなに良い素子を使用しても原理上信号エネルギーの損失は避けられませんが、

トランス方式ではエネルギーのロス無く

ボリュームコントロールすることを可能にしています。

 

 

モデル名の末尾 SE は Silver Edition を意味します。

信号経路内に存在する自社製造のトランスは

すべてカスタムメイドのエナメル被覆銀線を手巻き、

それ以外にも信号経路となる内部配線は

すべてカスタムメイドの銀線を使用しています。

 

Ypsilon のプリアンプは、

信号経路から余分なものを極力取り去った

シンプルでピュアな回路構成を採用しています。

増幅段には、超長寿命で知られる SIEMENS製 C3m 5極管を

トライオード接続で使用したゼロフィードバック回路を採用。

 

クラスA・シングルエンドのシンプルな構成で 17dB のゲインを得た後、

カップリングトランスを介してボリューム回路へと引き継がれます。

使用しているカップリングトランスも自社で巻いたカスタム銀線仕様です。

増幅回路を極力シンプルなものとするために、真空管には固定バイパス回路を採用。

信号経路内には C3m 真空管とトランスの他には

グリッド抵抗1つとバイパスコンデンサ1つしか存在しません。

 

 

カスタムトランスと整流管 6CA4 による電源部に

自社設計のチョークインプットトランスを使用。

チョークトランスを自社設計することで真空管動作に最適な電圧を供給。

さらに電解コンデンサーには定評あるMUNDORF製を使用。

盤石の電源を誇ります。

 

PST-100mk2 SE では、

SIEMENS製 C3m 5極管を使用した増幅段がボリューム回路の前段に備わっており、

ボリューム回路とはカップリングトランスを介して接続されています。

通常のアクティブモードでは信号は増幅段を通りますが、

パッシブモードを選択すると増幅段はバイパスされ、

信号はトランスボリュームのみを通るだけの

パッシブプリアンプとして動作させることも可能です。

 

 

内部構成を極力シンプルにすることにこだわり、

本体にはメイン電源スイッチがあるのみです。

すべての操作はリモコンで行います。

制御回路は最小限とし機器内部での高周波ノイズ発生を極限にまで抑えています。

 

縦に並んだ二つのトランスがL/Rチャンネル独立のアッテネータートランスです。

2次側巻線に31個のタップを設け、

左下のリレーで切り替えることにより音量調整を行います。

 

XLR入出力端子もありますが、

回路構成はアンバランス(シングルエンド)です。

 

 

方式 真空管式ステレオプリアンプ

回路方式 シングルエンド(アンバランス)

使用真空管

 1 x 6CA4 (電源回路部)

1 x C3m (増幅回路部)

 

入力端子 5 x RCA (アンバランス) + 1 x XLR (アンバランス)

(うち1系統はシアターモード入力(ボリューム固定)

 

プリ出力端子 1 x RCA (アンバランス) + 1 x XLR (アンバランス)

テープアウト端子 1 x RCA

 

ボリューム

トランス2次巻線切替方式 (31タップ)

3 dB (ステップ 1 〜 5)

2 dB (ステップ 6 〜 10)

1.5 dB (ステップ 11 〜 28)

1 dB (ステップ 29 〜 31)

 

周波数特性 9 Hz 〜 100 kHz, -3dB

出力インピーダンス 150 Ohm 以下

入力インピーダンス 50k Ohm

ゲイン 17 dB

最大消費電力 100 VA

外形寸法 400 (W) x 180 (H) x 410 (D) mm

質量 25 kg

 

 

 

 

 



 

Tube Stereo Preamplifier

「PST-100 mk2」
(内部配線銅線タイプ)


希望小売価格:4,180,000円/税込



ボリューム回路であるとか、回路間の段間結合であるとか、

アンプの各所にトランスを用いることは古くから行われており

音質に非常に優れた方式でしたが、

オーディオグレードのトランスを作るには物量と技術が必要で、

それらの理由からトランスの使用は廃れてしまいました。

 

今となっては殆どのオーディオメーカーでトランスに対する知見を

持ち合わせていないのが現在の状況です。

しかし、イプシロンの大きなアドバンテージは、

トランスに関する知識と技術を持ち合わせていること、

自社設計したトランスを自社で手巻き製造できることにあります。

PST-100mk2 は自社巻線のトランスをボリュームコントロールをはじめとして

随所に使用した、他に例を見ない構成のプリアンプです。

 

