VIVID AUDIO


Speaker System 「B1 Decade」

Color : コルサレッド、パールホワイト

価格:2,800,000円/ペア(税別)

 

 

完成後10年の時を経て

オリジナルモデル B1 をリファイン!


VIVID Audio の1号機である B1 は

設計者 ローレンス・ディッキーの理想を具現化した、

完成度の大変高いモデルであり、

それは10年を経た今でも

技術的に決して色あせることなく

現代ハイエンドスピーカーの頂点に君臨し続けております。


一方で、ここ10 年の間に

GIYA シリーズの製品化による新たな着想や、

コンピューターシミュレーション技術の進化など、

製品をより良く改良する要素が、生まれてきたことも事実です。

このたび10 年の時を経て、ディッキーは、

B1 のリファインを敢行。


完成度の高いフォルムはそのままに、

キャビネット材質とドライバーユニットという

主要箇所をリニューアルすることにより、

これから先の10年を見据えた

リファレンス モデルとして完成させました。



設計者 ローレンス・ディッキーの

「共鳴と反射からの解放」という

設計ポリシーは全くぶれておりませんので、

オリジナル B1 に採用されている

VIVID Audio スピーカーの以下の

基幹技術はそのまま踏襲されています。


 ・テーパード・アブソーバ・チューブ ( Tw/ Mid )

・リアクションキャンセル・ウーファーマウント

 ・オールアルミニウム・ダイヤフラム(Tw/Mid/Wf)

 ・カテナリー曲線形状のドーム (Tw/Mid)

 

更なる強度を持った軽量化キャビネット!

共鳴と共振を徹底的に排除した、3層構造。

 

オリジナル B1 は

キャビネット材として

グラスファイバー強化 FRP を使用していました。

これは十分な強度と特性を得られますが

重量を犠牲にせざるを得ません。



設計者ローレンス・ディッキーは、

フラッグシップモデル G1 GIYA に開発にあたって、

軽量かつ強度が十分である材質を研究し、

GIYAシリーズではコア部に

軽量発泡材を使用した

サンドイッチ構造のキャビネットを開発いたしました。


この新たな軽量かつ

十分な強度を実現したキャビネットの製造には、

特別な金型による特別な成型方法が必要で、

GIYAシリーズの生産開始当初は

製造工程で大変な苦労がありました。



今回 B1 Decade に採用できた背景には、

GIYAシリーズ誕生以来、

不断の努力で製造技術を進化させてきた

VIVID Audio の歴史が隠されています。

 

 

さらに強大なパワーを得た

ウーファードライバー

 

VIVID Audio のサウンドの要となる

C125 bass/mid ドライバーは、

元々はオリジナルB1とともに開発されました。


シャーシ設計や振動板設計自体は

まったく古びることなく現在でも

世界最高のドライバーユニットであることに変わりはありませんが、

有限要素法を駆使した

最新の最適化ソフトウエアで

コンピューターシミュレーションを行った結果、

磁気回路に改善の余地があることが判明したのです。



マグネットのエネルギーを

最大限活用するためには

マグネットは最大限ボイスコイルに近接配置すべき、

というシミュレーション結果に基づき、

B1 Decade 用ドライバーでは磁気回路を最適化。

さらなる磁束を得ることにより、

磁束ギャップの長さを伸ばし

ディストーション特性をさらに改善。



また、磁束アップに伴いサウンドエネルギーもさらに改善、

クロスオーバーネットワークも、

見直したことにより、単に低域特性だけでなく

全帯域にわたり見違えるような

サウンドが得られています。

 

 

新開発ディフューザーを装備した、

ミッドレンジとツイーター

 

ツイーター D26 とミッドレンジ D50 の

基本設計は従来と同一ですが、

大きな違いは、

表面にプロテクターを兼ねた

ディフューザーを取り付けたことです。


最新のコンピュータシミュレーションにより、

ディフューザー設計を行い、

ダイヤフラム全体に

適正なロードをかけることにより、

ダイヤフラムを保護するとともに、

音響エネルギーの拡散指向性を

さらに改善しています。

 

 

バッフル全面を覆う

金属製フロントグリルを新たに採用。

 

外観面での大きな変化は、

GIYA シリーズでも採用している

バッフル面全体を覆うプロテクショングリルを採用したことです。


デザイン的にも美しく

また機能的にもサウンド的にも申し分ありません。

 

 

<Specifications>

 

 方式:3.5 Way バスレフ

キャビネット: グラスファイバー強化複合樹脂、サンドイッチ構造

アブソーバーチューブテクノロジー(ツイーター、ミッドレンジ)

リアクションキャンセルマウントテクノロジー(ウーファー、バスレフダクト)


ドライバー:

VIVID Audio D26 ツイータードライバー

VIVID Audio D50 ミッドドライバー

VIVID Audio C125 ベースドライバー x 2


能率: 89dB @ 2.83Vrms / 1m

定格インピーダンス: 4 Ω

周波数特性:

34 - 36,000 Hz (-6dB)

38 - 33,000 Hz (+/- 2dB)

D26ブレークアップ周波数 44,000 Hz

全高調波歪率 < 0.5%

クロスオーバー周波数 130Hz / 900Hz / 3,500 Hz

許容入力 300 W rms


最大寸法 H1,095  x W265 x D420  mm 

質量 36kg