JBL

    インテグレーテッド・アンプ

    SA750

    (限定生産品)

     希望小売価格:385,000円(税込)

    W449 x H124 x D327mm 10.7kg

     

     

    クラスGアンプトポロジーによる

    130W/8Ω、200W/4Ω出力のパワーアンプ部採用。

     

    192kHz/32bit PCM、MQA対応の

    ESS Sabre ES9038Q2M高解像度DAC内蔵。

     

    MM/MCフォノ入力を含む5つのアナログ入力と

    4つのデジタル入力を装備。

     

    パワーアンプの増設など、システムの拡張を可能にする

    プリアウト端子を装備。

     

    サラウンドプロセッサーなどの出力に合わせて

    レベル調整も可能なプロセッサー入力モード。

     

    レベル偏差を抑え高いセパレーションと

    低ノイズな高精度レベル調整を可能にする

    レジスターラダーボリューム採用。

     

    Google Cast、AirPlay2、「Roon Ready」対応。

     

    Dirac Liveルーム補正機能装備

    (キャリブレーション用マイク付属)。

     

    保証期間5年、全世界限定生産による数量限定モデル。

     

     

    「SA750」は、1960年代に登場し、

    その独創的な回路設計と音楽性溢れるサウンド、秀逸なデザインにより、

    多くのオーディオファンを虜にしたJBLのインテグレーテッド・アンプ

    「SA600」をモチーフとしながら、

    最新のアンプ技術、高解像度DACと

    ストリーミング、ワイヤレス接続機能などを装備し

    新しいモデルとして生まれ変わった、待望のインテグレーテッド・アンプです。

     

     

    本モデルの上下、左右方向性の異なるツートーンの

    ヘアライン仕上げが象徴的なアルミ削り出しフェイスパネルには、

    ボリューム、バランス、入力切り替えの3つの大型ノブと、

    電源、ミュート、フォノ切り替えなどの5つのスイッチレバー、

    2連の琥珀色のディスプレイを装備しています。

     

    電源オン時に赤からオレンジに色を変える

    JBL創成期のエクスクラメーション・マーク型パワーインジケーターや、

    立ち上がりまでディスプレイを左右に流れる“!”マークなど、

    JBLファンの心理をくすぐる遊び心も満載です。

    また、本体の両サイドには高級家具にも使用される

    (チーク天然木仕上げの)ウッドパネルを贅沢に採用しています。

     

    フェイスパネルには3.5mm Aux入力と3.5mmヘッドホン出力を装備し、

    リアパネルにはMM/MCフォノ入力を含む5つのアナログ入力と

    4つのデジタル入力を備えており、あらゆるオーディオソースに対応します。

    さらにプリアウトを装備し、将来的なシステムの拡張も可能です。

     

     また、本モデルはインターネットを介しての音楽ストリーミング、

    互換性のあるデバイスとローカルネットワーク接続することで

    AirPlay2やChromecastを介してのストリーミング再生を可能とする

    Wi-Fi機能も組み込まれているのに加えて、

    高品位な音楽管理ソフトとして定評の高い「Roon」のエンドポイントとしても機能する

    「Roon Ready」にも対応しています。

     

    内蔵のMQA対応・32bit ESS Sabre ES9038Q2M高解像度DACと相まって、

    オンライン上のコンテンツからこれまで蓄えたローカルのデジタルコンテンツまで

    シームレスに高品位なサウンドで楽しむことができます。

     

    付属の専用リモコンによる操作に加え、

    アプリやIP制御によるスマートホームの統合コントロールも容易に行えます。

     

    チャンネルあたり130W rmsの出力を持つ先進のクラスGアンプは、

    低出力領域では低電圧電源によるクラスAのパフォーマンスを提供し、

    より要求の厳しいダイナミクスのために大出力クラスABアンプを動作させる

    高い電圧と電流共有能力を持つ

    トロイダルトランスによる大容量電源を備えています。

     

    スピーカーの出力をリスニングスペースに合わせて最適化できるDirac Liveを搭載し、

    ネットワーク接続されたPC経由で帯域レベル補正を行うための

    キャリブレーションマイクが付属しています。

     

    創立75周年を迎えるJBLが手掛ける、

    銘機「SA600」のオマージュでありながら、

    大型LEDディスプレイ、卓越したダイナミックレンジ、

    多様な接続機能などの最新装備を搭載し、

    今日最高のテクノロジーに根差した

    モダンクラシック設計のインテグレーテッド・アンプ「SA750」。

     

    コレクターズ・アイテムとしてはもちろん、

    ミュージック・ライフの中心に添えることでプレミアムな体験を提供いたします。

     

     

    製品名 SA750

    タイプ インテグレーテッド・アンプ

    周波数特性 20Hz〜20kHz ±0.2dB(アナログ入力)/±0.1dB(デジタル入力)

    入力インピーダンス 10kΩ

    出力(両チャンネル駆動時) 130W@8Ω、200W@4Ω

    最大入力 4.8Vrms

    THD+ノイズ 0.002%

    S/N比(100W 入力2.1V) 112dB

    電源 90-110V、50-60Hz

    消費電力 最大:800W / スタンバイ時:0.5W

    外形寸法(W×H×D)mm ※足、つまみ、突起部含む 449×124×327

    本体重量 10.7kg

    リモコン、キャリブレーションマイク付属