ボリューム回路(アッテネーター)に、

自社設計・自社製造した高性能トランスを使用。

2次側巻線に31個タップを設け、

トランス巻線比を変えることにより31段階のボリュームコントロールを行います。

抵抗器を使用する通常のアッテネーターでは、

どんなに良い素子を使用しても

原理上信号エネルギーの損失は避けられませんが、

トランス方式ではエネルギーのロス無く

ボリュームコントロールすることを可能にしています。

 

Ypsilon のプリアンプは、

信号経路から余分なものを極力取り去った

シンプルでピュアな回路構成を採用しています。

増幅段には、超長寿命で知られる SIEMENS製 C3m 5極管を

トライオード接続で使用したゼロフィードバック回路を採用。

 

クラスA・シングルエンドのシンプルな構成で 17dB のゲインを得た後、

カップリングトランスを介してボリューム回路へと引き継がれます。

使用しているカップリングトランスも自社で巻いたカスタム銀線仕様です。

増幅回路を極力シンプルなものとするために、

真空管には固定バイパス回路を採用。

信号経路内には C3m 真空管とトランスの他には

グリッド抵抗1つとバイパスコンデンサ1つしか存在しません。

 

 

カスタムトランスと整流管 6CA4 による電源部に

自社設計のチョークインプットトランスを使用。

チョークトランスを自社設計することで真空管動作に最適な電圧を供給。

さらに電解コンデンサーには定評あるMUNDORF製を使用。

盤石の電源を誇ります。

 

 

PST-100mk2 にはSIEMENS製 C3m 5極管を使用した増幅段が

ボリューム回路の前段に備わっており、

ボリューム回路とはカップリングトランスを介して接続されています。

 

通常のアクティブモードでは信号は増幅段を通りますが、

パッシブモードを選択すると増幅段はバイパスされ、

信号はトランスボリュームのみを通るだけの

パッシブプリアンプとして動作させることも可能です。

 

内部構成を極力シンプルにすることにこだわり、

本体にはメイン電源スイッチがあるのみです。

すべての操作はリモコンで行います。

制御回路は最小限とし機器内部での高周波ノイズ発生を

極限にまで抑えています。

 

縦に並んだ二つのトランスがL/Rチャンネル独立のアッテネータートランスです。

2次側巻線に31個のタップを設け、

左下のリレーで切り替えることにより音量調整を行います。

 

XLR入出力端子もありますが、

回路構成はアンバランス(シングルエンド)です。

 

 

方式 真空管式ステレオプリアンプ

回路方式 シングルエンド(アンバランス)

使用真空管

1 x 6CA4 (電源回路部)

1 x C3m (増幅回路部)

 

入力端子 5 x RCA (アンバランス) + 1 x XLR (アンバランス)

 (うち1系統はシアターモード入力(ボリューム固定)

プリ出力端子 1 x RCA (アンバランス) + 1 x XLR (アンバランス)

テープアウト端子 1 x RCA

 

ボリューム

トランス2次巻線切替方式 (31タップ)

3 dB (ステップ 1 〜 5)

2 dB (ステップ 6 〜 10)

 1.5 dB (ステップ 11 〜 28)

 1 dB (ステップ 29 〜 31)

 

周波数特性 9 Hz 〜 100 kHz, -3dB

出力インピーダンス 150 Ohm 以下

入力インピーダンス 50k Ohm

ゲイン 17 dB

最大消費電力 100 VA

外形寸法 400 (W) x 180 (H) x 410 (D) mm

質量 25 kg

 

 

 

 



 

Tube Hybrid Mono Power Amplifier

「HYPERION」

希望小売価格:10,780,000円/税込
(ペア)


半導体、真空管、トランスといった

オーディオデバイスと電気回路を知り尽くした設計者デメトリス・バッカラスが、

自身の知識と経験を全て注ぎ込んだ、

Ypsilon のテクノロジーを象徴するパワーアンプです。

シングルエンド・クラス A アンプの持つ精細な再現性と、

370W ( 8 Ω ) というハイパワーを見事に両立しています。

 

 

HYPERIONではグローバルフィードバックをゼロとした

ゲイン段2つだけのピュアな信号経路で 370 W の大出力を実現しています。

低インピーダンスの双三極管をクラスA動作させる入力段と、

MOSFETによる出力段のハイブリッド構成。

出力段は全く同じ特性を持つシングルエンド回路ふたつを

ブリッジ接続させたフローティングバランス方式。

出力 100 W (8Ω) まで クラス A で動作いたします。

 

入力段と出力段で独立した電源回路。

入力段では音質を重視した結果、真空管整流器を使用。

入力段・出力段ともに独立したチョークフィルタを使用し

電源リップルの悪影響を完全に取り除き安定かつ潤沢なエネルギーを供給します。

電源トランスは超静寂な作動を実現するために

最新の注意が払われて自社で設計製造されています。

電解コンデンサは定評ある独MUNDORF製を採用。

トータル 112,800 マイクロファラッド の大容量。

 

 

自社でトランスを設計・製造できることは、Ypsilon の大きな強みです。

その強みをこの HYPERIONでもいかん無く発揮。

信号経路内に銀線を手巻きした入力トランスと

段間トランスの2種類のトランスを配置しています。

 

入力トランスにより入力信号を完全バランス化して入力段に送りこみ、

その出力は次に段間トランスに送られます。

段間トランスは、真空管の出力インピーダンスを下げて

出力段とのマッチングをとると同時に、

出力段回路の片側を位相反転させる役割を担います。

 

 

段間トランスでバランスの片側を位相反転させることにより、

バランス回路を構成するふたつのシングルエンドアンプは

全く同一の回路を使用することが可能になります。

回路のばらつきによる滲みやカラーリングが皆無となり、

ブリッジ接続による大出力と

シングルエンドアンプのデリカシーが見事に両立されます。

 

入力トランスと段間トランスを含め、

信号経路とみなせる内部配線は

全てテフロンで絶縁された自社製銀線を使用。

電源部においても電解コンデンサ以降の全ての配線に銀線を使用。

 

入力端子はバランス・アンバランス両方を装備。

アンプ内部はバランス構成。

入力信号は入力トランスにより完全なバランス信号に変換されます。

 

低インピーダンスの双三極管1本と整流管で構成されるシンプルな入力段。

入力信号は基板上のインプットトランスを通して増幅回路へと送られます。

 

トータルで 112,800 マイクロファラッドの

独MUNDORF製電解コンデンサー群

 

ドイツの協力工場の手による

美しいシルクホワイト仕上げの筐体

 

 

方式 ハイブリッド式モノブロックパワーアンプ

回路方式 バランス

 使用真空管

 1 x 6H6P (初段増幅回路部)

1 x EZ81 (初段電源回路部)

 

定格出力

370 W / 8 Ω

650 W / 4 Ω

1150 W / 2 Ω

 

入力端子 1 x RCA (アンバランス) + 1 x XLR (アンバランス)

スピーカー端子 2系統 (Spade/Banana 対応)

周波数特性 6 Hz - 80 kHz, -3dB

出力インピーダンス 0.3 Ω

入力インピーダンス 47 kΩ

ゲイン 26 dB

THD 0.7 % (100W) , 1.2 % (300W)

最大消費電力 1500 W

無信号時消費電力 380 W

外形寸法 440 (W) x 295 (H) x 650 (D) mm

質量 95 kg

 

 

 

 



 

Integrated Hybrid Amplifier

「PHAETHON」

(パエトン)

希望小売価格:3,080,000円/税込



小さな筐体にイプシロンの持てるテクノロジーを凝縮した意欲作です。

同じイプシロンのセパレートアンプの組み合わせと同一の技術コンセプト採用し、

出力こそ小ぶりではありますが、ハイスピードかつ濃密な

独特のイプシロンサウンドをお楽しみいただけるインテグレーテッドアンプです。

入力段とドライバー段はシングルエンドクラスA方式で動作する真空管方式。

特性を揃えた低ノイズの双三極管6H30を各チャンネルあたり

1本のみ使用するシンプルな回路構成を採用しています。

出力段は特性を揃えた

3つのMOS-FETで構成されるシングルエンド回路を

2基プッシュプル動作させています。

この2つのシングルエンド増幅回路は同じ極性で構成され、

厳密に特性を一致させて使用することにより、

出力信号は小型クラスAアンプと同様の

繊細さと十分なダイナミクスを両立させています。

 

出力段には音楽信号のほとんどをカバーする

最初の10W程度をクラスA動作するように高いバイアスが設定されています。

ボリューム回路(アッテネーター)に、

自社設計・自社製造した高性能トランスアッテネーターを採用。

2次側巻線に31個タップを設け、トランス巻線比を変えることにより

31段階のボリュームコントロールを行います。

抵抗器を使用する通常のアッテネーターでは、

どんなに良い素子を使用しても原理上信号エネルギーの損失は避けられませんが、

トランス方式ではエネルギーのロスなく

ボリュームコントロールすることを可能にしています。

トランスのテクノロジーに熟知していることがイプシロンの強みです。

真空管を使用した前段とMOS-FETを使用した出力段の間に

自社設計・自社製造の広帯域段間トランスを採用。

インピーダンスを理想的にマッチングさせることにより

信号のエネルギーロスを皆無としています。

このトランス技術が繊細透明かつエネルギーに満ち溢れた

イプシロンサウンドの源となります。

 

独立した2つのカスタムトランスによる真空管用とMOS-FET用の独立電源。

各電源には自社設計のチョークインプットコイルを使用し

電源からのノイズ混入を皆無としています。

MUNDORF製電解コンデンサを使用。

 

方式 ハイブリッド式ステレオインテグレーテッドアンプ

回路方式 シングルエンド(アンバランス)

使用真空管 2x 6H30 (入力段、ドライバー段)

入力端子 3 x RCA (アンバランス) 1 x XLR (アンバランス)

スピーカー端子 1ペア(Spade, Banana対応)

定格出力 110W @8 Ohm 180W @4 Ohm

 

ボリューム

トランス2次巻線切替方式 (31タップ)

3 dB (ステップ 1 〜 5)

2 dB (ステップ 6 〜 10)

1.5 dB (ステップ 11 〜 28)

1 dB (ステップ 29 〜 31)

 

周波数特性 11Hz 〜 75 kHz, -3dB

出力インピーダンス 0.5 Ohm

入力インピーダンス 47k Ohm

ゲイン 35 dB

アイドリング時消費電力 125W

外形寸法 400 (W) x 185 (H) x 425 (D) mm

質量 35 kg

 

 

 



 

Tube Phono Stage

(MMフォノイコライザー)

「VPS-100SE」

(内部配線オール銀線)

希望小売価格:5,720,000円/税込



微小信号を取扱うフォノアンプにとって、

増幅デバイスに何を使用するかはサウンドを決定する大きなファクターとなります。

微小信号の電圧増幅という目で見ると、

ソリッドステートよりも真空管の方がソースに忠実なサウンドを得られますが、

MCレベルを増幅するだけのゲインを得るには真空管では困難を伴います。

 

Ypeilon ではフォノアンプを構成する増幅デバイスとして

ソリッドステートから真空管に至るまでありとあらゆる検討を行った結果、

Siemens の数十年前に製造中止となっている真空管、C3g にたどり着きました。

ありとあらゆるデバイスの中で、

この C3g がもっともオープンで透明、

ナチュラルなサウンドを持っていたのです。

 

VPS-100 SE で使用されている増幅デバイスは、

既に生産を終了しているビンテージ管 Siemens C3g ですが、

Ypsilon 社では十分な数量の真空管を確保しており、

アフターサービスは全く心配ございません。

 

この素晴らしいサウンドの真空管を最大限活かすことを目的に、

このフォノアンプ VPS-100 SE は設計されています。

ノイズレベルを低く抑えるためにゲインは欲張らず、

C3g 増幅回路をシンプルな2段構成とし、

MMレベル 39 dB の固定ゲインとしています。

MCレベルの入力には、別売のステップアップトランスをご用意しています。

 

VPS-100 SE では、信号経路すべてに自社生産の銀線を採用しています。

出力トランスとRIAA 回路のインダクターも銀線です。

これらにはエナメル被覆付きの銀線を使用しています。

 

RIAA イコライザー回路には、

アクティブ型とパッシブ型がありますが、

アクティブ型ではフィードバックループが伴うために、

音質に与える影響を考慮して Ypsilon では

パッシブ型イコライザー回路を採用しています。

 

RIAAイコライザー回路はコンデンサ(C)と抵抗(R)で構成される

CR型が通常使用されますが、コンデンサーに音楽信号が流れると、

「誘電吸収」という現象が起こります。

この現象では信号のエネルギーがコンデンサー内の誘電体に蓄積され、

わずかな遅延を伴って元の信号に付加されることになり

音質の悪化を避けることができません。

 

Ypsilon ではこの CR 回路の音質悪化を避けるために、

コンデンサー(C)が信号経路内に入らない

LCR 型イコライザー回路を採用しています。

 

 

RIAA カーブを構成するフィルターは、

2123Hz 極と、50-500Hz 極の2つに分けられます。

VPS-100 SEでは、2123Hz 極は初段のゲインステージで

浮遊容量の無い空芯コイルにより形成され、

50-500Hz極は終段ゲインステージ以降に高信号レベルで

LCR回路により形成されます。

 

LCR回路はイプシロン自身が設計製造した

出力トランスを介して適切にドライブされます。

 

入力インピーダンス 47kΩ/200 pf

出力インピーダンス 1200 Ω

出力

RCAアンバランス

XLR アンバランス (1,3 Pin ショート)

 

周波数特性 -3dB @ 10hz-40khz

RIAA精度 +/- 0,5 dB @20Hz-20kHz

チャンネル偏差 < 0,2 dB

ゲイン 39 dB

消費電力 20W

寸法 400 x 180 x 400mm (W x H x D)

重量 25 Kg

 

 

 

 



 

MC Step up Transformer

(MC用昇圧トランス)

「MC-L SE」 (銀線使用)

希望小売価格:2,200,000円/税込

 

「MC-L」(銅線使用)

希望小売価格:770,000円/税込



独自のアモルファスコア材料を使用した

大型シングルCコアダブルコイルトランスです。

 

巻線間の静電容量を最小限に抑え広い周波数特性を維持するために、

Ypsilon 独自の特別な巻線技術を採用しています。

トランスはミューメタルでシールドされており、

さらにその外側を光沢ニッケルメッキが施された

厚さ10mmの軟鉄製エンクロージャーで覆う構造としています。

この構造により外部磁場の影響を皆無とし

ノイズの無い静寂なサウンドを提供します。

 

SE タイプ (Silver Edition) では、

カスタムメイドのエナメル被覆銀線を手巻きしたトランスを採用、

それ以外にも信号経路となる内部配線は

すべてカスタムメイドの銀線を使用しています。

 

ゲインの違いにより次の4タイプよりお選びいただきます

– MC5 : ゲイン 14db (対応カートリッジ出力 0.8 mV – 1.2 mV)

– MC10 :ゲイン 20db(対応カートリッジ出力 0.4 mV – 0.6 mV)

– MC16 :ゲイン 24 db(対応カートリッジ出力 0.3 mV – 0.4 mV)

– MC20 :ゲイン 26d (対応カートリッジ出力 0.3 mV – 0.4 mV)

 

MMフォノの標準入力インピーダンスである 47k Ω に設定された

フォノステージに接続すると、

それぞれのタイプの入力インピーダンスは次の通りに設定されます

 – MC5 = 2K ohm

– MC10 =500 ohm

– MC16 =200 ohm

 – MC20 =140 ohm

入力インピーダンスの設定が必要な場合は、

追加ロードピン用の RCAコネクタに

所定のロードピンを差し込むことで調整いたします。

 

 

モデル MC5

周波数特性 -3 dB @ 8 Hz - 70 kHz (ソースインピーダンス < 50 Ω )

入力インピーダンス 2K Ω @ 終端接続 47kΩ

ゲイン 14 dB

インダクタンス >> 80 H

寸法 100 × 120 (H x φ) mm

重量 4 Kg

 

モデル MC10

周波数特性 -3 dB @ 8 Hz - 70 kHz (ソースインピーダンス < 50 Ω )

入力インピーダンス 500 Ω @ 終端接続 47kΩ

ゲイン 20 dB

インダクタンス >> 80 H

寸法 100 × 120 (H x φ) mm

重量 4 Kg

 

モデル MC16

周波数特性 -3 dB @ 8 Hz - 65 kHz (ソースインピーダンス < 50 Ω )

入力インピーダンス 200 Ω @ 終端接続 47kΩ

ゲイン 24 dB

インダクタンス >> 80 H

寸法 100 × 120 (H x φ) mm

重量 4 Kg

 

モデル MC20

 周波数特性 -3dB @ 8 Hz - 60 kHz (ソースインピーダンス < 50 Ω )

入力インピーダンス 140 Ω @ 終端接続 47kohm

ゲイン 26 dB

インダクタンス >> 80 H

寸法 100 × 120 (H x φ) mm

重量 4 Kg